Word、Excel、PowerPoint、Microsoft Defender、OneDrive、Outlook、Microsoft Teams、Clipchamp などの Microsoft 365 アプリ。
目標をより早く達成
Microsoft 365 で強力な生産性アプリやセキュリティ アプリを手に入れましょう。   

Microsoft 365 Personal

Microsoft Corporation

  • Windows PC、Mac、iPhone、iPad、Android スマートフォンおよびタブレットに対応*

  • 1 TB のクラウド ストレージ 

  • 1 ユーザー向け 

1 ユーザー用の 12 か月間サブスクリプション。強力な生産性およびセキュリティ アプリ、プレミアム機能、追加のクラウド ストレージ、高度なセキュリティが含まれています。 Microsoft 365 Personal には次が含まれています。
  • Windows PC、Mac、iPhone、iPad、Android スマートフォンおよびタブレットに対応。*
  • 同時に最大 5 台のデバイスで使用可能。
  • オフライン アクセスとプレミアム機能を備えた Word、Excel、PowerPoint。
  • データとデバイス用の Microsoft Defender** の高度なセキュリティ (一部の国/地域ではご利用いただけません。プラットフォームによって異なります)。***
  • ファイルや写真に対する OneDrive ランサムウェア防止機能。****
  • Microsoft Teams での終日ビデオ通話。
  • Clipchamp***** プレミアムなフィルターと効果を備えた動画エディター。
ご利用いただけるかどうかは、オペレーティング プラットフォームと市場によって異なります。 詳細は http://microsoft365.com/information をご覧ください。 *iOS および Android では、個別にアプリをインストールする必要があります。 **アプリは個別にダウンロードできます。 ***Microsoft Defender は一部の国/地域ではご利用いただけません。ご利用いただけるかどうかはプラットフォームによって異なります。アプリは個別にダウンロードできます。 https://support.microsoft.com/topic/microsoft-defender-is-not-currently-available-in-these-regions-b59f5e31-bc79-432c-95a4-9731a98f8950 を参照してください。 ****OneDrive のファイルは、悪意のある攻撃、ファイルの破損、または誤って削除や編集を行ってから最大 30 日間復元できます。 *****アプリは個別にダウンロードできます。Clipchamp のサービス利用規約およびプライバシー ポリシーに同意する必要があります。

2 人以上で使うなら M365 Family が M365 Personal よりお得です! 例えば 6 人で使えば、1 年間 1 人当たり 3,066 円でフル機能が使えます。
詳細を見る

¥12,984/年 (税込)

または

複数ユーザーでご利用ですか? 1~6 ユーザー用の Microsoft 365 Family をご購入ください。ユーザーあたり 1 TB のクラウド ストレージをご利用いただけます。  

1 か月間無料で試す
サブスクリプションは自動的に更新されます。 キャンセルはいつでもでき、それ以降は請求されません。****** 

おすすめ製品

Microsoft 365 なら、こんなに便利な機能が使える!

常に最新の Office アプリがPC、Mac、タブレット、スマホさまざまなデバイスで何台 でも使える。(Publisher、Access はWindows PC のみとなります)クラウド ストレージOneDrive が大容量 1 TB 使える。そして、Office、Windows のサポートがずっと無料で安心してお使いいただけます。、Microsoft 365 Family ならお子さまの安全を守る Microsoft ファミリー セーフティー付き。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • OneDrive

最低価格

¥1,284/月

1 ユーザー向け6 ユーザー向け

主要なメリット

Microsoft 365 は、アイデアをカタチにし、安全性を保ち、生活で大切なことに集中するのに役立つアプリケーションと機能を備えています。 

利用は 1 ユーザーのみ

さまざまなデバイスで作業可能

1 TB のクラウド ストレージ   

Windows、macOS、iOS、Android に対応*

プレミアムな価値を持つアプリ

必要なアプリケーションが見つからない場合 すべてのオプションを表示 >

メリットのまとめ 

個人ユーザーにおすすめ 

1 ユーザーに最適です。複数の Windows PC、Mac、iPhone、iPad、Android スマートフォンやタブレットで使用できます。 (iOS および Android では、個別にアプリをダウンロードする必要があります。)

