ソフトウェア アシュアランスの自宅使用プログラム

自宅使用プログラム (HUP) を利用すると、従業員は Microsoft Office の最新バージョンを低価格でダウンロードし、自宅のデバイスで使用することができます。職場と自宅で同じソフトウェアを使用することで、生産性の向上と効率化につながります。

自宅使用プログラムを有効化する

自宅使用プログラムは、次のような簡単な手続きで従業員が利用できるようになります。

  1. ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) で自宅使用プログラムを有効化します。マイクロソフト製品/サービス契約 (MPSA) をご利用のお客様は、Microsoft Business Center にサインインしてください。
  2. 企業の電子メール ドメインを指定します。このドメインは、従業員の資格情報を確認する際に使用されます。
  3. 従業員に対し、勤務先の有効な電子メール アドレスを使用すれば自宅使用プログラムの Web サイトから低価格で Office を購入できることを通知します。

自宅使用プログラムの特典を管理する

従業員が自宅使用プログラムの Web サイトから自宅使用プログラムのソフトウェア ライセンスを購入するには、勤務先のソフトウェア アシュアランス特典管理者が承認したドメインを持つ有効な電子メール アドレスを使用する必要があります。自宅使用プログラム特典の利用と管理の詳細については、自宅使用プログラムのリソースおよびマーケティング ポータル (英語) をご覧ください。特典の概要やさまざまなコンテンツをご用意しています。

自宅使用プログラムについて説明する

自宅使用プログラムのリソースおよびマーケティング ポータル (英語) に従業員への案内用コンテンツを用意しています。自宅使用プログラムのメリットについて従業員に説明する際は、ダウンロードしてご利用ください。

組織全体で一括購入する

組織全体で自宅使用プログラムを導入する場合は、自宅使用プログラムの一括購入用 Web サイトでライセンスを一括購入できます。

自宅使用プログラムの使用状況をチェックする

自宅使用プログラムの使用状況レポートにより、次のことが可能です。

  • 自宅使用プログラムを通じて、組織全体がダウンロードしたライセンスの総件数が記載されたレポートを生成できます。
  • 自宅使用プログラムを使用している従業員を確認できます。
  • 従業員の自宅使用プログラムの使用の奨励と Office スキルの向上促進に利用できます。

詳細については、VLSC 自宅使用プログラム利用状況レポート (PDF、1.14 MB) を確認してください。

Placeholder

関連リソース