マイクロソフトはこのように購入エクスペリエンスを刷新することによって、デジタル トランスフォーメーションをスタートさせたばかりのお客様や、激しい競争市場の中でシェアを確保したいと考えているお客様など、あらゆる段階に取り組まれているお客様をサポートします。この Microsoft Customer Agreement は有効期限がなく、シンプルな契約形態となっています。そのため、お客様はこれまでよりもさらに迅速に製品やサービスの利用を開始していただけます。この契約は既にビジネス向け Microsoft Store での購入に適用されていますが、今回新たに Azure サービスの購入と管理にもご利用いただけるようになりました。

この新しい Microsoft Customer Agreement の特徴は以下のとおりです。

  • プロセスの自動化、デジタルの同意オプション
  • 契約条件に一度同意すれば、ポートフォリオに製品を追加するたびに契約が動的に更新される

Microsoft Customer Agreement に関する FAQ

|

Microsoft Customer Agreement は現在、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、ギリシャ、プエルトリコ、南アフリカ、英国、米国、その他西ヨーロッパ全域でご利用いただけます。

マイクロソフトの担当者からお渡しする提案書の中に、Microsoft Customer Agreement へのリンクが記載されています。購入の精算プロセス中に、割引やクレジットなどの契約条件を確認して、契約に同意するボタンをクリックしてください。

お客様のパートナー企業が引き続きお客様とマイクロソフトの間に入り、マイクロソフトの製品およびサービスを最大限に活用していただけるよう支援します。契約プロセスはマイクロソフトが管理します。Microsoft Customer Agreement への移行に伴い、マイクロソフトの新しい販売窓口が対応することになります。これまでパートナー企業が処理していた販売前と契約時のやり取りは、マイクロソフトの営業担当者が受け持つようになります。お客様がライセンス パートナーによる販売前後のサポートを希望する場合、これらのやり取りに参加してもらうことができます。

Enterprise Agreement を通じて購入を行ったことがある場合は、請求元は変わりません。Enterprise Agreement も Microsoft Customer Agreement もお客様とマイクロソフト間の契約であるため、どちらもマイクロソフトから請求書が送付されます。

Azure から Microsoft Customer Agreement への移行については、こちらの FAQ をご覧ください。

Microsoft Customer Agreement の詳細については、こちら (PDF、681 KB) もご覧ください。

Azure のお客様向けの参考資料

Azure サービスの購入・管理プロセスを改善する

マイクロソフトのコマース エクスペリエンスに関する FAQ (PDF、681 KB)

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。