強力な生産性アプリ 

Word、Excel、PowerPoint を使用して、リアルタイムで共同作業したり、オフラインで作業したりすることができます。 デザインや文章作成、話し方の提案を受けたり、テンプレート、ストック写真、アイコン、フォントなど、ロイヤリティフリーのさまざまなクリエイティブ コンテンツにアクセスできます。

1 TB のクラウド ストレージ 

組み込みのランサムウェア検出および回復機能により、複数のデバイスから OneDrive に写真やファイルを安全に保存できます。**** 重要なファイルは、ID の 2 段階認証が必要な個人用 Vault フォルダーに保存して保護できます。 

データおよびデバイスを保護 

Microsoft Defender のデータやデバイスに対する高度な保護により、オンライン セキュリティを簡単に管理し、オンラインの脅威に先んじることができます。*** (アプリは個別にダウンロードできます。)

広告なしのメール 

情報を保護するセキュリティ ツールを備えた Outlook で、メール、カレンダー、To-Do リスト、連絡先を利用できます。 (セキュリティ機能は、@outlook.com、@hotmail.com、@live.com、または @msn.com の電子メール アドレスを持つお客様に適用されます。)

スペル、文法、文章作成の高度な支援 

スペル、文法、スタイルを強化するのに役立つ Microsoft エディターの機能で、文書、メール、Web で自信を持って文章を書くことができます。

終日ビデオ通話 

Microsoft Teams を使うと、1 つのアプリで、仲間と一緒に終日ビデオ通話や会議、チャット、計画立案を実行できます。 

プレミアムなフィルターと効果を備えた動画エディター 

Clipchamp***** の強力なツール、直感的なコントロール、テンプレート、豊富なストック ライブラリを使用して、美しい動画を作成および編集できます。 (アプリは個別にダウンロードできます。Clipchamp のサービス利用規約およびプライバシー ポリシーに同意する必要があります。)

常に最新バージョンのアプリケーション 

Microsoft 365 サブスクリプションでは、革新的な新機能や更新プログラムがリリースされるとすぐに入手できます。そのため、常に最新かつ最高のアプリを使用できます。 

Microsoft サポート 

Microsoft 365 では、チャットや電話によるテクニカル サポートがすぐに受けられるので安心です。 

Access (Windows PC のみ)

プロジェクトの大きさを問わず、簡単にデータベースを作成および管理できます。

Publisher (Windows PC のみ)

シンプルなグリーティング カードやラベルから本格的なニュースレターやポスターまで、あらゆるものを作成できます。

最も多く寄せられる質問

  • Office 2021 は 1 回限りの購入版として販売されています。つまり、お支払いは最初の 1 回だけで、Office アプリを 2 台のコンピューターで利用できます。 1 回限りの購入版は、Windows PC と Mac 向けに販売されています。 ただし、アップグレード オプションは用意されていません。つまり、次のバージョンにアップグレードするには、そのバージョンを通常価格で購入する必要があります。

    Microsoft 365 は、共同作業に適した最新の機能を1つにし、シームレスに統合された体験いただけるサブスクリプション製品です。 Microsoft 365 には、Word、PowerPoint、Excel など、お馴染みの Office デスクトップ アプリが含まれています。 また、追加のクラウド ストレージに接続された機能を利用して、リアルタイムでドキュメントの共同編集を行うことができます。 サブスクリプション製品の場合、追加料金なしで、常に最新の機能や修正プログラム、セキュリティ更新プログラムをご利用いただけます。また、継続的な技術サポートも受けられます。 サブスクリプションの支払いは、毎月または毎年のどちらかを選択できます。Microsoft 365 Family プランでは、サブスクリプションを最大 6 人のご家族で共有し、複数の Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォンでアプリを使用できます。

