双子のチャレンジ: Office 2019 との比較で Office 365 が圧勝

私には、非常に疑問に思っていることがあります。Office 2019 と Office 365 は一体何が違うのだろう? 同じものではないのか?

さて、答えは – 「ノー」です。

実際、この 2 つは、名前こそよく似ていますが、その世界はまったく異なるものです。Office 365 には、フル機能の Office アプリケーション (最新バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook) が含まれています。しかも、これらのアプリは、毎月配布される新機能で更新され、常に最新の状態です。さらに、最も重要な特徴は、Office 365 はクラウドに接続されているという点です。このため、どんなデバイスからでもコンテンツにアクセスでき、相手が Office を購入しているかどうかに関係なくリアルタイムで他のユーザーと共同編集したり、人工知能 (AI) を利用してよりインパクトのあるコンテンツを簡単に作成したりすることができます。

一方、Office 2019 も、ユーザーが使い慣れたフル機能の Office アプリを提供しますが、アプリはインストールされた時点で「凍結」されます。 つまり、新機能で更新されることはありません。また、クラウドにも接続されません。さらに、Office 2019 では、アプリ間でのリアルタイムの共同編集はサポートされず、Office 365 に標準装備されている AI 活用機能も使用できません。

Office 365 を使用すると、時間を節約でき、仕事が楽になる (しかも楽しめる) という Microsoft の主張の真偽を確かめるために、前代未聞のテストを行いました。Microsoft のソフトウェア スイート製品である Office 2019 と Office 365 を 1 対 1 で直接対決させたのです。3 組の双子に、両方のバージョンの Word、Excel、PowerPoint を使用して同じ作業を行ってもらい、その一部始終を撮影しました。

Office 365 のご紹介

結果は事実を語っていると思います。時間を最大限に活用しながら最高の仕事をする方法については、双子の挑戦 Web サイトをご確認ください。Excel と PowerPoint のアイデア機能、Excel のデータ型、インクをテキストに変換などの AI 融合機能は、生産性を一変させます。

Office 365 をお持ちでないお客様は、1 か月間無料の試用版を提供していますので、購入前にぜひお試しください。Office 365 はすばらしい製品です。その良さは必ず納得いただけるものと思います。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。