マイクロソフトはこのように購入エクスペリエンスを刷新することによって、デジタル トランスフォーメーションをスタートさせたばかりのお客様や、激しい競争市場の中でシェアを確保したいと考えているお客様など、あらゆる段階に取り組まれているお客様をサポートします。この Microsoft Customer Agreement は有効期限がなく、シンプルな契約形態となっています。そのため、お客様はこれまでよりもさらに迅速に製品やサービスの利用を開始していただけます。

この新しい Microsoft Customer Agreement の特徴は以下のとおりです。

  • プロセスの自動化、デジタルの同意オプション
  • 契約条件に一度同意すれば、ポートフォリオに製品を追加するたびに契約が動的に更新される

Microsoft Customer Agreement に関する FAQ

|

Microsoft Customer Agreement は現在、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、ギリシャ、ジャマイカ、プエルトリコ、南アフリカ、トリニダードトバゴ、イギリス、アメリカ、ウルグアイ、西ヨーロッパにおいてはマイクロソフト販売者を通じて利用が可能です。上記以外の国では、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) 経由での利用が可能です。ここで CSP パートナーを見つけることができます。

マイクロソフトの担当者またはマイクロソフト パートナーから Microsoft Customer Agreement を受け取ります。トランザクション チェックアウト プロセス中に条件を表示できます。

Microsoft Customer Agreement では、マイクロソフトの営業担当者から直接購入する場合、マイクロソフトから請求書を受け取ります。 パートナーを通じて購入する場合、パートナーから請求書を受け取ります。現在、Enterprise Agreement Server & Cloud Enrollment を通じて Azure を購入しているお客様については、Microsoft Customer Agreement への移行に関する こちらの FAQ をご覧ください。

Azure の Microsoft Customer Agreement への移行については、こちらの FAQ をご覧ください。

Microsoft Customer Agreement の詳細については、こちら をご覧ください。

Azure のお客様向けの参考資料

Azure サービスの購入・管理プロセスを改善する

CSP の新しいコマース エクスペリエンスの提供を開始

マイクロソフトのコマース エクスペリエンスに関する FAQ (PDF、681 KB)

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。