Trace Id is missing
メイン コンテンツへスキップ
Microsoft 365

よく寄せられる質問 (FAQ)

最もよく寄せられる質問

  • Microsoft 365 は、お客様が成し遂げたいことの実現とビジネスの運営に役立つように作られた、生産性向上クラウドです。Word、Excel、PowerPoint などのアプリだけではなく、Microsoft 365 はクラス最高の生産性向上アプリにパワフルなクラウド サービス、デバイス管理、高度なセキュリティを組み合わせて、1 つのコネクテッド エクスペリエンスを作ります。

    プロフェッショナルのためのメールと予定表機能で、顧客や同僚といつでも、どこで仕事をするときでも連絡を取り合うことができます。

    ファイルの保存、アクセス、共有をどこからでもできるオンライン ストレージがユーザー 1 人あたり 1 TB 付属しています。

    チームワークのハブである Microsoft Teams1 でのグループ チャット、オンライン会議、通話でチーム全員の認識をそろえることができます。

    従業員、データ、顧客情報を保護するのに役立つ、高度なセキュリティとデバイス管理の機能も備えています。

    こちらの Web サイトで、Microsoft 365 にどのようなものが含まれ、どのようにビジネスに役立つかをご覧ください。 

  • 中小企業向けプランについては、価格や機能の変更はありません。同じプランが利用可能で、プラン名のみ更新されています。

  • Microsoft 365 のサービスはすべて、アップタイム 99.9% が返金制度付きで保証されています。

  • Microsoft 365 アプリを最大 5 台の Windows PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のモバイル デバイスにインストールできます2。Microsoft Surface Pro などのハイブリッド Windows デバイスは、Windows PC とタブレットのどちらにカウントしてもかまいません。

  • オプションを比較するには、次のリンク先をご覧ください。

  • Microsoft 365 Business Basic、Microsoft 365 Business Standard、Microsoft 365 Business Premium では、サブスクリプションに Microsoft Teams のライセンスが含まれている場合に最大 300 人のオンライン会議やビデオ通話をホストすることができます。

    Microsoft 365 E3 と E5、Microsoft 365 A3 と A5、Microsoft 365 Government G3 と G5 の Microsoft Teams ライセンス付きサブスクリプションでは、この上限が 1,000 人に引き上げられます。  詳細については、こちらをご覧ください

購入

  • 企業様単位でご導入の際にご利用いただく各社員様ごとにご購入いただくライセンスです。お一人お一人に利用権やアクセス権が付与されます。組織で各ユーザーの一括管理ができるようになります。

  • はい。マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約の全文をご覧ください。販売店様からの購入の場合は、直接販売店様へご相談ください。

  • プランによって異なりますが、一般法人向け Microsoft 365 のほとんどのプランは、月間契約が可能です。Exchange Online や OneDrive for business など、オンライン サービス単体の場合は、ほとんどが年間契約のみとなります。詳細は、購入前相談窓口 (0120-167-400) までお問い合わせください。

  • はい。請求書払いを利用できる場合もあります (ご利用の際には別途審査が必要な場合があります)。購入前相談窓口 (0120-167-400) にご連絡ください。

  • お申し込み者様の連絡先メール アドレス、お名前、勤務先電話番号 (認証コードの送信先)、会社名、ご住所、クレジット カード情報 (名義人名、カード番号、セキュリティ コード、有効期限) をご用意のうえ、お手続きください。

