Microsoft Volume Licensing Blog iconTwitter

クライアント アクセス ライセンス および マネジメント ライセンス

    

組織内のワークステーションがネットワークで接続されている場合、通常、ネットワーク サーバー ソフトウェアを利用して、ファイルやプリンターの共有など特定の機能を実行します。このサーバー ソフトウェアに合法的にアクセスするには、クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要になる場合があります。CAL はソフトウェア製品ではなく、サーバーのサービスにアクセスする権利をユーザーに付与するライセンスです。

同様に、Microsoft System Center などの管理ソフトウェアを使用してネットワーク上のデバイスを管理する場合、管理対象のデバイス用にマネジメントライセンス (ML) が必要になることがあります。

クライアント アクセス ライセンスを使用するソフトウェアのライセンス体系は、サーバー製品やネットワークの技術的な性質により複雑になる場合があります。マイクロソフトでは、デバイス ベースの CAL (デバイス CAL) またはユーザー ベースの CAL (ユーザー CAL) を購入できます。さらに、特定のお客様のシナリオに対応するためのオプションとして、一部の製品についてはエクスターナル コネクタ (EC) ライセンスも提供しています。

管理する側のデバイス用には、サーバーのオペレーティング システム環境 (OSE) を管理するためのサーバー ML が提供されています。管理する側のサーバー以外のデバイス用には、OSE クライアント ML およびユーザー クライアント ML が提供されています。

この概要に記載された内容は参考情報の提供のみを目的としています。購入の前に、各製品の「購入方法」セクションを参照し、マイクロソフトの担当者または地域の販売店様に具体的なライセンスのニーズについてご相談ください。

ユーザー CAL

ユーザー CAL では、アクセスに使用するデバイスの数に関わらず、サーバーにアクセスしてファイルの保存や印刷などのサービスを使用するユーザーの数に応じて CAL を購入します。企業の従業員が複数のデバイスまたは不特定のデバイスを使用して企業ネットワークへのローミング アクセスを行う必要がある場合や、単に組織内のユーザー数よりもデバイス数の方が多い場合は、ユーザー CAL の購入が適しています。

ユーザー ベースのクライアント アクセス ライセンス

Client Access License based on user

デバイス CAL

デバイス CAL では、デバイスを使用してサーバーにアクセスするユーザー数に関わらず、サーバーにアクセスするデバイスの数に応じて CAL を購入します。交代制勤務などで複数の従業員がデバイスを共有するような企業においては、デバイス CAL の方が経済的で、管理も容易です。

デバイス ベースのクライアント アクセス ライセンス

Client Access License based on device

エクスターナル コネクタ

外部のユーザー (ビジネス パートナー、外部請負業者、顧客など) が社内のネットワークにアクセスできるようにするには、2 種類のライセンス方法があります。

  • それぞれの外部ユーザーについて CAL を取得します。

  • 外部ユーザーがアクセスする各サーバーについてエクスターナル コネクタ (EC) ライセンスを取得します。

エクスターナル コネクタ ライセンス

External Connector licensing

外部ユーザーとは、企業またはその関連企業の従業員やそれに類する職員ではなく、企業が提供するホスティング サービスの利用者でもないユーザーです。1 台のサーバーへ割り当てられた EC ライセンスは、外部ユーザーではなくライセンス所有者の利益にかなう限り、複数の外部ユーザーによるアクセスを許可します。EC ライセンスは、実行しているソフトウェア インスタンスの数を問わず、外部ユーザーがアクセスする物理サーバーごとに 1 ライセンスのみ必要です。"インスタンス" とはソフトウェアのコピーをインストールしたものを指します。

サーバー ソフトウェアの複数のインスタンスを実行するには、個別にライセンスが必要です。ただし、EC を取得することで、CAL と同様にアクセスが許可されます。外部ユーザーのために CAL を取得するか、EC を取得するかの判断は、主に経済的な要因によります。