  • Microsoft 365 は Windows PC、Mac、Android、iOS に対応しています。 デバイスの互換バージョン、およびその他の機能要件について詳しくは、システム要件をご覧ください。
  • いいえ。Microsoft 365 のアプリケーションは、それぞれのプラットフォームやオペレーティング システムで最適に機能するように調整されています。 Mac ユーザー向けのアプリケーションと含まれる機能の一部は、Windows PC ユーザー向けのものとは異なる場合があります。 Microsoft 365 はフレキシブルな製品です。 Mac のみ、または Windows PC のみ、と限定されることがないため、自分のアカウントさえあればデバイスを問わず使用できます。
  • はい。 作成したドキュメントは、作成したお客様のものです。 ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかを選ぶことができます。
  • アプリのすべての最新リリースと Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに含まれているサービスのインストールおよびライセンス認証には、インターネット アクセスが必要です。現在サブスクリプション製品をお使いの場合は、再インストールしたり、別のサブスクリプションを購入したりする必要はありません。 

      Microsoft 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントの管理にもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office アプリを他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。 OneDrive デスクトップ アプリをインストールしていない場合は、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です。

      また、ご使用の Microsoft 365 を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。アプリの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。 

      インターネットに接続していなくても Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。 

  • Microsoft アカウントは、OneDrive、Xbox LIVE、Outlook.com などのサービスへのサインイン時に使用する、電子メール アドレスとパスワードの組み合わせです。これらのサービスを 1 つでも使用していれば、既に Microsoft アカウントを保有しているので、そのアカウントを使用できます。新しいアカウントを作成することもできます。 Microsoft アカウントの詳細については、こちらをご覧ください。.  

      Microsoft 365 の試用版にサインアップするときや購入するときに、Microsoft アカウントでのサインインが必要になります。Microsoft 365 サブスクリプション製品のインストールと管理を行う場合、または OneDrive クラウド ストレージなどのサブスクリプション特典を利用する場合も、このアカウントにサインインする必要があります。 

  • Microsoft 365 Family は、最大 5 人のご家族と共有でき、合計 6 ユーザーまでお使いいただけます。 Microsoft 365 Personal は 1 ユーザー用です。
  • 有効な Microsoft 365 Family サブスクリプションをお持ちの場合は、最大 5人のご家族と共有できます。 サブスクリプションを共有するご家族は、それぞれお使いのすべてのデバイスに Microsoft 365 をインストールでき、また同時に 5 つのデバイスにサインインできます。
     

    サブスクリプションにユーザーを追加するには、Microsoft アカウントにアクセスし、画面に表示される指示に従います。 追加された人には、その人が実行する必要のある手順が記載されたメールが送信されます。 その人が同意して、手順を実行すると、その人の情報やインストール済みの数などが [マイ アカウント] ページに表示されます。 Microsoft アカウントでは、他のユーザーとのサブスクリプションの共有を停止したり、そのユーザーが使用しているデバイスを削除したりすることができます。

  • 詳細については、 このページ をご覧ください。
  • Microsoft Defender は、個人やご家族がデータやデバイスを保護し、マルウェア保護、リアルタイム セキュリティ通知、セキュリティのヒントでオンラインでの安全性を向上するのに役立つ、クロスデバイス セキュリティ アプリです。   
  • Microsoft Defender は、人々やご家族がオンラインでの安全性を向上するのに役立つ、新しいクロスデバイス アプリです。 Microsoft Defender には新機能が追加され、よりシンプルなユーザー インターフェイスになっています。 また Microsoft Defender は、マルウェア保護、Web 保護、リアルタイム セキュリティ通知、セキュリティのヒントで、iOS、Android、Windows、Mac のデバイスもしっかり保護します。 Microsoft Defender は、Apple、Google、Microsoft の各アプリ ストアで入手できます。使用するには、Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family サブスクリプションが必要です。  

