Windows 7 をアップグレード徹底ガイド: Microsoft Windows
Windows 7 アップグレード徹底ガイド

Windows 7 には、現在お使いのオペレーティング システム (以下、OS) から Windows 7 環境へと移行する、たいへん便利なアップグレード パッケージがあり、簡単にアップグレードが行えます。ただし、アップグレード対象となる OS の種類やアップグレードの方法などにおいて、いくつかの注意点もありますので、現在お使いの OS やパソコンの環境をチェックして、正しくアップグレードしましょう。

アップグレードの前に、これだけは、必ず確認しよう
必ずこれだけは確認しよう !!

アップグレード パッケージを使用して、Windows 7 をインストールするには、 現在使用しているパソコンが Windows 7の動作環境を満たしている必要があります。また、 お使いの環境によって、インストール方法も 2 種類用意されており、現在の OS により、推奨となる Windows 7 のエディションが存在します。ここでは、アップグレード パッケージを使用する前に、必ず確認するべき項目について解説します。

アップグレード の前に、バックアップしよう

Windows 7 をアップグレードするには、 「アップグレード (上書きインストール)」と、「新規インストール (カスタム) 」の 2 つの手順に分かれます。アップグレード (上書きインストール) の場合は、現在ご使用のパソコンの環境が自動的に引き継がれますが、新規インストール (カスタム) の場合は、ユーザー自ら、使用中の OS のデータをバックアップし、Windows 7 へ移行しなければなりません。その点、Windows 7 では簡単にデータを移行できる 「 Windows 転送ツール」が用意されています。ツールを使って手軽に移行する方法と、手動でバックアップする方法についてご紹介します。

大切なデータを守るには、バックアップ
インストールの手順
正しい手順でインストールをしよう

アップグレード パッケージを使用して、Windows 7 をインストールする 2 種類の方法、 「アップグレード (上書きインストール) の手順」と「新規インストール (カスタム) の手順」についてご紹介します。現在、お使いの環境により、最適な方法が異なりますので、不明な場合は「アップグレードの前にこれだけは必ず確認しよう」をご覧ください。

Windows 7 を上位エディションにアップグレードしよう

Windows Anytime Upgrade は、お使いの Windows 7 を上位のエディションにアップグレードしたい場合にお使いいただけます。アップグレード手順は簡単です。DVD をお使いいただかず、プロダクト キーを入力いただくだけで現在の環境をひきついだアップグレード (上書きインストール) を自動的に完了します。