  • 以下のような原因や対処が考えられます。問題が解決しない場合は、購入前相談窓口 (0120-167-400) にご連絡ください。

    • SMS での受け取りは、携帯電話番号のみとなります。固定電話の場合は、自動音声でお受け取りください。
    • 電話番号の最初の 0 を抜いて入力してください。
    • 電話番号は半角で入力してください。
    • 携帯電話会社の迷惑メール対策機能で、SMS の受信拒否、登録者以外からのメッセージの拒否、海外事業者からのメッセージ拒否などを行っていないかを確認してください。
    • 携帯電話のモバイル通信ができない状態 (Wi-Fi のみ接続、機内モード) になっていると、SMS を受信できません。モバイル通信のオン/オフをお試しください。
    • SMS の保存容量が足りない可能性があります。不要なデータを削除してみてください。
    • 携帯電話を再起動することで、受信できる場合があります。
    • ネットワークが混雑しているなどの理由で SMS の送受信が遅れる場合があります。しばらく待ってからお試しください。
    • 携帯電話の契約状況や端末によっては、SMS を利用できない場合があります。ご契約内容については、ご利用の携帯電話会社にご確認ください。
    • 認証が完了する前に認証コードを複数回発行すると、一定期間コードの発行が制限 (ロック) されます。24 時間以上時間を空けて、再度申込の手続きを行ってください。
    • ブラウザーを InPrivate やシークレット モードで開いてみてください。
  • Microsoft では領収書を発行しておりません。PDF 形式の請求書を発行しておりますので、こちらとクレジット カードのご利用明細とを照らし合わせてお支払いの証明としてご利用ください。

開始する

  • はい。業務用の独自のメール ドメインを Microsoft 365 サブスクリプションの一部として購入することも、他のプロバイダーを介して登録された既存のドメインを利用することもできます。 Microsoft 365 でのドメインに関してよく寄せられる質問をご覧ください

  • はい。無料試用期間中に作成したアカウントのための Microsoft 365 ライセンスを購入した場合は、そのユーザー アカウントの情報と構成はそのまま保持されます。無料試用期間が終了した日から 30 日以内に Microsoft 365 を購入すれば、アカウント情報が消去されることはありません。試用版のアカウント情報が消去されると、その情報は取得できなくなります。

  • Microsoft 365 のセットアップのページで、詳しい手順を説明しています。 いくつかの簡単なステップで Microsoft 365 へのサインアップ、組織のドメイン名のセットアップとユーザー アカウントの追加、Microsoft 365 アプリのインストール、既存のメールの Microsoft 365 への移行を行うことができます。 

サポートと価格

  • Microsoft 365 サブスクリプションでは、24 時間いつでも電話と Web でのサポートをご利用いただけます。Microsoft 365 へのアップグレードを検討中の場合は、現在の段階に応じた追加のサポート オプションも用意しています。すべてのサポート オプションを Microsoft 365 サポートのページでご覧いただけます。 

  • Windows PC または Mac にインストールした Microsoft 365 アプリ (Word、Excel、PowerPoint、Outlook など) は、オンラインではないときでも利用できます。  

    Microsoft 365 に含まれる OneDrive では、オフラインのときもファイル ストレージにアクセスできます。オフラインのときに変更を加えた場合は、再接続すると変更内容が OneDrive と同期され、他のデバイスにも反映されます。

    Outlook では、受信トレイに既に配信されたメールを閲覧することや、新しいメールや会議出席依頼を作成することができます。受信トレイと送信トレイは、再接続したときに他のすべてのデバイスとの間で同期されます。

  • Microsoft は、外部か内部かを問わず不適切なアクセスや権限のない人物による使用から顧客データを保護するために、および利用者が他の利用者のデータにアクセスできてしまうことを防ぐために、強力な措置を講じています。詳細については、「お客様のデータに誰がどのような条件でアクセスできるか」をご覧ください。  

  • クレジット カード (Visa、Mastercard、JCB、American Express) を利用できます。サブスクリプションの金額は、クレジット カードの明細に表示されます。一般法人向け Microsoft 365 のプランでは、一回の支払金額が 48,500 円以上になる場合は請求書払いにすることもでき、選択されたサービスに応じて毎月または年 1 回のご請求となります。請求書が発行されると、メールで通知が送信されます。サブスクリプションを購入したときに発注書番号を入力した場合は、その番号が請求書に表示されます。

  • ご都合に合わせて柔軟に選択していただけるように、さまざまな支払い方法を用意しています。

    Microsoft 365 Business Basic、Apps for business、Business Standard、Business Premium の各プランでは、月間契約または年間契約でのお支払いが可能です。 

    • 月間契約でのお支払い: 月払いになります。いつでもキャンセルできます。
    • 年間契約でのお支払い: 1 年間のサブスクリプションにサインアップすると、このお支払いオプションを利用することによる割引の特典があります。既定では、請求プランは月次請求に設定されます。購入後に、管理ポータル内で請求プランを年次請求に変更できます。
       