    Windows セキュリティ (旧称 Windows Defender セキュリティ センター) は、Windows PC に組み込まれたセキュリティ機能で、デバイスとデータを保護します。 Windows セキュリティはプレインストールされており、自動的に有効になります。 Windows セキュリティには Microsoft Defender ウイルス対策ソフトウェアが含まれており、Microsoft 以外のウイルス対策ソフトウェアが有効でない限り、ウイルス、ランサムウェア、トロイの木馬、その他のマルウェアから Windows デバイスとデータを保護します。

  • あらゆる人が動画を作成できるように設計された、ブラウザで利用可能な無料の動画編集プラットフォームです。 

Microsoft Store をお選びいただく理由

配達を待つ必要はありません。 全てのソフトウェアが購入後にダウンロードできます。詳細はこちら 

ソフトウェアのダウンロード

配達を待つ必要はありません。 全てのソフトウェアが購入後にダウンロードできます。

ストアコンシェルジュ

マイクロソフトのサポート スタッフが、ご購入前の疑問や不安を電話やチャット サポートで解決。

  • アプリを使用できるかどうかは、デバイス/言語によって異なります。 機能はプラットフォームによって異なります。

    国と地域によっては、アプリの機能が異なる場合や、アプリを入手できない場合があります。 
  • *iOS および Android では、個別にアプリをインストールする必要があります。 
  • **アプリは個別にダウンロードできます。 
  • ***Microsoft Defender は一部の国/地域ではご利用いただけません。ご利用いただけるかどうかはプラットフォームによって異なります (詳しくはこちら)。アプリは個別にダウンロードできます。 
  • ****OneDrive のファイルは、悪意のある攻撃、ファイルの破損、または誤って削除や編集を行ってから最大 30 日間復元できます。  
  • *****アプリは個別にダウンロードできます。Clipchamp のサービス利用規約およびプライバシー ポリシーに同意する必要があります。   
  • ******Microsoft アカウント サイトに移動し、オンラインでキャンセルできます。 サブスクリプションの購入に使用した Microsoft アカウントでサインインし、定期請求をオフにします。 その後、残りのサブスクリプション期間が終了すると、サブスクリプションは自動的に失効します。 詳細については、Microsoft サポート サイトのMicrosoft サブスクリプションをキャンセルする方法」をご覧ください。
  • PC

    コンピューターおよびプロセッサ
    1.6 GHz 以上、2 コア。

    オペレーティング システム
    Windows 11、Windows 10、Windows 8.1

    最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

    メモリ
    4 GB RAM
    2 GB RAM (32 ビット)

    ハード ディスク
    使用可能ディスク領域 4.0 GB
     

    ディスプレイ
    1280 x 768 の画面解像度

    グラフィックス
    グラフィック ハードウェア アクセラレーションには、DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以降 (Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以降) が必要です。

    .Net バージョン
    部の機能では、.NET 3.5 または 4.6 以降のインストールも必要です。

  • Mac

    コンピューターおよびプロセッサ
    Intel プロセッサ

    オペレーティング システム
    macOS の 3 つの最新バージョン

    最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

    メモリ
    4 GB RAM


    ハード ディスク
    使用可能ディスク領域 10 GB、HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 Mac OS Extended または APFS)

    ディスプレイ
    1280 x 800 の画面解像度

    グラフィックス
    グラフィック要件なし

  • Android

    コンピューターおよびプロセッサ
    ARM ベースまたは Intel x86 プロセッサ

    オペレーティング システム
    Android の 4 つの最新メジャー バージョン

    最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

    メモリ
    1 GB

  • iOS

    コンピューターおよびプロセッサ
    該当なし

    オペレーティング システム
    iOS の 2 つの最新バージョン

    最適なパフォーマンスでご利用いただくために、上に示した最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。

ブラウザー
Microsoft Edge、Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョンです。 詳細を確認する.


