医療専門家を支援する Microsoft 365 の新機能

医療ケアはチームを基本にしたケアへとシフトし、医療の専門化が進む一方で、デジタルな患者データの量は増加し、患者のプライバシーについて厳しい規制が課されるようになりました。医療機関は、可能な限り最良のケアを患者に提供しようと努めています。しかし、よくあることですが、患者のケア コーディネーションに使用するツールはツール間の連携がなく、複雑なケア環境において要求される共同作業ワークフローの妨げになっています。

このような課題に対処するため、Microsoft は本日、ケア チームを支援し、医療機関が共同作業とコミュニケーションを安全に行えるようにする、Microsoft Teams の新機能を発表します。 Teams は、コンプライアンスを遵守した安全な Microsoft 365 クラウド上に構築されており、すべての医療従事者にリアルタイムのコミュニケーション、患者のケア コーディネーション、運用効率の向上のためのわかりやすい方法を提供します。

新しい高度なメッセージング機能として、緊急メッセージの優先度通知と、緊急の患者ケアを安全に管理するためのメッセージ委任があります。さらに、新しいプラットフォーム機能強化により、ケア コーディネーション用に電子医療記録を統合できるようになり、Teams は医療チームの共同作業用のいっそう強力なハブとなります。

ケア チームが患者のケア コーディネーションを安全に実現できる新しいメッセージング機能

優れた患者ケアにまず必要なのは、臨床医が適切な情報に自由にアクセスできること、迅速なコミュニケーションができること、そして、このコミュニケーションのすべてが安全で患者データ保護規制に準拠しているという安心感を得られることです。このような便利さとコンプライアンスのバランスは、ケア チームにとって実現することが難しいものでした。その結果、多くの臨床医が、患者ケアの一部として個人向けチャット アプリを使用することに頼ってきました。このことは、セキュリティ、コンプライアンス、患者データのプライバシーに対して重大なリスクをもたらす可能性があります。また、規制が厳しい業界においては、不適切なデータのガバナンスと保護に対して高額な罰金が科されることにもなりかねません。

このような満たされていないニーズに対処するため、Microsoft は Teams の機能を拡張し、さらに安全なコミュニケーションとコラボレーションのワークフローを実現できるように取り組んでいます。先月発表したカスタマイズ可能な Teams モバイル エクスペリエンスを基に、本日は新しい高度なメッセージング機能をご紹介します。優先度通知 (現在はプライベート プレビュー) は、応答が受け取られるまで、モバイル デバイスとデスクトップ デバイスで受信者に緊急メッセージを 2 分おきに最長 20 分間通知します。メッセージ委任 (近日中に提供開始) は、受信者が手術中などで対応できない場合にメッセージを別の受信者に委任できるようにする機能です。

臨床医が Teams でメッセージを受け取ったところを示している 3 台のスマートフォンの画像です。

臨床医は、他のメッセージとは異なる対応が必要な重要情報について繰り返し通知を受け取ります。

メッセージ委任により、臨床医とスタッフは、自分が対応できないときにメッセージを受信する別の受信者を割り当てることができます。

これらの新機能のすぐ後に提供される新しい機能として、シフトスマート カメラ (画像への注釈と安全な共有が可能で、画像は自動的にケア提供者のデバイスに保存されるのではなく、Teams 内に留まる)、新しい病室や病院向けの Teams テンプレート (管理者が Teams 内で、どの病室、部門、病院でも一貫した医療エクスペリエンスを展開できる) などがあります。

臨床スタッフは Teams を使用することで、コンプライアンスに準拠した安全な環境で迅速なコミュニケーションと共同作業ができるようになりました。この環境には、メッセージング、音声やビデオによる電話と会議、チーム作業用の 1 つのハブでの患者情報とアプリへのアクセスがまとめられています。Teams を使用すると、お客様はシフト スケジュール、医療安全プロセス、備品供給、病床収容力、入院期間などの病院の運営に関する重要な事項を管理できます。

医療データの相互運用性をサポートする新しいプラットフォーム機能拡張

ヘルスケア業界で患者データのデジタル化が進む中、データの相互運用性を実現することが最優先事項となっています。Microsoft は、FHIR のような新しい標準を通して相互運用性の課題に取り組んでおり、継続的なケア全体にわたるデジタル トランスフォーメーションのための新たな機会を提供します。 Teams は、デジタル医療記録にアクセスし、リアルタイムで共同作業を行うためのハブを提供します。これにより、医療および運用担当者向けのワークフローを効率化し、患者の治療成績が上がるようにします。

本日、Microsoft は FHIR 対応の電子医療記録 (EHR) データを Teams に統合する機能を発表します。病院スタッフや臨床スタッフは外出先から安全に患者記録にアクセスし、他のチーム メンバーとチャットすることや、テレビ会議を始めることもできます。これらすべての作業を行うのに、アプリを切り替える必要はありません。EHR データを Teams で表示する機能は、Microsoft と、Cloverleaf、Dapasoft、Datica、Kno2、Redox などの主要な相互運用プロバイダーの提携によって実現したものです。

Microsoft Teams が表示されているノート PC と Windows PC の画像です。

電子医療記録との統合により、Teams では医療チームが患者のケア コーディネーションのための安全なハブを使用できます。

主要なヘルスケア組織が安全な共同作業のために Teams を選択

今日、Fortune 100 の 89 社と最も革新的な医療機関の多くを含む 42 万の組織が、Microsoft Teams を使用して従業員の能力を強化しています。ニューヨーク州最大の医療機関である Northwell Health、ロンドンの South London and Maudsley NHS Foundation Trust、日本の済生会熊本病院はすべて、セキュリティが確保された医療スタッフの生産性と共同作業を実現するために、Teams を選びました。

さらに、Microsoft は世界的な調査およびコンサルティング企業である Frost & Sullivan に、ヘルスケア組織向け Microsoft 365 の評価を依頼しました。その結果、Teams にはセキュリティとコンプライアンスの妥協を必要としないチャットベースの最新コミュニケーション ツールが備わっており、医療機関が直面している最大の課題に直接対処できるという結論に達しました。

「弊社の調査に基づけば、Microsoft Teams は、病院および医療システムにおける電子メッセージングについて医療機関が直面している最大の課題に直接対処しています。」
—Greg Caressi 氏 (Frost & Sullivan)

HIMSS19 に参加して詳細を確認する

来週、Microsoft チームのメンバーが HIMSS19 に参加します。HIMSS19 は年に一度の Health Information Management Systems Society (医療情報管理システム学会) カンファレンスです。Microsoft のブース #2500 をお訪ねください。また、Teams と Microsoft 365 がどのように医療チームを支援できるかについて詳しくは、Microsoft 365 と医療のページおよびパートナー サイトをご覧ください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。