Microsoft Volume Licensing Blog iconTwitter

サービス プロバイダー様向けライセンス プログラム:SPLA

Microsoft Services Provider License Agreement (SPLA) は、Web ホスティング、ホスティング アプリケーション、メッセージング、コラボレーション、プラットフォーム インフラストラクチャなど、ホスティング型のソフトウェアやサービスをエンドユーザーに提供する企業向けのライセンス プログラムです。

Microsoft Services Provider License Agreement (SPLA) は、ソフトウェア サービスやアプリケーションをホストしてエンドユーザーに提供する企業のためにご用意しました、マイクロソフト製品のライセンスを取得するプログラムです。

SPLA は、第三者へのホスティングを目的としてマイクロソフト ソフトウェアのライセンス使用権が得られる唯一のマイクロソフトライセンス プログラムです。

SPLA のライセンスは、非永続的 (サブスクリプション) ライセンスです。ライセンスは、契約の有効期間中のみ使用が許可されます。マイクロソフトのライセンス製品をエンドユーザーに提供する際、ご利用いただけるライセンスモデルは 2 つあります。

  • サブスクライバー単位: サブスクライバーアクセス ライセンス (SAL) は、ライセンス製品へのアクセスあるいはライセンス製品の使用が許可される各ユーザーまたはデバイスごとに、ライセンスを取得していただくライセンス モデルです。SAL のライセンスモデルでは、サーバー ライセンスを別個に取得していただく必要はありません。
  • プロセッサ単位: プロセッサごとにライセンスを取得するプロセッサ ライセンスでは、ライセンス製品のプロセッサにインストールされるソフトウェアに対して、無制限の数のユーザーがアクセスできます。

SPLA には、以下のメリットがあります。

  • カスタマイズされたサービスの提供 専用または共有のホスティング環境を介して、カスタマイズされた IT サービスをエンドユーザーに提供できる柔軟性を備えています。サービスプロバイダー様は、エンドユーザーの代わりにソフトウェアの使用権を管理できるので、サービスの価値をさらに高めることができます。
  • 初期投資不要の従量課金制 お支払いいただくのは、前月にエンドユーザーに使用を許可した製品のライセンス料のみです。初期コストはかからず、月ごとの販売ノルマや長期的なコミットメントもありません。
  • 最新バージョンでのサービス提供 エンドユーザーに最新かつ高機能のマイクロソフト プラットフォームを提供していただけます。メディア媒体を発注する代わりに、マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) から無償で製品をダウンロードしていただけます。
  • サービス提供前のテスト エンドユーザーにサービス提供する前に、ライセンス費用を支払うことなく社内でライセンス製品をテストおよび評価していただけます。
  • データ センターアウトソーシング サーバーにインストールするマイクロソフト製品の日々の管理や操作を、アウトソーシング企業に委託することが可能です。アウトソーシング企業は、サービス プロバイダー様の代わりにデータ センターの管理、テスト、保守サポート サービスを実施できます。
  • エンドユーザーの施設内へのインストール お客様が所有またはリースしているデバイスにマイクロソフト製品をインストールし、エンドユーザーの施設内に配置することが可能です。
  • デモンストレーションや見込顧客による評価の実施 サービス/製品のデモを目的として、最大 50 人分の有効なユーザー ID をご使用いただけます。また、60 日間の試用期間中、見込み顧客に製品を無償で提供していただけます。
  • 関連会社の追加 1 つの契約に関連会社も含めていただけます。
  • 教育機関へのターゲットの拡大 SPLA を通じて教育機関のエンドユーザーに特別価格でソリューションを提供し、ビジネスを拡大していただけます。

