Course 23697-2B: エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理

種類:Course
対象者:IT Professionals
テクノロジ:Windows
レベル:300
改訂:B
提供方法:
Classroom
時間:5 days
言語:Japanese, English

初回配信:

23 May 2016
概要
このコースについて このコースでは、管理者に、Windows 10 のデスクトップ、デバイス、およびアプリケーションをエンタープライズ環境で展開し、管理するために必要な知識とスキルを提供します。受講者は、大規模な組織で、Windows 10 の展開を計画して、実装する方法を習得しますまた、展開後に Windows 10 のインストールを管理する方法も習得します。これにより、グループ ポリシー、リモート アクセス、およびデバイス登録に関連するテクノロジを使用して、保護された ID とデータ アクセスを実現することができます。さまざまなデバイスとデータ管理のソリューションをサポートするために、Azure Active Directory (Azure AD)Microsoft Intune、および Azure Rights Management が導入されます。これらのサービスは、Enterprise Mobility Suite の一部で、ID とアクセスの管理、クラウド ベースのデバイス、アプリケーション、および更新の管理を提供します。さらに、Enterprise Mobility Suite は、クラウドと企業ネットワーク内の場所の両方に格納された情報へのより安全なデータ アクセスを提供します。 対象者のプロフィール このコースは、Windows 10 デスクトップとアプリケーションの展開を専門とすること、および中規模~大規模なエンタープライズ組織のためのクラウド ベースのアプリケーションとデータ サービスの環境を管理することに興味のある IT プロを対象としています。このような IT プロは、通常、インターネットやクラウド サービスへの管理されたアクセスが可能な Windows Server ドメイン ベースの環境として構成されたネットワークを担当しています。このコースでは、Microsoft 試験「70-697 : Windows デバイスの構成」の合格を目指す受講者にスキルを提供することも意図しています。 コース完了時

このコースにより、次のことを習得できます。

  • エンタープライズ環境でのデスクトップとデバイスの管理の問題と解決策を説明することができます。

  • Windows 10 Enterprise デスクトップ展開することができます。

  • ユーザー プロファイルとユーザー状態の仮想化を管理することができます。

  • グループ ポリシーによるデスクトップとアプリケーション設定を管理することができます。

  • Windows 10 のサインインと ID を管理することができます。

  • Windows ベースのデバイスのデータ アクセスを管理することができます。

  • リモート アクセス ソリューションを管理することができます。

  • Enterprise Mobility Suite による Windows 10 デバイスの管理をおこなうことができます。

  • Microsoft Intune によるデスクトップとモバイル クライアントの管理をおこなうことができます。

  • Microsoft Intune による更新プログラムと Endpoint Protection の管理をおこなうことができます。

  • Microsoft Intune によるアプリケーションとリソースへのアクセスを管理することができます。

  • クライアント Hyper-V の構成と管理をおこなうことができます。

コース詳細
コース概要セクション 1: エンタープライズ環境でのデスクトップとデバイスの管理この章では、エンタープライズでのデスクトップとデバイス管理に関する現在の動向と情報を説明します。また、クラウドベースの IT 管理およびサービスと比較して、オンプレミスの管理の概要を説明します。レッスン
  • エンタープライズでの Windows 10 の管理
  • モバイル ワーカーの管理
  • エンタープライズでのデバイスのサポート
  • IT 管理とサービスのクラウドへの拡張
ラボ : エンタープライズでの Windows 10 とデバイスの管理計画
  • シナリオの読み取り

