課題

野生のブタが侵入してきてエリアを荒らしたとき、それは生態系にとってどんな意味を持つのか? シカの個体数と病気の蔓延との相関関係は? 研究者は地元の野生生物を研究することでこのような質問に答えたいと思っていますが、彼らの組織は非常に資金が不足しており、サポートが必要です。 市民科学者は、貴重な写真やデータを記録する手段を持っており、これらは科学者が複雑な保護の課題に取り組むのに役立ちます。 市民科学者の貢献は、世界の陸上哺乳類の個体数を把握し回復させるのにとても重要です。

ソリューション

eMammal は、カメラ トラップ研究プロジェクトのデータ管理システムおよびアーカイブです。 このプラットフォームによって、野生生物の写真が入手しやすくなります。また、市民科学者が自分の画像で環境研究の取り組みに貢献できるようになります。 参加者は、自宅のカメラ トラップからキャプチャした画像を eMammal にアップロードします。eMammal は画像をタグ付けし、種類ごとに整理します。そして eMammal は、Microsoft Azure Machine Learning を使用して大規模なライブラリを分類し、参加者がより正確な結果を記録できるようにガイドします。 野生生物の研究者や組織は、これらの画像にアクセスして野生生物の個体群をよりよく理解し、動物の行動、繁殖、生態学、遺伝学、移動、保護の持続可能性に関する重要な質問の答えを見つけることができます。

eMammal の Azure の使用方法

  • ビルドおよびデプロイ管理のための DevOps Pipelines
  • 画像の保存とアクセス管理のための Blob Storage
  • 仮想マシン間の通信のための Service Bus
  • セキュリティ境界管理のための Peered Virtual Networks
  • 複数の仮想ネットワークと仮想マシンをデプロイするための ARM templates
  • eMammal Expert Review Tool、画像メタデータのデータベース、および画像処理サービスを実行するための Virtual machines

eMammal の Azure 実装は Elastacloud によって開発されました。

カメラトラップで撮影されたコヨーテ (米国モンタナ州)

すべての野生生物愛好家のためのオープン サイエンスに参加しましょう。

カメラトラップで撮影されたウッドチャック (米国バージニア州)