製品のライセンス

各製品のSPLAのライセンスについては以下のリンクをご参照ください。

Windows Server 2012 R2 ライセンス早わかりガイド ・ SPLA ページ 新規ウィンドウで開きます。

SPLA プログラムにご参加いただけるのは、以下の条件を満たす必要があります。

  • マイクロソフト パートナー ネットワークへの登録マイクロソフト パートナー ネットワーク 新規ウィンドウで開きます。にご登録いただく必要があります。ご登録がお済みでないお客様は、 マイクロソフト パートナー ネットワーク 新規ウィンドウで開きます。
    • マイクロソフト パートナー ネットワークに登録いただくと、マイクロソフト主催のイベントへの案内を受けることができ、また、営業、テクニカル、ソリューション トレーニングなどのオンライン トレーニングへの参加、無償の電話サポート サービス、マーケティング リソースやテンプレートの提供を受けられるようになります。
    • ※ 専用ページへのアクセスには、Microsoft アカウント (旧 Windows Live ID) の登録および各企業様固有の認定パートナー ID が必要となります。パートナー ID がご不明の場合には、 マイクロソフト認定プログラム事務局 新規ウィンドウで開きます。 までお問い合わせください。
    • 2013 年 8 月 19 日からホスティング コミュニティ登録は不要になりました。
  • マイクロソフト ビジネス サービス アグリーメント (MBSA) への署名:
    • 他のボリューム ライセンス契約 (Enterprise Agreement、Enterprise Subscription Agreement、Select Plus、Select License、または ISV Royalty) を通して既に MBSA (マイクロソフト ビジネス/サービスアグリーメント)を締結しているサービス プロバイダー様は、担当のマイクロソフト アカウント マネージャーや流通会社にご相談ください。MBSA (マイクロソフト ビジネス/サービスアグリーメント)の番号を通知して、 MBSA (マイクロソフト ビジネス/サービスアグリーメント)を SPLA にリンクしていただく必要があります。
    • 既存の MBSA (マイクロソフト ビジネス/サービスアグリーメント) がない場合は、SPLA 契約書締結時に併せてご契約いただきます。
  • SPLA 流通会社の指定: SPLAと MBSA (新しい MBSA が必要な場合)を締結する際には、SPLA 流通会社を通じて手続きを行います SPLA 流通会社は、以下の業務を担当します。
    • ライセンスの月次使用報告、または無使用報告をサービス プロバイダー様より回収し、マイクロソフトに報告します。
    • 前月に使用したライセンスの使用料を徴収します。
    • SPLA プログラム全般に関するお問い合わせに対応します。
  • SPLA 流通会社の選択と SPLA お申込書の提出

    SPLA 流通会社一覧 をご参照ください。

    お申込書をダウンロードし、指定の SPLA 流通会社に申し込みください。価格見積もりは SPLA 流通会社にてお受けしております。
    サービス プロバイダー様は、サービス プロバイダー ライセンス契約 (SPLA) をマイクロソフトと直接契約しますが、月々のライセンス料金の報告とお支払いは、ご契約時にご指定いただいた SPLA 流通会社を通じて行います。


    <お申込書>

    SPLA 2017 をお申し込みの方はこちら: SPLA 2017 申込書 (WORD、115 KB)

  • 契約書の提出

    マイクロソフトにて契約手続きが完了しましたら、メールにて契約番号が発行されます。

  • 契約書のご返送

    既定の電子署名ご利用時には、紙契約書のサービス プロバイダー様への返送はありません。(紙のご契約書にご署名いただく場合のみ、マイクロソフト側で署名・押印後、契約書の原本 1 部をサービス プロバイダー様に返却いたします。)

その他の条件

SPLA プログラムに参加するには、以下のような条件も遵守していただく必要があります。

  • ソフトウェア ライセンスに関する月ごとの月次使用報告と月額のお支払い サービス プロバイダー様は、前月にエンドユーザーに使用を許可したすべてのライセンスについて報告し、月次使用報告、または無使用報告を提出していただきます。SPLA では、関連会社やソフトウェア サービス リセラーについても報告に含めていただく必要があります。
  • 技術サポートの提供 サービス プロバイダー様には、エンドユーザーに提供するマイクロソフト ライセンス製品に関して、製品技術サポートを提供する責任が発生します。

サービス プロバイダー ライセンス アグリーメントについて、よく寄せられる質問とその回答を示します。

トピック