仮想環境での Office アプリのエクスペリエンスを向上

Microsoft 365 は、職場のコラボレーションをデジタルで変革していくことを目的としています。お客様の多くは仮想化を利用しており、コスト削減とユーザー エクスペリエンスの改善の方法を常に求めています。そのお役に立てるように、Microsoft は FSLogix を昨年 11 月に買収し、本日、仮想化環境のユーザー エクスペリエンスをさらに改善する次の 4 つの新機能を発表することになりました。

  • FSLogix のテクノロジは、マルチユーザー仮想環境での Office 365 ProPlus のパフォーマンスを向上させるものであり、Microsoft 365 のお客様は追加費用なしで利用できます。
  • Windows Server 2019 での OneDrive ファイル オンデマンドのサポートを今後数か月のうちに開始する予定です。
  • Office のフラッグシップ製品である Office 365 ProPlus が Windows Server 2019 でサポートされるようになります。
  • さらに、Office 365 ProPlus に含まれる Outlook、OneDrive、Microsoft Teams にも、仮想化環境でのユーザー エクスペリエンスを向上させる新機能を追加しました。

信頼性の高い Office アプリのエクスペリエンスをどの環境でも実現する FSLogix

FSLogix のコンテナー テクノロジが、仮想環境の中で Office アプリと完全に統合されるようになりました。このテクノロジによって、仮想化された Office アプリの速度と信頼性が向上し、ユーザーは Office アプリを専用のマシンで使用しているように感じられます。FSLogix のコンテナーは、Microsoft、Citrix、VMWare などから提供される仮想化環境で動作します。次の Microsoft ソリューションのいずれかのライセンスをお持ちであれば、このテクノロジを追加料金なしで利用できます。

  • Microsoft 365 E3/E5/A3/A5/Student Use Benefits/F1/Business
  • Windows 10 Enterprise E3/E5
  • Windows 10 Education A3/A5
  • Windows 10 VDA ユーザー ベース
  • リモート デスクトップ サービス (RDS) クライアント アクセス ライセンス (CAL) とサブスクライバー アクセス ライセンス (SAL)

FSLogix の詳細については、こちらを参照してください。

Windows Server 2019 での OneDrive ファイル オンデマンドへのアクセスを簡単に

OneDrive ファイル オンデマンドを使用するときは、ユーザーは OneDrive 内の自分のファイルすべてにアクセスできますが、ダウンロードされるのは自分が使用するファイルだけとなるため、ユーザーのデバイス上のハード ドライブ領域を節約することができます。今後数か月のうちに、Windows Server 2019 でも仮想化 Office アプリのユーザー向けに OneDrive ファイル オンデマンドのサポートを開始する予定です。このサポートによって、ユーザーがよく使用するファイルにすばやくアクセスできるだけでなく、ユーザー プロファイル ディスクのストレージ要件とコストを削減するという企業のニーズを満たすことができます。Windows Server 2019 でこの新機能を利用する方法の詳細については、こちらを参照してください。

Office 365 ProPlus を Windows Server 2019 で実行

Office 365 ProPlus の最高のエクスペリエンスが得られるのは Windows 10 上で実行されるときですが、組織の中には Windows Server を使ってユーザー向けに仮想デスクトップ サービスを行っているところもあります。2020 年 1 月のサポート終了の前に Windows Server 2008/R2 から移行する、または ProPlus のプラットフォームとしてのサポートが終了する前に Windows Server 2012/R2 から移行する必要のあるお客様のために、Office 365 ProPlus を Windows Server 2019 で実行することをサポートする予定です。これによって、前述のファイル オンデマンド機能を Windows Server 2019 で利用できることに加えて、最新の Windows Server プラットフォームを活用できるようになります。

仮想環境での Office アプリのエクスペリエンスを向上

仮想化関連のエクスペリエンス強化は、Office 365 に含まれる Outlook、OneDrive、Teams などのアプリについても行われています。

  • Outlook のキャッシュ モードによって、Outlook を仮想デスクトップで実行するときにメールや予定表にすばやくアクセスできるようになります。
    • “予定表より前に受信トレイを同期” を設定すると、メールへのアクセスが速くなり、すぐに作業を開始できます。
    • 既定で同期されるフォルダーの数を減らすことができます。また、予定表の同期ウィンドウを縮小する管理オプションが用意されています。これらは共に、同期完了までの時間を短縮するのに役立ちます。
  • OneDrive に “コンピューターごとのインストール” オプションが追加されました。OneDrive アプリを 1 回だけインストールして複数のユーザーで共有できます。各ユーザーのフォルダーとファイルはそのままで、自分専用のデバイスと同様に使うことができます。
  • Teams でも、チャットとコラボレーションについてコンピューターごとのインストールを選択できます。今後数か月のうちに Teams での “通話と会議” の提供を開始する予定ですが、これは Citrix とのコラボレーションによる音声/ビデオ メディア最適化を通して実現するものです。Teams についてはその他にも、アプリの展開の改善、Windows Virtual Desktop のサポート、パフォーマンスの向上、非永続的な設定のキャッシュの最適化などを計画しています。
  • Windows Search のユーザーごとのインデックスによって、各ユーザー独自の検索インデックスがユーザー プロファイルとして永続化できるようになります。検索が高速化されるだけでなく、個人に合わせた検索結果が得られます。

仮想化がお客様の IT 戦略の中で重要な位置を占める場合に、これらの新しい機能が大いに役立つと確信しています。本日発表した Office 365 アプリの機能強化をお客様自身の仮想環境で試すには、Microsoft ダウンロード センターにアクセスしてください。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。