インクルーシブで理想的なワークプレイスを共に構築する

今日は Global Accessibility Awareness Day です。さらにインクルーシブなワークプレイスを作るために、お客様やパートナーの皆さまが積み重ねてきた進歩を称賛し、そしてワークプレイスの一人ひとりを支援するために私たちがコミュニティとして何ができるかを考える 1 日です。

Microsoft のお客様は、Microsoft 365 に組み込まれたアクセシビリティを高めるためのテクノロジと、仕事に来るのが好きになるようなインクルーシブなカルチャの実践の両方を従業員の支援に活かしており、これは称賛されるべきことです。また、Microsoft も同様のインクルーシブなカルチャの構築に努めていることもあり、お客様と情報を交換し、お客様から学びを得ています。

ここイギリスでは、道のりの通過点として、最近、あるマイルストーンをお祝いしました。イギリス政府から障碍者支援リーダー企業として認められたのです。この賞は、多様性やインクルージョンに取り組み、またサプライヤーやベンダーにも同じ取り組みを奨励する組織に対して贈られるものです。Microsoft のチームは、Microsoft が世界規模で実施するインクルーシブ雇用プログラムを通した障碍を持つ方々の募集と採用、視覚障碍のある方のニーズを理解するためのマネージャー向けトレーニングの実施、障碍を持つ方が自分のスキルを最大限に発揮できるような柔軟な役割の評価、手話通訳者採用に向けたワークプレイスの調整、全従業員参加の障碍平等研修の確実な実施など、多様性のあるインクルーシブなカルチャを作り、維持するプロセスを導入するために、日夜取り組んできました。

今後の予定

Microsoft は、すべての人びとにとってアクセシビリティが高く、インクルーシブなワークプレイスにするという大きなビジョンを描き、会社およびコミュニティだからこそ実現できることに取り組んでいます。本日、PowerPoint のライブ キャプションと字幕の機能が導入され、近日中に世界中の Microsoft 365 および Office 365 のサブスクリプション ユーザーを対象に、Windows、Mac、Web で一般提供されることをお知らせします。また、Teams 会議のライブ キャプションや字幕の機能など、Microsoft 365 に組み込まれるその他の新しいインクルーシブ テクノロジのリリースも予定しています。

PowerPoint のライブ キャプションと字幕を使ったインクルーシブなプレゼンテーション—優れたプレゼンテーションは、ひらめきを与え、共通のゴールに向かって人びとをまとめることができます。音声は 12 か国語、画面上のキャプションまたは字幕は 60 か国語以上がサポートされ、聴覚に障碍をお持ちの方も、チームが 1 つにまとまる大切な瞬間に参加できるようになりました。さらに、海外や遠隔地からの共同作業者が増える中、発表者とは異なる言語を話す人や、騒がしい環境で聞いている人も、より簡単に参加できます。

革新的なテクノロジを提供することで、カナダの世界レベルの公共サービスの可能性が解き放たれます。そして、すべてのカナダ国民により良いサービスを届けることができるのです。」
障碍を持つ人の会議エクスペリエンスを一変させる—仕事の中で、会議がいかに重要な役割を果たすかを、Microsoft は理解しています。Teams 会議でもライブ キャプションと字幕が利用可能になることを、最近発表しました。これらの機能は、英語版プレビューとして公開予定であり、録画された Teams 会議および Stream、Teams、Yammer のライブ イベントですでに一般提供中のキャプションと字幕の機能を補うものです。マネージャーとの個人面談であっても、全員参加の全社会議であっても、聴覚に障碍を持つ方を含めて誰もがチームの一員として顔を合わせ、一体感を得ることができます。

Microsoft は、最新の標準技術に製品を準拠させるためだけではなく、障碍の有無を超えてすべてのユーザーを支援するために、新しい機能や機能強化を定期的にリリースしています。Microsoft のアクセシビリティ機能である Microsoft Sway でのこれらの機能について、一読することをおすすめします。

インクルーシブなワークプレイスを共に構築する

Microsoft のお客様の多くは、インクルーシブなワークプレイスのビジョンを現実のものとするために取り組み、それを実現するために Microsoft と提携しています。先月、カナダ連邦政府は、さらに近代的でアクセシビリティの高い公共サービスの実現に向けた取り組みの中で、Microsoft をパートナーとして選定しました。Carla Qualtrough 氏 (Minister of Public Services and Procurement and Accessibility) は、「すべての公務員に、アクセシビリティと信頼性の高い革新的なテクノロジを提供することで、世界レベルの公共サービスの力を発揮できるようになります。そして、すべてのカナダ国民により良いサービスを届けることができるのです」と話します。 Microsoft でも同じです。世界にあふれる多様性を代表することで初めて、最も革新的なテクノロジを構築し、お客様が必要とするサービスを提供することができます。

また、カナダの通信およびメディア企業最大手の Rogers Communications も、さらにインクルーシブなワークプレイスの実現という Microsoft のビジョンに共感しています。Rogers 社は、物理的なワークプレイスをさらに共同作業に適したインクルーシブなものへと転換することから、従業員が毎日使う Microsoft 365 アプリケーションに組み込まれたアクセシビリティを高めるテクノロジを利用することまで、あらゆることを実践しています。何よりも、Rogers 社とは、作業を通して共に助け合い、学び合っています。Microsoft のチームは、Rogers 社が取り組むインクルーシブなワークプレイスの構築について、どのようにすれば Microsoft のテクノロジがさらに効果的にサポートできるかを把握するため、Rogers 社と定期的に共同作業しています。また Rogers 社の Persons with Disability Diversity (障碍者多様性) グループと Microsoft は、インクルーシブな設計原則を Microsoft の製品やカルチャにどのように反映させるかについて、連携してその方法を探っています。本日公開されたブログ全文をお読みください。Rogers 社によるアクセシビリティが高くインクルーシブなカルチャの構築が、従業員、顧客、より広い範囲のコミュニティに対していかに恩恵をもたらしているかを紹介しています。

ぜひご参加ください

組織として、雇用者として、リーダーとして、フォロワーとして、Microsoft にはやるべき仕事がまだまだあります。アクセシビリティが高く、インクルーシブなワークプレイスの実現に向けた道のりへの皆様のご参加をお待ちしています。Microsoft のアプローチについての詳細は、Microsoft のアクセシビリティ サイトをご覧ください。Twitter の @MSFTEnable で、#LearningTogether や #GAAD を使って学びを共有したり、議論を続けたりすることができます。

本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。