専用ホスト クラウド サービスに関するマイクロソフト ライセンス条項の改定

2019 年 8 月 1 日

2019 年 10 月 1 日、マイクロソフトは、アウトソーシング権と専用ホスト クラウド サービスに関するライセンス条項を改定します。この改定は、2019 年 10 月 1 日より前に購入済みのライセンスに基づく既存バージョンのソフトウェアの使用には影響しません。

現時点のマイクロソフトのアウトソーシング条項では、オンプレミスのお客様は、従来のアウトソーシング企業からリースし、その企業によって管理されているハードウェアにマイクロソフト ソフトウェアを展開することができます。専用ホスト クラウド サービスの登場に伴い、従来のアウトソーシング サービスとクラウド サービスの線引きがあいまいなものとなり、クラウド サービスでオンプレミスのライセンスが使用されるようになりました。主なパブリック クラウド プロバイダーが提供する専用ホスト クラウド サービスは通常、マルチテナント クラウド サービスと同じくグローバルかつ柔軟な規模で提供され、オンデマンドのプロビジョニングが可能で、従量課金モデルが採用されています。

こうした状況を受け、マイクロソフトはオンプレミス ライセンスのアウトソーシング条項を改定することにしました。改定によって、オンプレミス/従来のアウトソーシング サービスとクラウド サービスの区別を明確にし、マルチテナント クラウド サービスと専用ホスト クラウド サービス間のライセンス条項の一貫性を高めることが目的です。2019 年 10 月 1 日より、ソフトウェア アシュアランスとライセンス モビリティ権が付属しない状態で購入したオンプレミス ライセンスは、パブリック クラウド プロバイダーが提供する専用ホスト クラウド サービスに展開できなくなります。ここで言うパブリック クラウド プロバイダーとは、マイクロソフト、Alibaba、Amazon (VMware Cloud on AWS を含む)、Google のことであり、総称して「Listed Provider」と呼びます。

今回の改定はそれ以外のプロバイダーには適用されません。また、Services Provider License Agreement (SPLA) プログラムまたはソフトウェア アシュアランスのライセンス モビリティ特典については、専用ホスト クラウド サービスに適用する場合を除き、変更はありません。

 

最新のアウトソーシング ライセンス条項

最新のアウトソーシング ライセンス条項

マイクロソフト製品のライセンス オプション

マイクロソフトは、あらゆる環境のお客様にマイクロソフト ソフトウェアをご利用いただけるよう取り組んでいます。2019 年 10 月 1 日より、お客様は以下のオプションを通じて、Listed Provider の専用ホスト クラウド サービス上のマイクロソフト製品にライセンスを取得することができます。

よく寄せられる質問

Q: このライセンス改定の対象となるのは、どの製品ですか。

A: 2019 年 10 月 1 日時点でマイクロソフト ボリューム ライセンスを通じて入手可能なすべてのオンプレミス ソフトウェアが対象となります。

Q: Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスの例を教えてください。

A: たとえば、Azure Dedicated Host、Amazon EC2 Dedicated Host、VMware Cloud on Amazon Web Services (AWS)、Google のシングル テナント ノードなどです。さらに、これらの Listed Provider のソリューションも含まれます。

Q: 現在、ある Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスでサーバー ワークロードを実行していますが、改定によってどのような影響がありますか。

A: アウトソーシング関連の改定は、Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスに既存のライセンスを展開するお客様自身の権利には影響しません。お客様は引き続き、Listed Provider から提供される専用サーバーで既存のライセンスに基づいてソフトウェアを展開し、使用できます。ただし、2019 年 10 月 1 日以降に取得したライセンスでは、ワークロードを追加することはできなくなります。2019 年 10 月 1 日以降は、Listed Provider から直接クラウド サービスを購入することで製品を使用できます。あるいは、ソフトウェア アシュアランス付きのライセンスを所有している場合、そのライセンスはライセンス モビリティまたは Azure ハイブリッド特典の権利に基づいて、Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスで使用できます。

Q: 現在、ある Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスを使用しており、拡大するワークロードに対処するために 10 月までにマイクロソフト ソフトウェアのライセンス数を増やす必要があります。この場合はどうなりますか。

A: 今回の改定は、2019 年 10 月 1 日より前に購入したライセンスには適用されません。このシナリオのサポートは、日ごろお取引のあるマイクロソフト パートナー様またはマイクロソフト アカウント チームにご依頼ください。不明な点は、お客様のマイクロソフト担当者にお問い合わせください。

Q: 2019 年 10 月 1 日以降にソフトウェア アシュアランスを更新または新しいバージョンにアップグレードする場合はどうなりますか。

A: ソフトウェア アシュアランスの更新は、既存バージョンの製品の永続的な使用権には影響しません。2019 年 10 月 1 日以降にリリースされる新バージョンの製品にアップグレードする場合、その製品は新しいアウトソーシング条項に基づいて展開する必要があります。

Q: Listed Provider 以外のクラウド プロバイダーを利用している場合はどうなりますか。

A: 今回の改定は、Listed Provider のデータセンター以外でのライセンスの展開と使用には適用されません。

Q: 今回の改定は専用ホスト クラウド サービスのサード パーティ製品に適用されますか。

A: はい、Listed Provider が提供する専用ホスト クラウド サービスのマイクロソフト製品とサード パーティ製品の両方に適用されます。

Q: 今回の改定は、Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスに展開している Windows Enterprise ライセンスにどのように適用されますか。

A: 現行のソフトウェア アシュアランスの範囲またはユーザー サブスクリプション ライセンスに基づいて、引き続き Windows Enterprise を使用できます。ただし、更新時に、Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスに Windows Enterprise を展開するには、VDA E3/E5 (ユーザー単位) が必要になります。例外として、2019 年 10 月 1 日から 2020 年 10 月 1 日までに Windows Enterprise SA または E3/E5 サブスクリプションを更新するお客様は、2020 年 10 月 1 日まで、既存の Windows Enterprise ワークロードを Listed Provider の専用ホスト クラウド サービスから移行する猶予が認められます。

Q: Azure ハイブリッド特典は、Azure Dedicated Host の Windows Server または SQL Server のライセンスに対してどのように利用できますか。

A: ソフトウェア アシュアランス付きの既存の Windows Server や SQL Server のライセンス、または条件を満たすサブスクリプション ライセンスを利用すると、Azure Dedicated Host で Azure ハイブリッド特典の割引料金が適用されます。Windows Server Datacenter エディションと SQL Server Enterprise エディションのお客様は、ホスト全体のライセンスを取得して Azure ハイブリッド特典を使用すると、無制限の仮想化を実現 (基盤となるサーバーの物理容量に応じて可能な限り多くの Windows Server 仮想マシンをホストに展開) できます。また、Azure Dedicated Host の Windows Server と SQL Server のすべてのワークロードは、Windows Server と SQL Server 2008/2008 R2 の無料の延長セキュリティ更新プログラムの対象となります。詳細はこちらをご覧ください

その他のよく寄せられる質問は、こちらで確認できます。

※本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。