その他
インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。
製品で利用可能な機能とグラフィックスは、システム構成に応じて異なります。一部の機能には、追加のハードウェアや高度なハードウェアまたはサーバーへの接続が必要な場合があります。

よくあるご質問

Microsoft 365 に関するよく寄せられる質問の回答をご覧ください。

最も多く寄せられる質問

  • Office 2021 は 1 回限りの購入版として販売されています。つまり、お支払いは最初の 1 回だけで、Office アプリを 2 台のコンピューターで利用できます。 1 回限りの購入版は、Windows PC と Mac 向けに販売されています。 ただし、アップグレード オプションは用意されていません。つまり、次のバージョンにアップグレードするには、そのバージョンを通常価格で購入する必要があります。

    Microsoft 365 は、共同作業に適した最新の機能を1つにし、シームレスに統合された体験いただけるサブスクリプション製品です。 Microsoft 365 には、Word、PowerPoint、Excel など、お馴染みの Office デスクトップ アプリが含まれています。 また、追加のクラウド ストレージに接続された機能を利用して、リアルタイムでドキュメントの共同編集を行うことができます。 サブスクリプション製品の場合、追加料金なしで、常に最新の機能や修正プログラム、セキュリティ更新プログラムをご利用いただけます。また、継続的な技術サポートも受けられます。 サブスクリプションの支払いは、毎月または毎年のどちらかを選択できます。Microsoft 365 Family プランでは、サブスクリプションを最大 6 人のご家族で共有し、複数の Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォンでアプリを使用できます。

  • Office 365 のサブスクリプションは、自動的に Microsoft 365 に名前が変更されます。Office 365 でご愛用いただいていたすべての機能に加え、今後リリースされる追加の利点も、すべてこれまでと同じ価格でご利用いただけます。 お客様にしていただくことは何もございません。 変更は 2020 年 4 月 21 日から開始されています。
  • Microsoft 365 は Windows PC、Mac、Android、iOS に対応しています。 デバイスの互換バージョン、およびその他の機能要件について詳しくは、システム要件をご覧ください。
  • いいえ。Microsoft 365 のアプリケーションは、それぞれのプラットフォームやオペレーティング システムで最適に機能するように調整されています。 Mac ユーザー向けのアプリケーションと含まれる機能の一部は、Windows PC ユーザー向けのものとは異なる場合があります。 Microsoft 365 はフレキシブルな製品です。 Mac のみ、または Windows PC のみ、と限定されることがないため、自分のアカウントさえあればデバイスを問わず使用できます。
  • はい。 作成したドキュメントは、作成したお客様のものです。 ファイルをオンラインの OneDrive に保存するか、ローカルの Windows PC や Mac に保存するかを選ぶことができます。
  • アプリのすべての最新リリースと Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに含まれているサービスのインストールおよびライセンス認証には、インターネット アクセスが必要です。現在サブスクリプション製品をお使いの場合は、再インストールしたり、別のサブスクリプションを購入したりする必要はありません。 

      Microsoft 365 のプランの場合は、サブスクリプション アカウントの管理にもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office アプリを他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。 OneDrive デスクトップ アプリをインストールしていない場合は、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です。

      また、ご使用の Microsoft 365 を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。アプリの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。 

      インターネットに接続していなくても Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) は使用できます。これらのアプリケーションはフル機能がユーザーのコンピューターにインストールされるからです。 

  • Microsoft アカウントは、OneDrive、Xbox LIVE、Outlook.com などのサービスへのサインイン時に使用する、電子メール アドレスとパスワードの組み合わせです。これらのサービスを 1 つでも使用していれば、既に Microsoft アカウントを保有しているので、そのアカウントを使用できます。新しいアカウントを作成することもできます。 Microsoft アカウントの詳細については、こちらをご覧ください。.  

