Outlook 2013 から Microsoft 365 にアップグレード

まだ Outlook 2013 をお使いですか? Microsoft 365 の Outlook なら、メール、予定表、連絡先を 1 か所で管理できます。

A phone screen showing the calendar in Outlook and a tablet screen showing the inbox in Outlook

Microsoft 365 の Outlook の新機能

重要なメールに集中

優先受信トレイでは重要なメールが区別されるので、大事なことを決して見逃しません。

共同作業が簡単に

1 TB の OneDrive クラウド ストレージで、ブックのバックアップ、共有、共同編集をどのデバイスからでも行うことができます。

Outlook を外出先でも使える

最新メールのチェックだけでなく、添付ファイルの確認と編集も、モバイル アプリを使ってどこからでもできます。

常に最新バージョンにアップデート

Microsoft 365 の Excel 限定の新機能とセキュリティ更新プログラムを入手できます。

Outlook 2013 と Microsoft 365 の Outlook を比較

Outlook 2013 と Microsoft 365 の Outlook を比較

Microsoft 365 の Outlook

*Microsoft 365 に含まれています
 

Outlook 2013


予定表機能の強化 新しい To Do バーでは、予定表、タスク、新着メールのすべてが 1 か所にまとめて表示されます。さらに、スケジュールを他のユーザーと共有することもできるようになりました。
含まれます
含まれます
検索ツールの強化 クイック検索では、メッセージのすべてのフィールドをキーワードで検索できます。予定、連絡先、タスクなどを簡単に検索できます。
含まれます
含まれます
スレッド ビューの強化 関連するメッセージを、どのフォルダーに保存されているかにかかわらず追跡して管理します。スレッドを時系列で見ることができます。
含まれます
含まれません
Outlook Groups

グループを作成すると、他のユーザーとの会話、共同作業、ファイルやノートの共有が可能になります。Skype for Business の音声およびビデオ通話により、リアルタイムで意思決定できます。

含まれます
含まれません
お使いのデバイスに適したモバイル アプリ

Outlook モバイル アプリで常につながり、生産性を発揮します。使い慣れた機能を iOS®、Android™、Windows のモバイル デバイスでも同じように使用できます。

含まれます
含まれません
クラウドでファイルを共有する OneDrive からの添付ファイルのアップロードと共有を、Outlook の中で行うことができます。受信者は自動的に最新バージョンにアクセスできます。
含まれます
含まれません
常に最新バージョンにアップデート 常に最新の Office アプリ、機能、サービスを使用できます。
含まれます
含まれません

Microsoft 365 の Outlook

*Microsoft 365 に含まれています
 

Outlook 2013


|

Office 2013 には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのアプリケーションが含まれています。これらは 1 台の Windows PC で使用できる1 回限りの購入版として入手できます。

 
Microsoft 365 のプランには、これらのアプリケーションの常時最新バージョンに加えて、インターネットを介して利用できるその他のサービスも含まれています。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージや、家庭向け Skype 通話プラン2などです。Microsoft 365 では、フル機能の Office を Windows PC、Mac、タブレット (iPad® や Android™ タブレットなど)、スマートフォンにインストールして使用することができます1。Microsoft 365 のプランは、月額制または年間契約のサブスクリプションとして利用できます。

システム要件のページをご覧ください。対応している Windows と macOS のバージョンや、その他の機能要件が掲載されています。

インターネットに接続していなくても Office のアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。

ただし、インストールとライセンス認証のときはインターネット アクセスが必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Microsoft 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときなどです。さらに、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。

また、購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。

はい。あなたが作成したドキュメントは、すべてあなたのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかは、自分で選ぶことができます。

 
サブスクリプションをキャンセルした場合、またはサブスクリプションの契約期間が終了した場合でも、Microsoft 365 のセットアップ時に使用した Microsoft アカウントで OneDrive に直接サインインすると、すべてのファイルにアクセスしてファイルをダウンロードすることができます。サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。

自動更新サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了したときにサブスクリプションが開始します。自動更新サブスクリプションは、Microsoft365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売店から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行ってマイ アカウント ページに自動的に移動したときからサブスクリプションが開始します。前払い方式のサブスクリプションは、小売店やリセラー、または Microsoft サポート担当者から購入できます。

"クラウド" とは、組織の外部でホストされる Web ベースのコンピューティング サービスの名称です。クラウドベースのサービスを使用する場合、サーバーを自宅や会社 (オンプレミス) に置いて自分で保守するのではなく、IT 基盤は社外 (オフプレミス) に置かれ、第三者によって保守 (ホスト) されます。Microsoft 365 を例に取ると、情報の保管、コンピューター処理、ソフトウェアは Microsoft が所有するサーバー上に置かれ、リモートで管理されます。Web ベースのメール、モバイル バンキング、写真のオンライン保存など、日常的に使われている多くのサービスがクラウドの一部となっています。この基盤はオンライン、つまり "クラウド上" にあるので、ほとんどどこからでも、PC、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを使用してインターネット経由でアクセスできます。

Outlook 2013 のリソース

Outlook 2013 のヘルプ トピック

Office 2013 のユーザー ガイド、トレーニング、その他のサポート情報が見つかります。

他のバージョンの Office

他のバージョンの Office の情報と新しい Microsoft 365 へのアップグレード方法を紹介しています。

Office 2013 をダウンロードする

既存のプロダクト キーを使用して Office 2013 をダウンロードし、インストールします。

Microsoft 365 サブスクリプションで利用できる Microsoft Outlook が Outlook の最新バージョンです。以前のバージョンには Outlook 2013Outlook 2010Outlook 2007 があります。

 
iTunes、iPhone、iPad は米国およびその他の国における Apple Inc. の登録商標です。Android は Google Inc. の商標です。
 
1 モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。お客様の国/地域での提供状況については、こちらをご覧ください
 
2 Skype 通話プランを利用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細については、こちらをご覧ください