エディションのライセンス よく寄せられるご質問

エディションのライセンス

 

SQL Server には 2 つの主要エディションがあり、組織や個人の独自のニーズに応じた機能、パフォーマンス、価格を選択できます。

  • Enterprise Edition はミッション クリティカルなインメモリ パフォーマンス、セキュリティ、高可用性を必要とするアプリケーションの構築に最適です。
  • Standard Edition は中間層アプリケーションとデータ マートのためのすべてのデータベースの機能を備えています。
2 つの主なエディション
サーバー + クライアント アクセス
ライセンス (CAL)3

コア ベース2

Enterprise1


Standard

1. 大規模並列処理データ ウェアハウスを必要とするお客様は、ソフトウェア アシュアランス付きの Enterprise Edition のコア ライセンスを通じて、並列データ ウェアハウスにアクセスできます。並列データ ウェアハウスは、Microsoft Analytics Platform System の一部です。

2. コア単位のライセンス モデルは、2 コアを含むパックで販売されます。

3. クライアント アクセス ライセンス (CAL) はサーバー + CAL ライセンス モデルのサーバーにアクセスするすべてのユーザーまたはデバイスに必要となります。詳細については製品条項をご確認ください。

関連リソース

 

SQL Server 2019 製品のページ

SQL Server 2017 ライセンス ガイド (PDF, 3.31 MB)
SQL Server 2017 ライセンス取得に関する詳細情報をご確認いただけます。

SQL Server 2017 製品のページ
SQL Server 2017 の評価方法、購入方法および導入方法の詳細をご確認いただけます。

SQL Server 2017 ライセンス データシート (PDF, 0.95 MB)
SQL Server 2017 のライセンス取得に関する概要をご確認いただけます。

コア ライセンスの概要と基本的な定義 (PDF、2.08 MB)
サーバー ライセンス関連の主要な定義のライセンス ガイドです。コア単位のライセンス モデルの基礎をご確認いただけます。

仮想環境で使用する Microsoft サーバー製品のライセンス (PDF、1.42 MB)
仮想テクノロジと共にマイクロソフト サーバー製品を使用するためのライセンス情報がご確認いただけます。