    Microsoft 365 Enterprise と Office 365 Enterprise のプラン (これには Exchange Online などの単体プランも含まれます) と Microsoft 365 Apps for enterprise は、年間契約でのお支払いが可能です。

    • 年間契約でのお支払い: 1 年間のサブスクリプションにサインアップします。サインアップ時に、月払いにするか、年間一括払いにするかを選択できます。
  • はい。ビジネスのニーズの変化に合わせて、アカウントを別のプランに移行できます。 

  • Microsoft 365 Business のユーザー単位プランは、ユーザー数 300 以下の組織を対象としています。ユーザー数が 300 を超える組織では、Microsoft 365 Enterprise のプランのサブスクリプションをご検討ください。Microsoft は、1 つのテナントあたりのプロビジョニング済みライセンス数を Business ファミリのプラン全体の合計で 300 を上限とする権利を留保します。これについては、事前に通告するとともに詳しいガイダンスをご提供する予定です。当面は、お客様の個々の Business プラン (Business Basic、Business Standard、Business Premium) のプロビジョニング済みライセンス数が 300 以下ならば、Business ファミリのプラン全体のプロビジョニング済みライセンス数の合計が 300 を超えていたとしても、この 300 シートという上限に準拠しているものとみなします。

  • 多くのお客様は、一般法人向け SKU を購入した後に、機能を補完するアドオンの Microsoft 365 サービスを必要に応じて購入することができます。

    Microsoft 365 E3 のサブスクリプション、またはこのスイートの Microsoft Teams が含まれないバージョンをご利用中のお客様は、Microsoft 365 E5 のコンプライアンスと Microsoft 365 E5 のセキュリティを Microsoft 365 E3 サブスクリプションのアドオンとして購入できます。サブスクリプションのレベルに応じて、Microsoft 365 Enterprise のサブスクリプションに Azure、Dynamics 365、Enterprise Mobility + Security のプランやアドオンを組み合わせることもできます。

    これに加えて、Microsoft 365 ストアでサードパーティ ベンダーが販売している多数の機能から選んで購入することもできます。

  • サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。ただし、製品とサブスクリプションの種類によっては、契約期間終了前にキャンセルすると、キャンセル料が発生する場合があります。月間契約のサブスクリプションについては、いつキャンセルしてもキャンセル料が発生することはありません。年間契約サブスクリプションで月払いの場合は、契約期間終了前にキャンセルすると、キャンセル料が発生することがあります。年間契約サブスクリプションで年間一括前払いの場合は、契約期間終了前にキャンセルしても払い戻しを受けることはできません。マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約の全文をご覧ください。 

  • お客様のデータはお客様のものです。Microsoft 365 のサブスクリプションをキャンセルする場合は、データ (たとえば、メールやチーム サイトのドキュメント) をダウンロードして別の場所に保存することができます。データの保存はキャンセルする前に行う必要があります。サブスクリプションをキャンセルした後 90 日間は、Microsoft 365 アカウントに関連付けられたデータに、管理者が機能制限付きのアカウントでアクセスすることができます。 

  • Microsoft 365 のセットアップ、オンボーディング、展開のエキスパートである Microsoft パートナーがお手伝いします。パートナー企業の協力を得て、お客様のビジネスに合わせたカスタム ソリューションの開発を行うこともできます。お近くの Microsoft パートナーをこちらで見つけることができます。  

  • はい。FastTrack をご利用いただけます。Microsoft 365 の展開、導入、データ移行を加速して、ビジネス上の価値実現までの時間を短縮するのに役立ちます。適格な Microsoft 365 のサブスクリプションをお持ちのお客様は、サブスクリプション期間中 FastTrack を追加料金なしで利用できます。 サポートを要請して利用を開始するには、Microsoft FastTrack にサインインしてください。 

  • ディスカウントはエンタープライズ契約のお客様 (一般的には 250 ライセンス以上) がボリューム ライセンスを通じて購入される場合に適用されます。Microsoft のエキスパートが大企業向けの購入オプションをご案内し、最適なオプションの決定をお手伝いします。

フォローしてください