CAL を必要としないサーバー ライセンス

一部のサーバー製品では、"コア単位" または "インスタンス単位" でライセンスが提供されます。

コア単位のライセンス

コア単位のモデルの下で、サーバー ソフトウェアが物理 OSE で実行されている場合、サーバー上にあるすべての物理コアのライセンスを取得する必要があります。必要なコア ライセンスの数を決定するには、サーバー上にある各プロセッサの物理コアの合計数をカウントし、その合計数に適切なコア係数を掛けます。追加の CAL を購入する必要はありません。

コアごとにライセンスを取得するソフトウェア

Software licensed by core

特殊サーバー ライセンス

特殊サーバー ライセンスは広く使用されているモデルです。特殊サーバー ライセンスは、サーバー専用のライセンスで、CAL を必要としません。特殊サーバーの場合、サーバーで実行されるサーバー ソフトウェアの各インスタンスについてサーバー ライセンスが必要です。物理または仮想オペレーティング システム環境でインスタンスを実行できます。例外として、より細分化された使用権を持つ製品もあります。

特殊サーバー ライセンス

Specialty Server licensing

特殊サーバー ライセンスの例として、Windows Server Essentials や Forefront Identity Manager - Windows Live Edition があります。

管理サーバー ライセンス

管理サーバー ライセンス モデルに基づき、該当するカテゴリ (サーバー/クライアント) およびタイプ (OSE/ユーザー) の ML を必要な数だけ取得し、OSE が管理されるデバイスに割り当てます。ML には対応する管理サーバー ソフトウェアを実行する権利が含まれているため、管理サーバー ソフトウェア用のライセンスを別途取得する必要はありません。

サーバー OSE の管理には、サーバー ML (OSE タイプのみが提供されます) が必要です。一方、サーバー以外の OSE の管理には、クライアント ML (OSE/ユーザータイプが提供されます) が必要です。

ML ごとにライセンスを取得するソフトウェア

Software licensed by Management License

マイクロソフト サーバー製品と適用可能な CAL の一覧については、[CAL と ML] タブを参照してください。

次の表に、さまざまなマイクロソフト サーバー製品とそれらの製品に対応する CAL を示します。

特定の製品に関する最新のライセンス情報については、製品ライセンスの Web サイトも参照してください。

製品

コア / CAL

コア単位

サーバー + CAL

特殊サーバー CAL

ML

Windows Server

yesyes

SQL Server

yesyes

Exchange Server

  yes 

Skype for Business Server

  yes 

SharePoint Server

yes

System Center

yes

The Microsoft Server CAL Suites は次の 2 つの要素で構成されています。

  • Microsoft Core CAL Suite : マイクロソフトの 6 つの革新的なテクノロジを提供します。これらのテクノロジを使用して、強固な IT インフラストラクチャを確立し、すべてのユーザーが必要とする主要な機能を提供することができます。
  • Microsoft Enterprise CAL Suite : コンプライアンス、リアルタイム コラボレーション、セキュリティ、コミュニケーション、デスクトップ管理など、各分野における最新の製品から 13 の製品を組み合わせて、将来的な生産性の向上を支援します。

Microsoft CAL Suites の詳細を確認する

クライアント アクセス ライセンス スイートのライセンス権

クライアント アクセス ライセンス (CAL) スイートは、1 つのライセンスによって複数のライセンスと同等の使用権を得ることができるライセンスです。他の CAL と同じく、CAL スイートはユーザー単位またはデバイス単位のいずれかでライセンスを取得できます。CAL スイートを取得すると、マイクロソフトのサーバーを使用するために必要なライセンスの数が減るため、ライセンスの取得と追跡が簡略化されます。また、同等のコンポーネントのライセンスを個々に入手する場合に比べ、お得な価格が適用されます。ただし、スイートは個々の CAL をまとめた 1 つのライセンスであるため、CAL スイートを複数のユーザーや複数のデバイス間で分割することはできません。各 CAL スイートは 1 人のユーザーまたは 1 台のデバイスのみに割り当てられます。

マイクロソフト CAL スイートには、次の 2 種類があります。

  • Microsoft Core CAL スイート
  • Microsoft Enterprise CAL スイート。Microsoft Core CAL スイートのすべての機能が含まれています。

