課題

世界中で、100 万種を超える動植物が絶滅の危機に瀕しています。 これらの種が見つかる可能性が高い場所に関する正確な情報がなければ、自然保護活動家がどこを優先して活動を行えばいいのかを決めるのに困難を要します。 絶滅危惧種を保護するための規制により、絶滅リスクのある種が存在するかどうか明確ではないにもかかわらず、そうした場所での農業、宅地開発、インフラ開発が禁じられます。

ソリューション

NatureServe は、NatureServe Network の生物学的フィールド データ、気候および環境のデジタル マップ、Azure Machine Learning を統合することにより、絶滅危機に瀕した数千種の予想生息地マップを生成し、全国規模で精密な保護を実現します。 インテリジェント データを手に入れると、負の影響を減らし、自然遺産を保護するためにより効果的に行動できます。

NatureServe の Azure の活用方法

海鳥のパイピング チドリ

NatureServe が科学と保護をつなぐ

リリウム グレイの花

写真の注記:

  1. フロリダカケス (Aphelocoma coerulescens)、NatureServe グローバル保全状況: Imperiled (G2)、ESA リスティング状況: Threatened。
  2. パイピング チドリ (Charadrius melodus)、NatureServe グローバル保全状況: Vulnerable (G3)、ESA リスティング状況: Endangered (五大湖の生息種)、Threatened (大西洋岸と北部大平原の生息種)。 撮影者 Casey Weissburg、CC BY-NC 4.0.
  3. リリウム グレイ (Lilium grayi)、NatureServe グローバル保全状況: Critically Imperiled (G1)。 撮影者 Annkatrin Rose、CC BY NC-SA 2.0.