サービス プロバイダー様向けライセンス プログラム: SPLA

Microsoft Services Provider License Agreement (SPLA) は、最新の利用可能なマイクロソフトのソフトウェア製品のライセンスを取得して、ソフトウェア サービスやホスト アプリケーションをエンド ユーザーに提供するサービス プロバイダー様および Independent Software Vendor (ISV) 様向けのプログラムです。



概要メリット使用権利用開始方法よく寄せられるご質問SPLA 流通会社へ問い合わせる

概要

Microsoft Services Provider License Agreement (SPLA) は、ソフトウェア サービスやアプリケーションをホストしてエンドユーザー様に提供する企業様向けにご用意いたしました、マイクロソフト製品のライセンスを取得するプログラムです。

SPLA は、第三者へのホスティングを目的としてマイクロソフト ソフトウェアのライセンス使用権が得られる唯一のマイクロソフト ライセンス プログラムです。

SPLA のライセンスは、非永続的 (サブスクリプション) ライセンスです。ライセンスは、契約の有効期間中のみ使用が許可されます。マイクロソフトのライセンス製品をエンドユーザーに提供する際、ご利用いただけるライセンス モデルは 2 つあります。

  • サブスクライバー単位: サブスクライバー アクセス ライセンス (SAL) は、ライセンス製品へのアクセスあるいはライセンス製品の使用が許可される各ユーザーまたはデバイスごとに、ライセンスを取得していただくライセンス モデルです。SAL のライセンス モデルでは、サーバー ライセンスを別個に取得していただく必要はありません。
  • プロセッサ単位: プロセッサごとにライセンスを取得するプロセッサ ライセンスでは、ライセンス製品のプロセッサにインストールされるソフトウェアに対して、無制限の数のユーザーがアクセスできます。

メリット

SPLA には次のメリットがあります。

  • 専用または共有のホスティング環境を介して、カスタマイズされた IT サービスをエンドユーザー様に提供できる柔軟性を備えています。
  • お支払いいただくのは、毎月にエンドユーザー様に提供したソフトウェア サービスをベースとしたのライセンス料のみです。初期コストはかからず、月ごとの販売ノルマや長期的なコミットメントもありません。
  • エンドユーザー様に最新かつ高機能のマイクロソフト プラットフォームを提供していただけます。マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) から無償で製品のダウンロードができます。
  • リセラーを追加することでソフトウェア サービスを提供する中小規模組織へのビジネスの拡大します。
  • Microsoft Azure を含む、アプリケーション ソリューションのホスティングに重点を置いたオプションや、データセンター プロバイダーから infrastructure as a service (IaaS) を取得するオプションを利用することができます。
  • サーバーにインストールするマイクロソフト製品の日々の管理や操作を、アウトソーシング企業に委託することができます。委託されたアウトソーシング企業は、データ センターの管理、テスト、保守サポート サービスを実施できます。
  • エンドユーザー様にサービスとして提供する前にプロバイダー様内部で製品のテストと評価をすることができます。
  • サービス プロバイダー様が管理および制御しているサーバーにマイクロソフト製品をインストールして、エンド ユーザー様の施設内に設置できます。
  • サービス/製品のデモを目的として、最大 で 50 人分のマイクロソフト ソフトウェアの有効なユーザー ID をご使用いただけます。また、60 日間の試用期間中、エンドユーザー様に製品を無償で提供していただけます。
  • 1 つの契約に関連会社を含めることができます。
  • SPLA を通じて教育機関のエンドユーザー様向けに特別価格でソリューションを提供し、ビジネスを拡大していただけます。
  • Microsoft Business and Services Agreement (MBSA) を締結し簡単にライセンスを取得することがでます。MBSA を締結後は、3 年毎に SPLA に署名します。また、プレミア サポートやプロフェッショナル サポートを簡単に取得することができます。