Person looking at a screen on a device
¥32,184 (税込)
¥32,184 (税込)
概要 要件 FAQ レビュー

主な特徴

Office Personal 2016 には、効率化を実現する各種機能、一新されたインターフェイス、ビルトイン コラボレーション ツールが搭載されているため、作業と整理をより効率的に行えます。 また、OneDrive でドキュメントをクラウドに保存すれば、どこからでもアクセスすることができます。

よくある質問

Office 365 サブスクリプション プランでは、フル機能の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access) をインストールして使用することができます (Publisher と Access は Windows PC のみ)。Office 365 は複数のデバイス ( Windows PC、Mac、Android™ タブレット、Android スマートフォン、iPad®、iPhone®) にインストールできます。さらに、Office 365 では各種サービスも利用できます。たとえば、OneDrive のオンライン ストレージ、家庭で使用できる Skype 通話プラン、Outlook.com の高度なセキュリティです。有効な Office 365 サブスクリプションがあれば、常に最新バージョンの Office アプリケーションを使用できます。


パッケージ版の Office には、Windows PC または Mac で使用するための Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれています。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたときに改めて Office を購入する必要があります。現在購入可能なパッケージ版 Office アプリケーションの最新バージョンは、Windows 版と Mac 版のどちらも Office 2016 です。以前のバージョンとしては Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Mac があります。Office 2010 と Office 2007 は、Windows 8.1 以前に対応しています。パッケージ版の Office には、Office 365 に含まれるサービスは一切含まれません。

Office は、Windows 7 以降を実行している PC と Mac OS X 10.10 を実行している Mac (Office 2016 for Mac の場合) に対応しています。iPad® や Android™ タブレットでの要件など、詳細については、全システム要件を参照してください。

はい。Office の以前のバージョンをお持ちのユーザーであれば、Office の最新版で作成されたドキュメントを互換パックやサービス パックを使って簡単に開くことができます。

Office 365 または Office 2016 のドキュメントは、特別な操作を行わなくても、Office 2007、Office for Mac 2008、Office 2010、Office for Mac 2011、Office 2013、Office 2016、Office 365 のアプリケーションで開くことができます。

インターネット アクセスは、インストールとライセンス認証のときに必要になります。これは Office スイート製品のすべての最新リリース、Office 365 Solo に共通です。Office 365 Solo のサブスクリプションの場合は、サブスクリプション アカウントを管理するときもインターネット アクセスが必要になります。たとえば、Office を他の Windows PC にインストールするときや、支払い方法を変更するときです。OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスするときも、インターネット アクセスが必要です (OneDrive デスクトップ アプリがインストールされている場合を除く)。購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 31 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなります。つまり、ドキュメントの閲覧や印刷はできますが、ドキュメントの編集や新規作成はできなくなります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続します。


Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリケーションは、お使いのコンピューターにフル機能のアプリケーションがインストールされるため、これらのアプリケーションを使用するためにインターネットに接続する必要はありません。

Microsoft アカウントとは、電子メール アドレスとパスワードの組み合わせであり、これを使用して Hotmail、OneDrive、Windows Phone、Xbox LIVE、Outlook.com などのサービスにサインインします。これらのサービスを 1 つでも使用していれば、既に Microsoft アカウントを保有しているので、そのアカウントを使用できます。新しいアカウントを作成することもできます。Microsoft アカウントの詳細については、こちらを参照してください。Office の試用版にサインアップするときや購入するときに、Microsoft アカウントでのサインインが必要になります。Office ソフトウェアのインストールや管理を行うときや、サブスクリプションの特典 (OneDrive のストレージや Skype 通話プランなど) を利用するときは、このアカウントでサインインしている必要があります。

Office 365 Solo と Office 365 サービスのサブスクリプションを 1 つと、Office Personal 2016、Office Home & Business 2016、Office Professional 2016 のライセンスを 25 個まで認証することができます。

はい、Officeを最大限にご利用頂くために、Office 365 トレーニングセンター では、クイックガイド、テンプレート、有効活用のためのヒントやコツなど、トレーニングコースでレッスンを受講できるなどスキルアップに活用していただけます。

Office 製品に関する FAQ や次のような問題についてサポートが必要な場合は、Microsoft サポートにアクセスしてください。

  • 注文状況
  • 課金
  • ダウンロード
  • プロダクト キー
  • インストール/インストール削除
  • 製品のライセンス認証
  • 製品使用