      Microsoft 365 の試用版にサインアップするときや購入するときに、Microsoft アカウントでのサインインが必要になります。Microsoft 365 サブスクリプション製品のインストールと管理を行う場合、または OneDrive クラウド ストレージなどのサブスクリプション特典を利用する場合も、このアカウントにサインインする必要があります。 

  • Microsoft 365 Family は、最大 5 人のご家族と共有でき、合計 6 ユーザーまでお使いいただけます。 Microsoft 365 Personal は 1 ユーザー用です。
  • 有効な Microsoft 365 Family サブスクリプションをお持ちの場合は、最大 5人のご家族と共有できます。 サブスクリプションを共有するご家族は、それぞれお使いのすべてのデバイスに Microsoft 365 をインストールでき、また同時に 5 つのデバイスにサインインできます。
     

    サブスクリプションにユーザーを追加するには、Microsoft アカウントにアクセスし、画面に表示される指示に従います。 追加された人には、その人が実行する必要のある手順が記載されたメールが送信されます。 その人が同意して、手順を実行すると、その人の情報やインストール済みの数などが [マイ アカウント] ページに表示されます。 Microsoft アカウントでは、他のユーザーとのサブスクリプションの共有を停止したり、そのユーザーが使用しているデバイスを削除したりすることができます。

  • 詳細については、 このページ をご覧ください。

現在サブスクリプション製品をご利用の場合

  • Office 365 のサブスクリプションは、自動的に Microsoft 365 に名前が変更されます。  Office 365 でご愛用いただいていたすべての機能に加え、今後リリースされる追加の利点も、すべてこれまでと同じ価格でご利用いただけます。 お客様にしていただくことは何もございません。 変更は 2020 年 4 月 21 日から開始される予定です。 
  • いいえ、サブスクリプションの料金はこれまでと同じです。
  • 変更は 2020 年 4 月 21 日から開始されます。
  • Office 365 Personal サブスクリプション製品 (日本非売品) をご使用中の場合は、Microsoft 365 Personal サブスクリプション製品に変わります。

    Office 365 Home サブスクリプション製品 (日本非売品) をご使用中の場合は、Microsoft 365 Family サブスクリプション製品に変わります。

    Office 365 Solo サブスクリプション製品  をご使用中の場合は、Microsoft 365 Personal サブスクリプション製品に変わります。
  • 現在お使いの Office 365 サブスクリプションが自動的に Microsoft 365 に移行するので、Microsoft 365 の使用を開始するための追加のアクションは必要ありません。
  • はい、Microsoft 365 で Office 365 ファイルを開くことができます。
  • プリペイド サブスクリプションを有効化する際に、サブスクリプションは自動的に Microsoft 365 に変わります。今までの Office 365 が Microsoft 365 になったことをお知らせするメッセージが届きます。
  • Microsoft 365 では、Office 365 でご愛用いただいていたすべての機能に加え、より多くの機能が同じ価格でお使いいただけます。 Office 365 サブスクリプション製品をさらに充実させ価値を高めたものが、Microsoft 365 です。Microsoft 365 には、Microsoft エディターや Office のプレミアム クリエイティブ コンテンツなど、多くのメリットが追加されています。
  • 優れた Office アプリという範疇を超え、さらに多くの利点を持つサブスクリプション製品へと生まれ変わったのを機に、それを名前にも反映させるため変更させていただきました。
  • 新しい Microsoft 365 Family サブスクリプションは、これまでと同じ最大 5 人のユーザー (同居のご家族、親族ではない同居人、あるいは別居のご家族) がご利用いただけます。
  • OneDrive に保存するファイルとフォルダーは非公開です。OneDrive を使用すれば、必要に応じて、写真、Microsoft Office ドキュメント、その他のファイル、フォルダー全体を他の人と共有できます。OneDrive ファイルを誰と共有しているかが確認でき、  あるいは いつでも共有を停止することもできます。 

