IT のコストを削減し、セキュリティを強化し、従業員の生産性を向上させる

今日は、IT のコスト削減、セキュリティ強化、従業員の生産性向上に向けて強化された、新しい Microsoft 365 の機能をいくつか発表します。

こちらに概要をまとめました。

  • Windows Virtual Desktop のパブリック プレビューを実施中です。最高の仮想化 Microsoft 365 を、さまざまなデバイスで体験できます。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) が Mac をサポートするようになりました。さまざまなプラットフォームで Microsoft 365 の高度なエンドポイント セキュリティを強化します。
  • 新しい Microsoft Threat and Vulnerability Management (TVM) 機能。Microsoft Defender ATP で提供され、あらゆるエンドポイントで脅威の検知、評価、優先順位付けを行います。
  • Office 365 ProPlus に Microsoft Teams アプリが加わります。これにより、仕事のスタイルを一変させることができます。
  • Windows 10 機能更新プログラムの適用にかかる時間を短縮します。これにより、Windows 10 のデプロイとサービスが簡単になります。
  • Configuration Manager と Microsoft Intune を強化しました。新しい分析情報と展開オプションが加わり、あらゆるプラットフォームでのデバイス管理が簡単になります。
  • Microsoft 365 管理センターの一般提供が開始されました

Windows Virtual Desktop が Azure で Windows 10 と Office 365 を仮想化 — パブリック プレビュー開始

本日、Windows Virtual Desktopパブリック プレビューを発表します。Windows Virtual Desktop は、シンプルな管理、マルチセッションの Windows 10、Office 365 ProPlus の最適化、そしてリモート デスクトップ サービス (RDS) 環境を共有パブリック クラウドで提供する、唯一のサービスです。Windows Virtual Desktop を使えば、組み込みのセキュリティで安全を確保し、コンプライアンスに対応しながら、お使いの Windows デスクトップやアプリを Azure で数分のうちにデプロイおよびスケーリングできます。

Windows Virtual Desktop またはパブリック プレビューのご利用方法の詳細については、発表全文を読みいただき、新しい Mechanics ビデオをご覧ください。

Microsoft Defender ATP でリスクに対処し、Microsoft 365 デバイスとエンドポイントを保護 — パブリック プレビュー開始

本日より、Microsoft Defender 脅威対策プラットフォームのサポートを Mac に拡大します。また、Windows エコシステムを超えたサポートの拡張に伴い、プラットフォームを Windows Defender Advanced Threat Protection (ATP) から Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) に改称します。Microsoft Defender ATP をご利用のお客様は、本日よりパブリック プレビューにお申し込みいただけます。詳細については、技術コミュニティ ブログをご覧ください。

また、Microsoft Defender ATP の新しい機能、Threat and Vulnerability Management (TVM) についても発表します。これは、脅威をもたらす人物が悪用できるような既知の脆弱性や構成ミスを、セキュリティ チームが発見、優先順位付け、修復できるように設計されています。TVM を使用することで、脅威と脆弱性のリスク レベルの評価や、Microsoft Defender ATP からの信号に基づく修復の優先順位付けが可能となります。TVM は、来月中にも Microsoft Defender ATP をご利用のお客様にパブリック プレビューとして提供します。詳細情報は、技術コミュニティ ブログをご覧ください。

本日のセキュリティに関する発表は、Microsoft 365 エンドポイント セキュリティの取り組みにおける重要なマイルストーンです。詳細については、Microsoft セキュリティ ブログの Rob Lefferts の記事をご確認ください。

Office 365 ProPlus と Teams を使った新しい仕事のスタイル — 3 月提供開始

3 月以降、Office 365 ProPlus をインストールすると Teams アプリが既定で含まれるようになります。「チームワークのハブ」として、Teams は、チャット、ビデオ、ファイル、会議、そして通話の操作を 1 か所に統合します。

さらに、ProPlus の既定インストールが 64 ビット版となったことで信頼性が向上し、新しい Windows PC ハードウェアを効率的に使用できるようになりました。以前の 32 ビット版をご利用の場合、近日提供のインプレース アップグレードで Office 365 ProPlus 32 ビット版から 64 ビット版にアップグレードされるのに伴い、アンインストールと再インストールを行うことなく Office アプリがアップグレードされます。

Windows 10 機能の更新プログラム適用にかかる時間を短縮 — バージョン 1709 以降で対応

Microsoft は、Windows Update プロセスに対して重要な変更を実施しました。Windows 10 バージョン 1709 以降、デバイスの更新が最大 63% 速くなります。さらに、Windows 10 バージョン 1703 では、オペレーティング システムおよびドライバーの安定性の問題が 20% 低減しています。

Configuration Manager と Intune を使った管理を、よりシンプルに、より新しく

Configuration Manager の現在のブランチは、管理分析情報に対してリアルタイムにクエリを行い更新するための CMPivot を提供します。これは、共同管理の準備を整えるのに役立ちます。また、段階的な展開や OneDrive への既知のフォルダー マッピングの構成など、新しい展開オプションを利用できるようになりました。

モバイル デバイス管理 (MDM) のセキュリティ ベースラインは、現在 Intune でプレビューを利用できます。このベースラインは、セキュリティ体制を強化し、業務効率を高め、コストを削減する Microsoft 推奨の構成設定を集めたものです。また、さまざまなデバイスやプラットフォームでの統合されたエンドポイント管理を行うための、新しい Intune の機能についても発表します。

統合されたエンドポイント管理に対する Microsoft の幅広い資産の詳細については、Microsoft Intune と Configuration Manager の新機能をご確認ください。

新しい管理センターで Microsoft 365 を管理 — 提供開始

さらに発表があります。プレビューとして提供されていた新しい Microsoft 365 管理センターを、すべての Microsoft 365 および Office 365 管理者に既定でご利用いただけることになりました。Microsoft 365 サービスを管理する際は、Admin.microsoft.com が唯一のエントリ ポイントとなり、ここにはガイド付きセットアップ操作、改善されたグループ管理、管理者のための Multi-Factor Authentication (MFA) などが含まれます。

この新しいリリースの詳細については、Microsoft 365 技術コミュニティ ブログで詳細記事をご確認ください。

詳細は Microsoft Ignite :アムステルダム ツアーにて

これらの発表内容については、今週の Microsoft Ignite: アムステルダム ツアーでさらに詳しくお伝えします。私も、「Windows 10 と Office 365 ProPlus で IT をもっとシンプルに」の共同プレゼンターとして、Jeremy Chapman とのセッションに登壇します。 チームワーク、モダン デスクトップ、セキュリティについてのセッションでは、私の同僚たちからのさまざまな情報を得る機会があります。では、そのときにお目にかかりましょう!

編集者より 2019/3/21:
ブログ記事は、Configuration Manager の現在のブランチについての情報を訂正するために更新されました。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。