Follow:

Microsoft Volume Licensing Blog iconTwitter

マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センターに関するトレーニングとリソース

ボリューム ライセンスの管理、権限の付与、アカウントの詳細の確認、ソフトウェアのダウンロードの方法について学ぶことができます。

注意点

Online Service を予約する場合には、製品を正確に指定してください。アドオンのサービスを選択できるのは、お客様が締結している契約に有効なソフトウェア アシュアランスの契約内容が含まれ、お客様が対象のライセンスを所有している場合のみです。

VLSC とは

ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) を利用すると、ライセンスの管理を簡単に行うことができます。VLSC では次のことが可能です。

ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) は、マイクロソフト ボリューム ライセンス契約を簡単に管理できるオンライン プラットフォームです。VLSC では、ライセンス情報へのアクセス、お客様の組織の契約や購入履歴の表示、すべての資格情報が製品やバージョン別に記載されたライセンスの概要へのアクセスを行うことができるほか、すべての割り当て済みのプロダクト キーを確認して、製品をダウンロードすることができます。

ボリューム ライセンスを管理するための準備

VLSC では、1 か所であらゆるライセンス情報にアクセスできます。利用するには、VLSC 新規ウィンドウで開きます。 のページにアクセスして、[サインイン]をクリックします。

VLSC の利用を開始する前に、コンピューターに最新のブラウザーがインストールされていることを確認してください。VLSC は、Microsoft Internet Explorer で最適に機能するように設計されています。

また、VLSC の利用登録とライセンス情報へのアクセスには、有効な勤務先メール アドレスと Microsoft アカウントが必要です。勤務先メール アドレスは、ボリューム ライセンス契約に記載されたメール アドレスと同じものを使用する必要があります。Microsoft アカウントをお持ちでない場合は、無料で取得 新規ウィンドウで開きます。 することができます。VLSC の利用登録を行う際には、マイクロソフトから送信される招待メールに記載されたリンクを使用して、勤務先メール アドレスの認証を行う必要があります。ご不明な点がある場合には、お客様の地域のマイクロソフト サービス センター 新規ウィンドウで開きます。 までお問い合わせください。

VLSC のご使用に役立つビデオをご確認いただけます。

音声解説は英語となっていますが、ビデオ下部の「▼ Subtitles」をクリック後、右下の「Languages」より日本語字幕をご選択いただけます。

Open プログラムをご利用の場合、簡単なプロセスによってボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) から Online Service をアクティブ化することができます。プロセスの更新により、以下の機能が含まれ、より便利にご利用いただけるようになりました。

  • Online Service をアクティブ化するキーが自動的に入力されるようになり、キーをコピーして貼り付ける必要がなくなりました。
  • VLSC についてよく寄せられる質問 (FAQ) 新規ウィンドウで開きます。  に新しいセクションが追加され、Online Service のアクティブ化に関してよく寄せられる質問と回答を確認できるようになりました。

Online Service の管理に VLSC を利用している場合は、そのままサービスのアクティブ化を行うことができます。VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化] タブを使用して、適切なページを簡単に見つけることができます。

VLSC で Online Service をアクティブ化する方法を確認する (PDF、808 KB)

Office 365 などの Microsoft Online Service を利用する場合、組織のユーザーは組織アカウントを使用してサインインする必要があります。管理者は、組織のユーザーがサインインできるようにこの組織アカウントを作成することができます。

組織アカウントを作成する方法を確認する (PDF、347 KB)

VLSC を利用せず、Online Service のサブスクリプションのみを利用する場合には、より高速なプロセスによって VLSC を利用することなく Online Service をアクティブ化することができます。この迅速なアクティブ化方法を利用するには、Office 365 のサブスクリプションを購入する必要があります。

Office 365 の Online Service をアクティブ化する方法を確認する (PDF、677 KB)