Microsoft 365 で使用できる言語

  • Microsoft 365 のプランは、ほとんどの国/地域で利用できます。 Microsoft 365 プランを利用できない国/地域でも、Office 2021 スイート製品の購入は可能です。この製品には 2021 バージョンの Office アプリの 1 回限りの購入版が含まれていますが、セキュリティやストレージの追加機能は含まれていません。 Microsoft 365 の購入時には、請求先となる国/地域とソフトウェアを使用する国/地域を正しく選択してください。 誤った国または地域を選ぶと、サブスクリプションの設定や更新で問題が発生する可能性があります。
  • はい。 Microsoft は、多言語を使用する個人、家族、小規模企業向けに、シンプルでコスト効果の高いソリューションをご提供しています。 新たに Windows PC または Mac に Office アプリをインストールするたびに、インストールする Office アプリの言語を選択できます。

Microsoft 365 サブスクリプションの管理

  • 課金情報の管理、追加の Windows PC や Mac に対する Microsoft 365 や Office アプリのインストールまたは削除、他のデバイスへの Office アプリのインストールの管理は、随時行うことができます。 Microsoft 365 および Office アプリのインストールや、Microsoft 365 および Office アカウントの管理については、サポート ページをご覧ください。
  • 継続請求サブスクリプションを購入した場合は、購入手続きが完了した時点でサブスクリプションが開始されます。  

    継続請求サブスクリプションは、Microsoft Store、iTunes® Store、Mac の App Store から購入できます。プリペイド サブスクリプションを購入した場合は、次のサイトでサブスクリプションのライセンス認証を行ったときからサブスクリプションが開始します。 https://setup.office.com/. プリペイド サブスクリプションは、小売業者やリセラー、または Microsoft サポート担当者から購入できます。

  • OneDrive は、ドキュメント、メモ、写真、音楽、ビデオ、その他の種類のファイルを保存できるオンライン ストレージ サービスです。OneDrive に保存したファイルには、ほぼどのデバイスからでもアクセスでき、他の人と共有することもできます。 OneDrive へのサインアップはこちらから。 使用できる追加ストレージの容量は、サブスクリプションによって異なります。 

    有効な Microsoft 365 Personal サブスクリプションをお持ちの場合、5 GB の OneDrive ストレージに加え、サブスクリプションごとに 1 TB の追加ストレージを無料で利用できます。 

    追加ストレージは、Microsoft 365 サブスクリプションの作成時に使用した Microsoft アカウントに関連付けられた OneDrive アカウントに適用されます。

  • OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするには、Microsoft 365 のセットアップに使用した Microsoft アカウントで Microsoft 365 にサインインします。Microsoft 365 サブスクリプションを他の家族メンバーと共有している場合、他の家族メンバーはそれぞれ自分の Microsoft アカウントでログインする必要があります。Microsoft 365 のサインインに関する詳細はこちら。. OneDrive.com から OneDrive に直接サインインすることもできます。 
  • "はい。 Windows 8.1、Windows 10、または Windows 11 をお使いの場合は、OneDrive があらかじめインストールされています。 インターネットに接続されていないときにドキュメントにアクセスするには、Windows PC のエクスプローラーを起動して OneDrive フォルダーを開きます。 インターネットに再接続されると、OneDrive は、オフラインで加えた変更をオンラインのドキュメントに反映します。

    詳細については、OneDrive for Windows 8.1 および OneDrive for Windows 10 のサポート ページをご覧ください。

    また、OneDrive for Windows 7 または Windows Vista をダウンロードおよびインストールしたり、OneDrive for Mac をインストールすることもできます。 OneDrive アプリによってフォルダーが作成され、OneDrive とお使いのコンピューターの間でこのフォルダーが自動的に同期されるので、ドキュメントでの作業をオフラインのときでも行うことができます。"

  • ヘルプと使い方のコンテンツについては www.microsoft.com/support をご覧ください。ビデオを使用した無料のトレーニングについては、 www.office.com/training にアクセスしてください

