This is the Trace Id: 59b6a39fd51e86526d42991d669f66de
メイン コンテンツへスキップ
ライセンス

フルフィルメント 情報

マイクロソフト ボリューム ライセンスのフルフィルメント情報についてお知らせいたします。
decorative

フルフィルメント ニュース
 

旧バージョン製品のご利用について - 2022 年 1 月更新

  • マイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムで有効なソフトウェアを所有しているお客様は、お持ちのエディションの旧バージョン製品をご利用いただくことができます。これは、「ダウングレード権」と呼ばれています。詳細は、ダウングレード権に関するライセンス簡易ガイド (PDF、932 KB) および製品条項でご確認ください。
  • お客様組織のダウンロード権でご利用可能なマイクロソフト旧製品の物理メディア (CD/DVD) を合法的に取得されている場合、お客様の責任の下でこれらの旧エディションをご利用いただけます。
  • 製品のライフサイクル情報は、製品およびサービスのライフサイクル情報ページで入手できます。
  • お客様の組織がボリューム ライセンス物理メディア (コンプリヘンシブまたはサブスクリプション キット) を保有している場合、または、お客様の Microsoft リセラーが現在も CD/DVD メディアを取り扱っている場合は、VLSC で提供が終了した旧バージョン製品を引き続きインストールすることができます。

製品提供情報

マイクロソフトは、ボリューム ライセンスのお客様に向けて新製品や既存製品の最新情報を毎月提供しています。新製品のリリース情報については、以下のドキュメントを参照してください。
 

ボリューム ライセンスのお客様は、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) がお客様のソフトウェア ライセンス管理や取得済ソフトウェアへのアクセスを行っていただけるリソースとなります。(MPSA のお客様は、Microsoft Business Center をご使用ください。)
 
  • 最新のマイクロソフト製品をダウンロードする: マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) の Web サイトにアクセスし、サインインしてダウンロードしてください。
注: VLSC にアクセスするには、サイト上でユーザー登録を行い、契約情報へのアクセス権限を付与されている必要があります。サイトへのアクセスに関してサポートが必要な場合は、Support Center セクションからマイクロソフト サポート センターにお問い合わせください。
 

2018 年 5 月 1 日より、物理メディア版ソフトウェアが廃止となりました

ボリューム ライセンス プログラムの物理メディア版ソフトウェアが廃止となりました (対象プログラム: エンタープライズ、セレクト、セレクト プラス、SPLA、オープン、公共機関及び教育機関向けプログラム)。今後は、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) の製品ダウンロード機能をご活用いただき、物理メディアを用いない製品のご使用をお願いいたします。VLSC での製品のダウンロード方法は、VLSC ユーザー ガイドをご参照ください。
この変更は、ダウンロードによる製品使用の推進と物理メディアの削減によって、地球環境への配慮を向上させるマイクロソフトの継続した取り組みの一部です。
尚、ISVR プログラムをご利用のお客様は、担当のマイクロソフト パートナーへお問い合わせください。
 
ISO ファイル書き込みガイド (Win 7 以降の OS 向け) (PDF、475 KB)

Windows Upgrade インストール サービス

Windows Upgrade インストール サービスを依頼する際のベース ライセンス証明について

 

どのようなお客様にライセンス証明が必要となりますか?

 
この情報は、コンピューター向けにソフトウェアのアップグレード インストール サービスを依頼されたマイクロソフト ボリューム ライセンスのお客様が対象となります。「イメージング」として知られるこちらのサービスには、PC メーカーである OEM (original equipment manufacturer) 様または LSP (Licensing Solution Partner) 様によるボリューム ライセンスの Windows Upgrade オペレーティング システム製品のインストール作業が含まれます。
 
 
お客様がボリューム ライセンスの OEM 様または LSP 様にコンピューターへのボリューム ライセンスの Windows Upgrade オペレーティング システム製品のインストール サービスを依頼の際、これらのコンピューター向けに購入された有効な Windows オペレーティング システム ベース ライセンスの証明書が必要となります。OEM 様および LSP 様はコンピューターへイメージのインストールを行う前に、お客様より直接この証明書を入手して下さい。
 
 
お客様が書面による証明を提供しない限り、ボリューム ライセンスのソフトウェアをインストールする事は出来ません。(詳細は下記をご参照ください)
 

「対象となる Windows オペレーティング システム」とは何ですか?

 
ボリューム ライセンス契約を通じて入手された Windows Upgrade オペレーティング システムのソフトウェアは、有効な Windows ベース ライセンスに、適切な Certificate of Authenticity (COA) を保有したコンピューターにのみインストールが可能です。たとえば、ボリューム ライセンス契約に基づき、Windows Enterprise がインストールされている場合、Windows Pro 等、対象となるベース オペレーティング システムの COA がまずはコンピューターに添付され、適切なライセンスを購入していなければなりません。
 
起こりうるライセンスの誤使用を減らすため、イメージをインストールする前に、「第三者による Microsoft Windows オペレーティング システム ソフトウェアのアップグレード インストール サービスにおけるマイクロソフト カスタマー ライセンスの確認」フォームへご記入の上、Windows Upgrade オペレーティング システム インストール サービスを行う OEM 様または LSP 様までご送付ください。 
 
 
OEM 様および LSP 様はお客様と共に、Windows Upgrade オペレーティング システム ソフトウェアをインストールする各コンピューターが適切に認証された Windows ライセンスの COA を所有しているか確認し、海賊版やライセンス誤使用の調査に協力する必要があります。
 

認証プロセスを完了するにはどうすればよいですか? 

  1. 第三者による Microsoft Windows オペレーティング システム ソフトウェアのアップグレード インストール サービスにおけるマイクロソフト カスタマー ライセンスの確認フォームをダウンロードの上、ご記入ください。(上記の確認フォームの URL をクリックしていただき、表の右上の[Search:]の部分に「Japanese]と入力いただけますと、[Title]の欄に日本語フォームのファイル名が表示されますので、ファイル名をクリックしてフォームを表示してください。)
  2. 日付をご記入の上、ご署名済みのフォームを OEM 様または LSP 様へご送付ください。
    ご注意: ご記入済みフォームは、OEM 様または LSP 様の案内に従ってご送付ください。マイクロソフトでは受け付けておりません。
 

質問がある場合のコンタクト先を教えてください。

  • 認証プロセスに関するお問い合わせは、OEM 様または LSP 様へお問い合わせください。
  • ボリューム ライセンス契約に関するお問い合わせは、マイクロソフト ボリューム ライセンス担当者へお問い合わせください。
  • その他のご質問につきましてはマイクロソフト カスタマー サポートまでお問い合わせください。
タブに戻る

関連リソース

 
ボリューム ライセンスの使用権やプログラムごとのポイント、個別製品の特記事項やサポート ドキュメントをご確認いただけます。
 
このシナリオ ベースのガイドでは、マイクロソフトのライセンス モデルが 一般的な IT ソリューションにどのように適用されるのかをご理解いただけます。
 
どの製品にキーが必要かなど、ライセンス認証に関する案内をご確認いただけます。