Exchange 2013 から Exchange Online にアップグレード

スマートに仕事を進めるための法人メールと予定表の機能をそろえた Exchange Online は、単体で購入することも Microsoft 365 の一部として利用することもできます。

Device screen displaying Outlook Exchange inbox

Microsoft 365 の Exchange Online の新機能

使う人に合わせたインテリジェントな受信トレイ

すべきことに集中できるように、優先受信トレイでメールを整理します。より適切な検索結果が返され、予定表との統合などの機能も利用できます。

共同作業が簡単に

1 TB の OneDrive クラウド ストレージで、ブックのバックアップ、共有、共同編集をどのデバイスからでも行うことができます。

外出先でも Exchange を使える

最新メールのチェックだけでなく、添付ファイルの確認と編集も、モバイル アプリを使ってどこからでもできます。

常に最新バージョンにアップデート

Microsoft 365 の Exchange 限定の新機能とセキュリティ更新プログラムを入手できます。

Microsoft 365 の Exchange 2016
 

*一部の Microsoft 365 プランに含まれます

Exchange 2013

Compare Microsoft Office Product features
Feature name

Microsoft 365 の Exchange 2016
 

*一部の Microsoft 365 プランに含まれます

Exchange 2013

高度なセキュリティ機能

メールボックスの保護に役立つマルウェア対策とスパム対策のフィルタリングに加えて、データ損失防止の機能も備えています。

Not Included
Included

クラウドベースのメール サービス

Microsoft のサーバーでメールをホストするという利点を活用しながら、自社環境の管理をお客様自身で行うことができます。

Included
Not Included

稼働率 99.9% を保証

メールをいつでも安心して利用できるように、返金制度を規定したサービス レベル アグリーメントを用意するとともにセキュリティの専門家が 24 時間体制で監視しています。

Included
Not Included

ユーザー 1 人あたり 50 GB のメールボックス ストレージ

関連するメッセージを、どのフォルダーに保存されているかにかかわらず追跡して管理します。スレッドを時系列で見ることができます。

Included
Not Included

手持ちのデバイスで利用できるモバイル アプリ

Outlook モバイル アプリで常につながり、生産性を発揮します。使い慣れた機能を iOS®、Android™、Windows のモバイル デバイスでも同じように使用できます。1

Included
Not Included

常に最新バージョンにアップデート

常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。

Included
Not Included

Exchange 2013 のリソース

Exchange 2013 のヘルプ トピック

Exchange 2013 のユーザー ガイド、トレーニング、その他のサポート情報を参照できます。

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Microsoft 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

Office 2013 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2013 をダウンロードし、インストールします。

Microsoft 365 のサブスクリプションで利用できる Microsoft Exchange が Exchange の最新バージョンです。以前のバージョンには Exchange 2010 と Exchange 2007 があります。Exchange 2016 は Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 に対応しています。

 
iTunes、iPhone、および iPad は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。
 
1. モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。