Project 2010 から Project Online Professional へのアップグレード

まだ Project 2010 をお使いですか? Project Online でプロジェクトを管理し、成功に導きましょう。

Photograph of a tablet and a laptop screen displaying Project 2010
Project Online の内容
クラス最高のテンプレート

テンプレートを利用して、プロジェクトをすばやく、スムーズに開始することができます。

効率的にスケジューリング

複数のタイムラインを使用してスケジュールを簡単に視覚化し、スケジュール作成ツールでの非効率性を改善します。

共同作業が簡単に

Microsoft Teams などのツールを使用して、優れた共同作業を促進し、生産性を向上します。

最新情報を常に把握

Project Online 限定の新機能とセキュリティ更新プログラムを入手できます。


Microsoft Project 2010 は、スケジュールの作成、リソースの割り当て、予算の管理、ワークロードの分析、進捗の追跡に役立つプロジェクト管理ソリューションです。Teams Planner ビュー、リボン インターフェイスなどの特徴があります。


Project 2010 と Project Online Professional の比較

Project 2010 と Project Online Professional の比較

Project Online Professional

 

Project 2010

 

Project の機能

 

Project Online の詳細情報

プロジェクトのスケジュールとコストの管理

タスク、レポート、ビジネス インテリジェンスの管理

含まれます

含まれます

リソースの割り当てと進捗の追跡

含まれます

含まれます

チーム メンバーは、タスクの状態の更新、ドキュメントの共有、プロジェクトに関するコミュニケーションを行うことができます

含まれます

含まれます

プロジェクトに費やした時間とそれ以外の時間を記録したタイムシートを提出できます (給与計算や請求書発行などに利用可能)。

含まれます

含まれます

最新の Project デスクトップ アプリケーションのフル機能をインストールします。1 ライセンスでユーザー 1 人あたり Windows PC 5 台まで使用できます。

含まれます

含まれません

プロジェクトの計画のための一般的なスケジューリング ツール (ガント チャートなど) やカスタマイズ可能なテンプレートが組み込まれているため、すぐに使用を開始できます。

含まれます

含まれません

プロジェクトの正常性を追跡し監視するためのバーンダウン チャートから財務レポートまであらゆるレポートが含まれています。

含まれます

含まれません

プロジェクトをクラウドに保存することで、アクセスが容易になり、チームでのシームレスな共同作業を実現できます。

 

含まれます

含まれません

プロジェクト タスクへのリソース割り当てや、リソースの要求と確保

含まれます

含まれません

Project Online Professional にしませんか?

|

Office 2010 には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などのアプリが含まれています。1 回限りの購入版として販売され、1 台の Windows PC で使用できます。
Microsoft 365 のプランには、これらのアプリの常時最新バージョンに加えて、インターネットを介して利用できるその他のサービスも含まれています。たとえば、OneDrive のクラウド ストレージや、家庭向け Skype 通話プラン1などがあります。Microsoft 365 では、フル機能の Office を Windows PC、Mac、タブレット (iPad® や Android™ タブレットなど)、モバイル デバイスにインストールして使用することができます2。Microsoft 365 のプランは、月額制または年間契約のサブスクリプションとして利用できます。詳細については、こちらをご覧ください

システム要件のページをご覧ください。対応している Windows と macOS のバージョンや、その他の機能要件が掲載されています。

インターネットに接続していなくても Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。
ただし、インストールとライセンス認証のときはインターネット アクセスが必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリースと Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに共通です。Microsoft 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときなどです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。
また、インストールしたアプリを常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。アプリの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。

はい。あなたが作成したドキュメントは、すべてあなたのものです。ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかは、自分で選ぶことができます。
サブスクリプションをキャンセルした場合、またはサブスクリプションの契約期間が終了した場合でも、Microsoft 365 のセットアップ時に使用した Microsoft アカウントで OneDrive に直接サインインすると、すべてのファイルにアクセスしてファイルをダウンロードすることができます。サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。

自動更新サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了したときにサブスクリプションが開始します。自動更新サブスクリプションは、Microsoft365.com、MicrosoftStore.com、iTunes®、およびその他の小売店から購入できます。前払い方式のサブスクリプションを購入した場合は、サブスクリプションのライセンス認証を行ってマイ アカウント ページに自動的に移動したときからサブスクリプションが開始します。前払い方式のサブスクリプションは、小売店やリセラー、または Microsoft サポート担当者から購入できます。

"クラウド" とは、組織の外部でホストされる Web ベースのコンピューティング サービスの名称です。クラウドベースのサービスを使用する場合、サーバーを自宅や会社 (オンプレミス) に置いて自分で保守するのではなく、IT 基盤は社外 (オフプレミス) に置かれ、第三者によって保守 (ホスト) されます。Microsoft 365 を例に取ると、情報の保管、コンピューター処理、ソフトウェアは Microsoft が所有するサーバー上に置かれ、リモートで管理されます。Web ベースのメール、モバイル バンキング、写真のオンライン保存など、日常的に使われている多くのサービスがクラウドの一部となっています。この基盤はオンライン、つまり "クラウド上" にあるので、ほとんどどこからでも、Windows PC、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを使用してインターネット経由でアクセスできます。

1. Skype 通話プランを利用できるかどうかは、国/地域によって異なります。詳細については、こちらをご覧ください
2. モバイル アプリを使用できるかどうかは、国/地域によって異なります。