この章により、次のことを習得できます。

  • エンタープライズ環境での Windows 10 の管理について討論することができます。

  • モバイル ワーカーの管理の複雑さを説明することができます。

  • エンタープライズでデバイスをサポートする問題を列挙することができます。

  • IT 管理とサービスをクラウドに拡張する方法を説明することができます。

セクション 2: Windows 10 エンタープライズ デスクトップの展開この章では、Windows 10 のさまざまな展開シナリオと、展開を実行する際に注意すべき考慮事項について説明します。また、Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) と Microsoft Deployment Toolkit (MDT) を使用して Windows 10 を展開する方法や、DISM と Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) を使用して Windows 10 を保守する方法について説明します。レッスン
  • Windows 10 エンタープライズ展開の概要
  • エンタープライズ デスクトップ展開のカスタマイズ
  • MDT による Windows 10 の展開
  • Windows 10 インストールのメンテナンス
  • Windows 10 のボリューム ライセンス認証
ラボ : Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) ツールによる参照イメージのビルド
  • カスタム Windows PE ブート メディアの構成
  • Windows SIM によるカスタム応答ファイルの作成
  • 応答ファイルによる参照コンピューターのインストール
  • Sysprep による参照コンピューターの準備
  • 参照コンピューターのキャプチャ
ラボ : MDT による Windows 10 デスクトップの展開
  • MDT 展開共有の作成と構成
  • タスク シーケンスの作成
  • MDT による Windows 10 イメージの展開
ラボ : Windows ICD による Windows 10 のインストールの管理
  • Windows ICD のプロビジョニング パッケージの作成と構成

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows 10 エンタープライズ展開プロセスを説明することができます。

  • エンタープライズ デスクトップ展開をカスタマイズすることができます。

  • MDT を使用して、Windows 10 を展開することができます。

  • Windows 10 インストールのメンテナンスをおこなうことができます。

  • Windows 10 のボリューム ライセンス認証を管理することができます。

セクション 3: ユーザー プロファイルとユーザー状態の仮想化の管理この章では、User State Migration Tool (USMT) や Microsoft User Experience Virtualization (UE-V) などのツールを使用してユーザー プロファイルとユーザー状態を管理する方法を説明します。レッスン
  • ユーザー プロファイルとユーザー状態の管理
  • グループ ポリシーによるユーザー状態の仮想化の実装
  • UE-V の構成
  • ユーザー状態の移行の管理
ラボ : ユーザー プロファイルとユーザー状態の仮想化の構成
  • 移動ユーザー プロファイルとフォルダー リダイレクトの構成
  • UE-V の実装と構成
ラボ : USMT によるユーザー状態の移行
  • USMT XML ファイルの作成とカスタマイズ
  • 対象のコンピューターでのユーザー状態のキャプチャと復元

この章により、次のことを習得できます。

  • ユーザー プロファイルとユーザー状態を管理することができます。

  • グループ ポリシーを使用して、ユーザー状態の仮想化を実装することができます。

  • UE-V を構成することができます。

  • ユーザー状態の移行を管理することができます。

セクション 4: グループ ポリシーによるデスクトップとアプリケーション設定の管理この章では、グループ ポリシーの継承、管理用テンプレート、エンター プライズ デスクトップの一般的な設定を管理する方法について説明します。また、ターゲット設定とフィルター処理を使用してグループ ポリシーの基本設定を適用する方法についても説明します。レッスン
  • グループ ポリシー オブジェクトの管理
  • グループ ポリシーによるエンタープライズ デスクトップの構成
  • グループ ポリシーの基本設定の概要
ラボ : グループ ポリシー オブジェクトと設定の構成
  • グループ ポリシーによる Windows 10 の管理
ラボ : グループ ポリシーの基本設定によるデスクトップ設定の管理
  • ドライブおよびプリンターのマッピングを適用するためのグループ ポリシーの基本設定の構成

この章により、次のことを習得できます。

  • グループ ポリシーの処理と管理について説明することができます。

  • グループ ポリシーを使用して、ユーザーとデスクトップの一般的な設定を構成することができます。

  • グループ ポリシーの基本設定を使用して、設定を管理することができます。

セクション 5: Windows 10 のサインインと ID の管理この章では、ID の概念について説明し、ID のセキュリティを強化する方法について説明します。また、エンタープライズ組織でのクラウド ID とAzure AD Premium の使用についても説明します。レッスン
  • エンタープライズ ID の概要
  • クラウド ID 統合の計画
ラボ : Microsoft アカウントとドメイン アカウントの統合
  • Microsoft アカウントへのサインアップ
  • Microsoft アカウントのドメイン アカウントへの接続
ラボ : Windows 10 の Azure Active Directory への参加
  • Office 365 と Azure の評価版サブスクリプションへのサインアップ
  • Windows 10 の Azure Active Directory への参加

