概要

 

ライセンス モビリティの目的:

  • サーバー アプリケーションのライセンスをオンプレミスまたはクラウドに展開してその価値をさらに広げることができます。
  • 業務の優先順位の変化に対応したコンピューティング インフラストラクチャを低価格で利用できます。
ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティにより、お客様のボリューム ライセンス契約に基づいて購入された特定のサーバー アプリケーション ライセンスを認定モビリティ パートナーのデータセンター内に導入することができます。
 
詳細については、お客様のステップをご覧ください。
 
パートナー様は、こちらのページの Microsoft Services Provider License Agreement で詳細をご確認ください。
 

使用前のご注意:

導入の価値を引き出す

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティでは、クラウド環境での使用拡大により、ソフトウェア アシュアランスを保有するライセンスの価値が向上します。また、認定モビリティ パートナーの共用インフラストラクチャを利用する事により、お客様の運用コスト削減にもつながります。

 

柔軟性の高い導入オプション

 
「ライセンス モビリティ」をクラウドに広げることにより、ソフトウェア アシュアランスでオンプレミス展開するか、認定モビリティ パートナーの IaaS (Infrastructure as a Service) 製品を利用するかを選択できるようになります。インスタンスは共用ハードウェアで実行しますが、アプリケーションはお客様の組織専用となります。
 

アプリケーション サーバーの対象範囲

 
ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの対象アプリケーション サーバー製品には、Microsoft Exchange Server、Microsoft SharePoint Server、Microsoft SQL Server などがあり、マイクロソフト製品条項に規定されています。(注: コア単位のライセンスとソフトウェア アシュアランスを保有する SQL Server のお客様向けに、Azure ハイブリッド特典で幅広い特典を提供しています。詳細については、Azure ハイブリッド特典 を参照してください。下の手順は Azure ハイブリッド特典の使用には該当しません)。Windows Server はソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの対象外であり、お客様が選択した認定モビリティ パートナーによって提供されます。
 

使用時の注意:

認定モビリティ パートナーと協力して導入

 
ライセンス モビリティを活用するために、Microsoft Azure 上に展開するか、認定モビリティ パートナーと協力することができます。プロバイダーは、お客様によって割り当てられたライセンスの承認、および必要に応じてお客様の選択したホスト型展開ソリューションへの導入を行うために、現行の Microsoft Services Provider License Agreement の取得が必要です。
 

ライセンス確認フォームの提出

 
展開から 10 日以内に、ボリューム ライセンス ドキュメント検索サイト上のライセンス確認フォーム (WORD、93.6 KB) にご記入いただき、マイクロソフト担当者もしくはリセール パートナー経由でマイクロソフトにフォームを提出してください。提出いただいた後、マイクロソフトはお客様が資格要件を満たしているかを確認し、お客様と認定モビリティ パートナーに確認状況を通知します。
 

その他のリソース:
 

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの概要 (PDF、734 KB)
 
ソフトウェア アシュアランスのよく寄せられるご質問

サーバー アプリケーションのライセンスをオンプレミスまたはクラウドに展開してその価値をさらに広げることができます。業務の優先順位の変化に対応したコンピューティング インフラストラクチャを低価格で利用できます。

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティを利用するメリットと方法については、概要ドキュメントを参照してください。

ライセンス モビリティの目的

導入の価値を引き出す

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティでは、クラウド環境での使用拡大により、ソフトウェア アシュアランスを保有するライセンスの価値が向上します。また、認定モビリティ パートナーの共用インフラストラクチャを利用する事により、お客様の運用コスト削減にもつながります。

柔軟性の高い導入オプション

「ライセンス モビリティ」をクラウドに広げることにより、ソフトウェア アシュアランスでオンプレミス展開するか、認定モビリティ パートナーの IaaS (Infrastructure as a Service) 製品を利用するかを選択できるようになります。インスタンスは共用ハードウェアで実行しますが、アプリケーションはお客様の組織専用となります。

ライセンス モビリティの代わりに、同様のクラウド導入オプションとして Flexible Virtualization 特典を利用することもできます。詳細については、Flexible Virtualization 特典ガイドを参照してください。

 

アプリケーション サーバーの対象範囲

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの対象アプリケーション サーバー製品には、Microsoft Exchange Server、Microsoft SharePoint Server、Microsoft SQL Server などがあり、マイクロソフト製品条項に規定されています。

  • コア単位のライセンスとソフトウェア アシュアランスを保有する SQL Server のお客様向けに、Azure ハイブリッド特典で幅広い特典を提供しています。詳細については、Azure ハイブリッド特典 を参照してください。下の手順は Azure ハイブリッド特典の使用には該当しません
  • Windows Server はソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの対象外であり、お客様が選択した認定モビリティ パートナーによって提供されます。

 

お客様のステップ

1. ライセンスの評価

ライセンス調達チーム、マイクロソフト担当者またはリセラーと協力して、ライセンス状況について確認します。次のことを確認する必要があります。

  • 認定モビリティ パートナーと展開したいアプリケーション サーバー ライセンスが最新の製品条項 (PT) において、対象製品とされている。
  • 認定モビリティ パートナーと展開したいアプリケーション サーバー ライセンスの、有効なソフトウェア アシュアランスを取得している。

2. 認定モビリティ パートナーの選択

モビリティ ライセンスを Microsoft Azure 上に展開するか、認定モビリティ パートナー (英語) (PDF、489 KB) をダウンロードして、認定ライセンス モビリティ パートナーを選択できます。パートナーがお客様組織の目的や展開計画とマッチしているか、必ずご確認ください。

3. パートナーとの展開

有効なライセンスは認定モビリティ パートナーの共用データセンターに展開できます。選択したパートナーにお客様の既存ライセンスを割り当てることにより、クラウド インフラストラクチャのコストを削減することができます。ライセンス モビリティを活用するために、Microsoft Azure 上に展開するか、認定モビリティ パートナーと協力することができます。プロバイダーは、お客様によって割り当てられたライセンスの承認、および必要に応じてお客様の選択したホスト型展開ソリューションへの導入を行うために、現行の Microsoft Services Provider License Agreement の取得が必要です。

パートナー様に認定モビリティパートナーになるための手順をご確認いただけます。詳細について、Microsoft Services Provider License Agreement をご覧ください。

4. ライセンスの検証

展開から 10 日以内に、ボリューム ライセンス ドキュメント検索サイト (Licensing Document Search タイルの中の Document Name リストをスクロールして "Microsoft License Mobility through SA License Verification Form" を選択してください) のライセンス確認フォーム (WORD、93.6 KB) にご記入いただき、マイクロソフト担当者もしくはリセール パートナー経由でマイクロソフトにフォームを提出してください。マイクロソフトは提出されたフォームで、お客様がクラウドに展開したワークロードのライセンスが、ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティ条項を満たしていることを確認し、お客様と認定モビリティ パートナーに通知します。

ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの使用に関する詳細は、リソース ページをご参照ください。