更新、キャンセル、請求

  • 確実にサービスを継続して利用できるようにするには、継続請求が最も簡単です。月間または年間の継続請求を設定するには、Microsoft アカウント サイトにアクセスしてください。 

    月間サブスクリプションで使用している場合は、年間サブスクリプションに変更するとコストが削減できます。この変更は、 Microsoft アカウント サイトで行うことができます

  • 有効期限が近づくと、お客様は Office アプリ内や電子メール経由で、もうすぐ期限が切れることを警告する通知を受け取ります。サブスクリプションの有効期限が切れると、Office アプリは読み取り専用の機能制限モードになります。つまり、ドキュメントの表示または印刷はできますが、新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントを編集したりすることはできなくなります。 

    読み取り専用モードでは、Microsoft 365 のセットアップの際に使った Microsoft アカウントを使用して OneDrive に直接ログインすると、最大 3 か月間ファイルにアクセスおよびダウンロードできます。ただし、サブスクリプションに含まれていた追加ストレージは使用できなくなるため、OneDrive アカウントの無料ストレージ容量 (5 GB) を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。  

    注: Office ドキュメントを作成または編集する必要がある場合は、Word、Excel、PowerPoint、および OneNote のオンライン バージョンを  Office.com で無料で使用できます。Windows 10 デバイスを使用している場合は、無料の Office モバイル アプリが既にインストールされている可能性があります。詳細については、 「Windows 10 用 Office モバイル アプリ: はじめに」をご覧ください。 

  • ご家族の Microsoft アカウントを使用して OneDrive に直接ログインすれば、ファイルにアクセスおよびダウンロードできます。OneDrive アカウントの無料ストレージ容量 (5 GB) を超えた場合は、別の場所にファイルを保存するか、追加の OneDrive ストレージを購入する必要があります。
  • 年間サブスクリプションでご利用の場合は、課金してもう 1 年サブスクリプションを継続する前に、通知が届きます。月間サブスクリプションでご利用の場合は、毎月支払い処理が行われるため、事前通知はありません。支払い方法を変更したり、サブスクリプションをキャンセルして将来課金されないようにしたりするのは、いつでも可能です。 アカウントにアクセスして、Microsoft 365 の購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインしてください。
  • サブスクリプションを継続するには、いくつかのオプションがあります。どの方法を選ぶ場合でも必ず、サブスクリプションを設定する際に使用した Microsoft アカウントを使用してください。  

    継続請求サブスクリプションをお持ちの場合、キャンセルするまで請求が発生します。お支払いの設定は、Microsoft 365 の購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインした後、Microsoft アカウント サイトに表示されます。

    継続請求が有効になっていない場合は www.microsoft365.com/renew にアクセスし、Microsoft 365 の継続請求サブスクリプションを購入してください。更新分の期間は、既存のサブスクリプションの残りの有効期間に自動的に追加されます。 

  • はい。既存の Microsoft 365 プランの支払いを早めに行った場合、有効期限に更新分の期間が追加されます。たとえば、1 年分 (12 か月) のサブスクリプションを支払う際に既存の Microsoft 365 Personal サブスクリプションの有効期間が 2 か月残っている場合、サブスクリプションは合計 14 か月有効となります。
  • MicrosoftStore.com または Microsoft Store を通じて Microsoft から継続請求サブスクリプションを購入した場合は、以下の 2 つのキャンセル方法があります。 

    オンラインでキャンセルするには、 Microsoft アカウント サイトに追加されている必要があります。サブスクリプションの購入時に使用した Microsoft アカウントでサインインして、継続請求をオフにします。この方法では、残りのサブスクリプション期間が終了するとサブスクリプションは自動的に失効します。 

    すぐにキャンセルするには、Microsoft サポートに即時キャンセルを依頼してください。 

    継続請求サブスクリプションをその他の販売店から購入した場合は、その販売店でのキャンセル手続きが必要になる可能性があります。このことを確認するには、 Microsoft アカウント サイトに追加されている必要があります。 

タブに戻る