メイン コンテンツへスキップ
Evaluation Center

Windows Server 2019

概要

Windows Server 2019 の試用版エクスペリエンスに加えて、Server Core のための新しいオンデマンド機能 "アプリ互換性 FOD" をダウンロードできます。この FOD には "デスクトップ エクスペリエンス" からの追加機能が含まれており、トラブルシューティングやデバッグに使用されるアプリケーションやツールが Server Core で動作できる可能性が向上します。Windows のオンデマンド機能は、展開前にイメージに追加することも稼働中のコンピューターに追加することもでき、これには DISM コマンドを使用します。

Server Core アプリ互換性 FOD の詳細情報をご覧ください。この FOD はこちらからダウンロードできます

FOD 全般について、および DISM コマンドの詳細については、DISM 機能パッケージ サービシングの説明をご覧ください。

無料で使用開始

説明

Windows Server 2019 はオンプレミス環境と Azure のサービスとの橋渡しをするオペレーティング システムです。既存の投資を最大限に活用するハイブリッド シナリオを実現します。セキュリティを強化してビジネス リスクを縮小するために、複数の保護レイヤーがオペレーティング システムに組み込まれています。ハイパーコンバージド インフラストラクチャでデータセンター インフラストラクチャを進化させ、より高い効率性とスケーリングを実現します。Windows Server 2019 では、コンテナーやマイクロサービスを使用してクラウド ネイティブのアプリを作成することや従来型のアプリをモダン化することもできます。詳細については、Windows Server の Web サイトをご覧ください。

ISO のダウンロードに加えて、Windows Server を Azure で実行するという方法もあります。Azure は、事前ビルド済みイメージを使用して Windows Server 2019 を試すのに便利です。

エディションとインストール オプションを選択:

フル ISO をダウンロードする場合は、エディションとインストール オプションを選択する必要があります。この ISO 評価版は、Datacenter エディションと Standard エディションを対象としています。Datacenter エディションは最も完全なエディションであり、無制限のサーバー仮想化に加えてデータセンターに特化した新機能 (シールドされた仮想マシン、記憶域スペース ダイレクト、ソフトウェアによるネットワーク制御) が含まれています。

インストール オプション:

  • Server Core:  これは推奨されるインストール オプションです。インストールのサイズが小さく、Windows Server のコア コンポーネントが含まれ、すべてのサーバー ロールをサポートしますが、ローカル GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイス) は含まれません。この用途は "ヘッドレス" 展開、つまり Windows Admin Center や PowerShell、またはその他のサーバー管理ツールを使用してリモートで管理する展開です。
  • サーバーとデスクトップ エクスペリエンス: これは完全なインストールであり、このオプションを選択すると完全な GUI を利用できます。

評価を始める前に、「Windows Server 2019 の新機能」を必ずご確認ください。

評価を終えるときに、評価版を製品版に変換することができます。また、こちらの技術ドキュメントで、その他の既存サーバーを Windows Server 2022 にアップグレードまたは移行する方法もご覧ください。

言語:

  • イタリア語、英語、簡体中国語、スペイン語、ドイツ語、日本語、フランス語、ロシア語

評価方法の選択肢:

  • Windows Server 2019 (Microsoft Azure 上)
  • Windows Server 2019 | 64 ビット ISO
  • Windows Server 2019 | 64 ビット VHD

           

前提条件

  1. Windows Server 2019 のリリース ノートシステム要件を確認します。
  2. 登録してから、ダウンロードしてインストールします。(注: この評価用エディションの有効期間は 180 日間です。)
  3. 評価の方法を案内するリソースを記載したメールを受け取ります。


インストールのガイドライン

インストール後に、最新のサービシング パッケージをインストールしてください。

  • ブラウザーで Microsoft Update カタログにアクセスして "Windows Server 2019" を検索します。
  • 評価用バージョンの Windows Server については、最初の 10 日後にインターネットでライセンス認証を行う必要があります。これは、自動シャットダウンを防ぐためです。      

 

リソース

サポートする製品 

  • Windows Server は、ワーク グループからデータセンターまで、アプリケーション、ネットワーク、Web サービスが接続されたインフラストラクチャを構築するためのプラットフォームです。オンプレミス環境と Azure の橋渡しとなり、セキュリティの層をさらに追加するとともに、アプリケーションとインフラストラクチャのモダン化を支援します。

    Windows Server の使用を開始する: 2022 | 2019 | 2016 | 2012 R2

  • Windows Server Essentials エディションはクラウド接続型のファースト サーバーであり、ユーザー数 25 人、デバイス数 50 台までの小規模企業向けに設計されています。バージョンを問わず、Windows Server Essentials のインストールを検討している場合は Microsoft 365 を検討することをおすすめします。

     Windows Server Essentials の使用を開始する: 2019 | 2016 | 2012 R2 

     詳細情報: 一般法人向け Microsoft 365

  • Hyper-V Server はシンプルで信頼性の高い仮想化ソリューションであり、組織のサーバー使用率の向上とコスト削減に役立ちます。Hyper-V Server の最新リリースでは、ミッション クリティカルなワークロードに必要な規模とパフォーマンスの実現に役立つ機能が追加または強化されています。   

    Hyper-V Server の使用を開始する: 2019 | 2016 | 2012 R2 | 2012

  • Windows Admin Center は、ローカルにデプロイするブラウザー ベースのアプリです。Windows サーバー、クラスター、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ、Windows 10 PC の管理を行うことができます。サーバー インフラストラクチャのあらゆる面を完全にコントロールできる Windows Admin Center は、インターネットに接続されていないプライベート ネットワーク上のサーバーを管理するのに特に便利です。 

    使用を開始する: Windows Admin Center