System Center 2016

System Center 2016 は、オンプレミス、クラウド、または複数のプラットフォームのいずれにおいても、簡素なデータセンター管理エクスペリエンスによる IT 管理を実現します。System Center 2016 は、従来のバージョンの経験を活かして構築され、Microsoft Operations Management Suite によって管理機能を拡張できます。単一ソリューションから複数のシステムに存在するデータとアプリケーションに対する可視性と制御を提供します。ここでは、各エディションおよびライセンス オプションの概要について説明します。

System Center 2016
エディションのライセンスよく寄せられるご質問

エディションのライセンス

System Center 2016 サーバー管理ライセンスを使用すると、購入方法を簡略化しながら、プライベート クラウドの価値を最大限まで高めることができます。すべてのサーバー管理ライセンス (サーバー ML) に同じコンポーネントが含まれ、任意のワークロードを管理することができます。System Center 2016 サーバー ML は、Standard と Datacenter の 2 つのエディションでリリースされます。唯一の違いは仮想化の権利にあります。

サーバー管理エディション

エディション最適な用途ライセンス モデル

Datacenter

高度に仮想化されたサーバーの管理管理サーバー*
(コア ベース)

Standard

ほとんど仮想化されていない、あるいはまったく仮想化されていないサーバーの管理管理サーバー*
(コア ベース)

* サーバー上のすべての物理コアに対してライセンスを取得する必要があり、物理プロセッサごとに最低 8 個のコア ライセンスおよびサーバーごとに最低 16 個のコア ライセンスが必要です。

サーバー管理機能

仮想マシン (VM)、Hyper-V コンテナー、Windows Server コンテナーなど、サーバーのオペレーティング システム環境 (OSE) を管理するには、サーバー管理ライセンス (サーバー ML) が必要です。次の表では、2 つの System Center 2016 サーバー ML エディションを比較しています。

DatacenterStandard

管理対象 OSE/Hyper-V コンテナーの数

無制限2*

管理対象 Windows Server コンテナーの数

無制限無制限

Nano Server の管理**

Configuration Manager***

Data Protection Manager

Endpoint Protection

Operations Manager

Service Manager

Virtual Machine Manager

管理サーバー ソフトウェアおよび関連する SQL Server ランタイム (SQL Server Standard Edition) を実行する権利

任意の種類のサポート対象ワークロードの管理

注: サーバー ML に含まれるコンポーネントを個別に利用することはできません。

* Standard エディションでは、物理 OSE を仮想 OSE のホストと管理だけに使用する場合、(2 つの仮想 OSE に加え) ライセンス サーバー上で物理 OSE を管理できる権利が提供されます。

** 運用環境で Nano Server を管理するには、サーバー ML のソフトウェア アシュアランスが必要です。

*** System Center Configuration Manager ライセンスで有効なソフトウェア アシュアランスを保有するお客様、または同等のサブスクリプションの権利を保有するお客様は、Current Branch オプションをインストールして使用できます。

クライアント管理ライセンスと機能

サーバー以外のオペレーティング システム環境 (OSE) を実行する管理対象デバイスには、クライアント管理ライセンス (クライアント ML) が必要です。次の表では、3 つの System Center 2016 クライアント ML の提供内容を比較しています。

Configuration ManagerEndpoint ProtectionClient Management Suite

含まれるコンポーネント

Configuration Manager

Virtual Machine Manager
Endpoint ProtectionService Manager

Operations Manager

Data Protection Manager

Orchestrator

ライセンス要件

クライアント ML*
(ユーザー/OSE 単位)
サブスクリプション*
(ユーザー/デバイス単位)
クライアント ML*
(ユーザー/OSE 単位)

Core CAL Suite に含まれる

Enterprise CAL Suite に含まれる

注: クライアント ML に含まれるコンポーネントを個別に利用することはできません。

* サーバー以外の OSE の管理には、クライアント ML が必要です。

Placeholder

関連リソース