Microsoft CAL スイートのテクノロジ

Microsoft CAL スイートには、マイクロソフトのさまざまな生産性およびコア インフラストラクチャ テクノロジのライセンスが含まれています。

Microsoft CAL Suite Technologies

マイクロソフト CAL スイート テクノロジの最新の一覧については、マイクロソフトボリューム ライセンス簡易ガイド「 Core CAL スイートおよび Enterprise CAL スイートのライセンス」を参照してください。

Microsoft CAL スイートは、サーバー ベースの製品を含むマイクロソフト ポートフォリオのサブセットに対するソフトウェア権利を提供します。ただし、サーバー ライセンスなど、CAL スイート以外のソフトウェア ライセンスを追加購入して、付属する各 CAL スイート コンポーネントと Microsoft SQL Server などの該当するソフトウェア前提条件を一致させる必要があります。

Enterprise CAL スイートを含むオンライン サービスのプロビジョニング

2013 年 4 月 1 日より、有効なソフトウェア アシュアランスを保有する Enterprise CAL スイートのライセンスには Exchange Online Archiving for Exchange Server、Data Loss Prevention および Exchange Online Protection が含まれます。

これらのサービスの試用を開始するには、各サービスのアクティベーションに必要なプロビジョニング プロセスを開始できるマイクロソフト パートナーにご連絡ください。

CAL スイート内のソフトウェア ライセンスの種類

CAL スイートは、具体的に指定されていないクライアント アクセス ライセンスであるライセンスに相当するソフトウェア使用権を提供する場合があります。たとえば、CAL スイートは、クライアント管理ライセンスの対象である Microsoft System Center デバイス管理製品に対する権利を提供します。

すべての場合において、CAL スイートによって得られる特定の製品またはオンライン サービスに対する使用権は、それらのコンポーネントのライセンスを個別に入手した場合と同じになります。唯一の例外は、CAL スイートではユーザー単位とデバイス単位のオプションのいずれかを常に選択できるという点です。CAL スイートを利用しない場合は、この選択ができないことがあります。たとえば、オペレーティング システム環境単位のクライアント管理ライセンスの下で Microsoft System Center Configuration Manager が個別に提供される場合でも、Core CAL スイートおよび Enterprise CAL スイートの一部としてユーザー単位の Microsoft System Center Configuration Manager ライセンスを取得できます。

バージョン使用権およびアップグレード権

CAL スイートは個別にリリースされる製品のライセンスを提供するので、CAL スイートにはバージョン指定がありません。CAL スイートはソフトウェア アシュアランスを通してのみ提供されます。したがって、スイートに含まれるすべての製品について最新バージョンの使用権が供与されます。ソフトウェア アシュアランスの契約が満了する際に永続的な使用権が供与される場合は、契約の満了時に有効であった最新のバージョンの使用権が供与されます。オンライン サービスに関連する権利は、Enterprise CAL スイートが永続的であるかどうかにかかわらず、ソフトウェア アシュアランスの有効期間満了と同時に消滅します。

Core CAL スイートから Enterprise CAL スイートへのアップグレード

Enterprise CAL スイートのライセンスは、直接購入することも、Core CAL スイートのライセンスからのステップアップという形で入手することもできます。Enterprise CAL スイートにより、Core CAL スイートと、Enterprise CAL スイートのみに含まれるその他のコンポーネントのライセンスを入手します。Enterprise CAL スイートを利用すれば、Core CAL スイートを別途維持する必要はありません。同じ製品を別々のライセンスによって利用するのとは異なります。

CAL Suite Bridges

Microsoft クライアント アクセス ライセンス (CAL) Suite Bridge は、CAL スイート (自社運用) から同等の製品およびオンライン サービスの組み合わせに移行する場合に使用されます。このため、CAL Suite Bridge は、Office 365 または Enterprise Mobility Suite に含まれていない CAL スイート ワークロードから構成されます。CAL Suite Bridge により、既存の CAL スイートのお客様は、対応するオンライン サービスを通じてライセンス付与されない CAL スイート ワークロードへの現在のソフトウェア アクセスを維持できます。

