Microsoft Azure 製品およびサービスの詳細、お客様の導入事例については、Azure Web サイトをご覧ください。
 

Azure の購入方法

お客様の組織に最適な購入オプションをお選びください。いくつかのオプションを同時にご利用いただくこともできます。

 

Azure の購入方法の詳細については、Azure の購入の FAQ をご覧ください。

Azure のライセンスに関してよく寄せられるご質問


Azure Hybrid Benefit を利用すると、Windows Server ライセンスの価値が更に高まります。また、仮想マシンにかかるコストを最大 40% * 削減できます。この特典は、ソフトウェア アシュアランス対象の Windows Server Datacenter および Standard エディションのライセンス、または Windows Server サブスクリプションでご利用いただけます。エディションに応じてライセンスを変換または再利用し、Windows Server 仮想マシンを Azure で実行すると、低価格の基本コンピューティング料金 (Linux 仮想マシンの料金) で使用できます。詳細は Azure Hybrid 特典 をご覧ください。

 

* 実際に節約可能な料金は、リージョン、インスタンス タイプ、使用方法によって異なります。

Azure Reserved Virtual Machine (VM) Instances は、1 年または 3 年の期間にわたって Azure で VM を予約できる新しいサービスです。VM を低コストで簡単かつ柔軟に購入することができます。

  • 1 年間または 3 年間の Windows および Linux 仮想マシン (VM) を使用すると、コストを大幅に (従量課金制の料金に比べ最大 72%) 削減できます。Azure Reserved VM Instances によるコスト削減に、Azure ハイブリッド特典の価値を加えると、最大 80% * のコストを削減できます。
  • Azure 予約インスタンスと従量課金制の料金とを組み合わせて、予測可能なワークロードや変動しやすいワークロード全体のコストを管理することで、総保有コストを削減できます。多くの場合、予約インスタンス サイズの柔軟性でコストをさらに削減することができます。
  • さらに、一括前払いの購入で予算と予測を改善できるため、投資額を容易に計算できるようになります。

詳細については、Azure Reserved Virtual Machine Instances をご覧ください。

 

* 80% のコスト削減は、Windows Server と 3 年間の Azure Reserved VM Instances を併用した場合です。ソフトウェア アシュアランスの費用は含まれません。2 台の D2V3 Windows Server VM の年間コストを比較した例です。米国西部 2 リージョンで 2 台の D2V3 VM を 12 か月間、1 か月あたり 744 時間実行するシナリオで、米国西部 2 リージョンの SUSE Linux Enterprise Basic の基本的なコンピューティング料金を適用して算出しています。2018 年 4 月 24 日時点の価格に基づきます。価格は変更されることがあります。実際の削減幅は、リージョン、インスタンスの種類、使用状況によって異なります。

Microsoft Azure サービスの料金は、Azure 料金計算ツールでご確認いただけます。なお、計算ツールに表示される料金には、マイクロソフトや販売代理店が設定する割引は反映されません。

Microsoft Azure サブスクリプションには、アカウント管理と請求のサポートが含まれています。Azure ワークロードに関する追加のテクニカル サポートもさまざまなプランで提供されています。詳しい情報につきましては、Azure Web サイトをご覧ください。

はい。ソフトウェア アシュアランス (SA) をお持ちの場合は、ライセンス モビリティまたは Azure Hybrid の特典を使用して、サポートされているすべての仮想マシン サーバー製品に対して "独自のライセンスを取得" できます。ライセンス モビリティは、Windows Server には適用されません。Azure Hybrid の特典は、Windows Server と SQL Server にのみ適用されます。

はい。Azure プラットフォームにはセキュリティとプライバシーの機能が組み込まれています。マイクロソフトは、あらゆるクラウド サービス プロバイダーの中で最も包括的にコンプライアンス対応サービスを取り揃え、最高レベルの信頼性、透明性、標準への適合性、法令遵守を実現するよう取り組みを行っています。詳細はこちらをご覧ください。