Microsoft 365 で製造におけるスキルのギャップを埋める

製造業は、インダストリー 4.0 として知られる新しいデジタル産業テクノロジの高まりによって、変わりつつあります。新しいテクノロジは、生産のあらゆる段階を変え、生産性を向上させ、運用を最適化し、新たな成長分野を導き出します。製造業者が、このようなテクノロジが引き出す価値を活用するには、従業員が適正なスキルと適正なツールを持っている必要があります。

これは、組織の Firstline Workforce に特に当てはまることです。製造業における Firstline Worker とは、製品や材料を納入し、製品の品質を高め、大切な設備を動かし続ける従業員たちのことです。製造業者がデジタル トランスフォーメーションを推進できるように、Microsoft は Firstline Worker が Microsoft 365 を使ってより効率的に学び、コミュニケーションを行い、共同作業を行うための新しい方法を実現します。

Firstline Workforce のスキルと能力を向上させる

インダストリー 4.0 の高まりに伴い、製造業者は、役割、スキル、ツールについて再考し、組織内の仕事を変えていく必要に迫られています。つまり、デジタル スキルやソフト スキルをもたらし、作業者たちが最新ツールを活用できるようにし、イマーシブな操作性でテクノロジの境界をあいまいにする、ということです。デジタル化が進み、より複雑さを増す状況の中、従業員に必要なスキルは急速に進化し、ついていくのがますます難しくなっています。

Microsoft 365 は、Firstline Worker の学習、コミュニケーション、共同作業を可能にする、次のようなソリューションを提供します。

  • Microsoft TeamsSharePoint Online を使うことで、製造業者はトレーニングを安全に一元管理し、オンボーディングやトレーニングの資料を簡単に配布し、組織のあらゆるレベルをつないで成功事例を発見し、共有することができます。

  • Microsoft Stream を使うことで、組織は動的かつロール ベースのコンテンツやビデオを提供し、トレーニング プログラムへの参加率や維持率を高め、ピアツーピアの情報共有をサポートすることができます。

作業者がデジタル化された製造環境で作業を遂行できる能力を身に着けることができるよう、Teams は、技術部門から製造現場までが、コミュニケーション、共同作業、製造の調整を行うことができる、チームワーク用の 1 つのハブを提供します。

  • 今年の初めに、Microsoft は、緊急メッセージ、位置情報の共有、画像注釈など、より安全で、より効率的なワークプレイスを作り上げるために組織が使うことのできる新しい機能を発表しました。たとえばこれらの機能は、こぼれてしまった危険物を作業者が確認、連絡し、その位置を共有して、作業の中断を減らす際に役立ちます。

Teams の緊急メッセージ、位置情報の共有、および画像注釈を表示している 3 つのスマートフォンの画像。

  • さらに、Microsoft Teams は拡張可能であり、企業は Microsoft FlowPowerApps を使用してビジネス プロセスを一変させることができます。これらのサービスは、品質保証、データ キャプチャ、在庫管理における文書化など、日々の活動のデジタル化を促進することで、コストや無駄な稼働時間を削減して Firstline Worker がさらに価値ある活動に集中できるようにします。

インダストリー 4.0 は製造業界の形を変えつつありますが、作業者の学習、コミュニケーション、共同作業を支援する新しい方法の発見が最も重要であることに変わりはありません。Microsoft は、ハードウェア設計のブレイクスルー、人工知能 (AI) エクスペリエンス、HoloLens 2 を使用した複合現実、Dynamics 365 や産業パートナーとの法人向けソリューションを通して、これらの課題に取り組んでいます。

  • Dynamics 365 Remote Assist を使用すると、技術者は Microsoft Teams で離れた場所にいるエキスパートを呼び、複合現実注釈を使ったり、図や概略図を共有したりして修理内容を確認することで、問題解決までの時間を短縮できます。また、Dynamics 365 Guides を使えば、必要なツールや、それを実際の作業でどのように使うかを示すステップバイステップの手順を通して、従業員は新しいスキルを学習することができます。

お客様の成功を支援する

主要な製造業者は、あらゆるレベルの従業員が仕事への備えや能力を身に着けて仕事を遂行できるよう、Microsoft 365 を選択しています。

生産性向上や情報の流れを加速するために、Cummins は、それまで使っていた生産性向上および共同作業ツールから Microsoft 365 に変更して、スキルのギャップを減らし、新しい仕事文化を根付かせるための最新の知識管理と共同作業フレームワークを導入しました。

私たちの、最新かつ技術主導型のワークプレイスは、イノベーションに必要なツールを従業員に提供しています。これによって、新しいエネルギー製品やテクノロジ ソリューションを市場に送り出すことができるのです。これは、最高の人材を引き寄せるための重要な戦略でもあります。」
—Sherry Aaholm 氏 (VP and CIO for Cummins)

Goodyear は、Microsoft 365 の統合され、適応性のあるツールを使用して、イノベーションを加速し、社内で新しい機能が使えるようにしています。たとえば、Goodyear は、生産性を高め、適正な製品を適正な場所に適正なタイミングに提供するための効率性を生み出す Teams のようなツールを通して従業員をつなげています。

「共同作業の強化は、タイヤ事業においても、タイヤを超えた事業においても、私たちが決断をしたり、イノベーションを進めたりする際に非常に重要です。世代や文化を超えた世界中の従業員たちは、これまで以上に速く、簡単に、考え方やアイデアを共有しています。」
—Sherry Neubert 氏 (CIO for The Goodyear Tire & Rubber Company)

まだ始まったばかりですが、製造業者の皆様の変化を支援できることは大変光栄です。

Hannover Messe のお知らせと詳細

来週、Microsoft チームのメンバーが、年に 1 度の製造業界カンファレンス Hannover Messe に参加します。Microsoft スタンド C40 で、Microsoft がどのようにインテリジェントな製造を実現しているかをぜひご覧ください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。