CAL Suite Bridges

CAL Suite Bridge のメリット

  • 自社運用のアクセス権を維持 現在の CAL スイート (Core CAL スイートおよび Enterprise CAL スイート) のお客様は、対応する Enterprise Mobility Suite または Office 365 オンライン サービスには含まれていない CAL スイート ワークロードへのアクセス権を維持します。
  • 全社契約への対応 CAL Suite Bridge は、対応するエンタープライズ オンライン サービスと組み合わせることで、Core CAL スイートおよび Enterprise CAL スイートの全社契約要件を満たします。
  • エンタープライズ割引の維持 CAL Suite Bridge では、移行されるスイートのレベルと同等のレベルでエンタープライズ割引とプラットフォーム割引が適用されます。

CAL Suite Bridge の構造

CAL Suite Bruidge の構成は、希望するマイクロソフト オンライン サービスの種類によって異なります。CAL Suite Bridge には 3 つのグループがあります。

  • サブスクリプションのみで入手可能です。
  • ユーザー単位でライセンス取得できます。
  • エンタープライズ製品なので、全社契約割引とプラットフォーム割引の両方が適用されます。

Microsoft CAL Suite のライセンス方法の詳細については、CAL スイート タブを参照してください。

CAL Suite Bridge の構成

CAL Suite Bruidge の構成は、希望するマイクロソフト オンライン サービスの種類によって異なります。CAL Suite Bridge には 3 つのグループがあります。

  • Office 365 の CAL Suite Bridge
  • Office 365 および Enterprise Mobility Suite の CAL Suite Bridge
  • Enterprise Mobility Suite の CAL Suite Bridge

CAL スイート ブリッジ概要」(PDF、 1.58 MB) に、各 CAL Suite Bridge ライセンスに含まれる製品の詳細な一覧が記載されています。

CAL Suite Bridge の購入方法

CAL Suite Bridge は、CAL スイートから同等のオンライン サービスに移行する場合に使用されます。CAL Suite Bridge は、対象となるオンライン サービスと組み合わせてのみライセンス取得できます。

CAL Suite workloads, on-premises licenses, and online licenses

CAL Suite Bridge の購入に関連する資格要件は他にもあります。CAL Suite Bridge の購入の詳細については、「CAL スイート ブリッジ概要」(PDF、 1.58 MB) を参照してください。

展開したボリューム ライセンスの管理

ソフトウェア資産管理 (SAM) は、組織の IT 資産を管理および最適化するための実証済みのプロセスおよび手順を含むベスト プラクティスです。SAM を導入することによって、ソフトウェア資産を保護できるほか、所有しているソフトウェア資産の内容、運用範囲、および組織内で効率的に使用されているかどうかを把握することができます。

SAM によって、以下のことが可能になります。

  • 管理 : コストやビジネスのリスクを管理することによって、強力で健全な財務状況を実現できます。
  • 最適化 :  既存の資産を最適化することによって、既に所有しているソフトウェアを効率的に活用できます。
  • 成長 :  柔軟性と敏捷性の向上によって、成熟度や規模の拡大に伴う企業のニーズに対応できます。

SAM の詳細を確認する

MAP Toolkit ユーザー向け Software Usage Tracker ガイダンス

Microsoft Assessment Planning (MAP) Toolkit 5.0 はサーバー製品の使用状況レポートを提供する、IT ベースのSoftware Usage Trackerの機能を備えています。対象サーバー製品はMicrosoft Windows Server、Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Server、Microsoft SharePoint Server および Microsoft System Center Configuration Manager となります。

自動化されたソフトウェア資産管理機能はマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムのお客様向けに設計されています。MAP Toolkit の詳細につきましては、こちらのページをご参照ください。

Software Usage Trackerレポートでは、お客様が実際のサーバー使用量をご確認いただけます。この情報によりお客様所有の CAL 数に対するサーバー使用量の比較を行い、お客様組織に実際に必要なライセンス数を確認する事が出来るため、ライセンスの「見直し」やライセンス契約更新時に役立つ情報としてご利用いただけます。