この章により、次のことを習得できます。

  • エンタープライズ ID の概念について説明することができます。

  • クラウド ID の統合を計画することができます。

セクション 6: Windows ベースのデバイスのデータ アクセスの管理この章では、企業データへのセキュリティで保護されたアクセスを提供する方法について説明します。この説明には、ワークプレース参加と呼ばれていたデバイスの登録やワーク フォルダーも含まれます。また、OneDrive に格納されているデータを構成し、共有する方法についても説明します。レッスン
  • データ アクセス ソリューションの概要
  • デバイスの登録の実装
  • ワーク フォルダーの実装
  • クラウドベースの記憶域ソリューションによるオンライン データの管理
ラボ : ドメインに参加していないデバイスのデータ アクセスの構成
  • ワーク フォルダーの構成
ラボ : OneDrive によるデータ アクセスの管理
  • OneDrive の構成

この章により、次のことを習得できます。

  • データ アクセス ソリューションを説明することができます。

  • デバイスの登録を実装することができます。

  • ワーク フォルダーを実装することができます。

  • クラウドベースの記憶域ソリューションを使用して、オンライン データを管理することができます。

セクション 7: リモート アクセス ソリューションの管理この章では、Windows 10 で仮想プライベート ネットワーク (VPN) と DirectAccess を構成する方法について説明します。また、Azure RemoteApp でアプリケーションを発行する方法についても説明します。レッスン
  • リモート アクセス ソリューションの概要
  • Windows 10 の DirectAccess のサポート
  • リモート ネットワークへの VPN アクセスの構成
  • RemoteApp のサポート
ラボ : DirectAccess の実装
  • DirectAccess サーバーの構成
  • DirectAccess クライアントの構成
  • リモート接続の検証
ラボ : Microsoft Azure RemoteApp の構成
  • RemoteApp コレクションの作成
  • Azure RemoteApp によるアプリケーションの発行
  • リモート接続の検証

この章により、次のことを習得できます。

  • リモート アクセス ソリューションを説明することができます。

  • Windows 10 DirectAccess を実装することができます。

  • リモート ネットワークへの VPN アクセスを構成することができます。

  • Windows 10 RemoteApp をサポートすることができます。

セクション 8: エンタープライズ モビリティ ソリューションによる Windows 10 デバイスの管理この章では、Enterprise Mobility Suite と各コンポーネント、Azure Active Directory Premium、Azure Rights Management (Azure RMS)、Microsoft Intune の概要について説明します。レッスン
  • Enterprise Mobility Suite の概要
  • Azure Active Directory Premium の概要
  • Azure RMS の概要
  • Intune の概要
ラボ : Microsoft Intune サブスクリプションの実装
  • Intune 試用版サブスクリプションへのサインアップ
  • Intune ユーザーの追加

この章により、次のことを習得できます。

  • Enterprise Mobility Suite について説明することができます。

  • Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) Premium を使用して、ディレクトリ サービスを管理することができます。

  • Azure RMS を使用して、デバイスを保護することができます。

  • Microsoft Intune のオプションについて説明することができます。

セクション 9: Microsoft Intune によるデスクトップとモバイル クライアントの管理この章では、Intune クライアント ソフトウェアをインストールして、Intune ポリシーを割り当てる方法について説明します。また、モバイル デバイス管理 (MDM) ポリシーを作成し、Intune にモバイル デバイスを登録する方法についても説明します。レッスン
  • Intune クライアント ソフトウェアの展開
  • Microsoft Intune ポリシーの概要
  • Intune によるモバイル デバイス管理
ラボ : Intune クライアント ソフトウェアのインストールとポリシーの構成
  • Intune クライアント ソフトウェアのインストール
  • Intune のポリシー設定の構成
ラボ : Microsoft Intune によるモバイル デバイスの管理
  • モバイル デバイスの構成と Microsoft Intune への登録

この章により、次のことを習得できます。

  • Intune クライアント ソフトウェアを展開することができます。

  • Intune ポリシーを説明することができます。

  • Intune を使用してモバイル デバイスを管理することができます。

セクション 10: Microsoft Intune による更新プログラムと Endpoint Protection の管理この章では、Intune を使用して、更新プログラムと Endpoint Protection を構成する方法について説明します。レッスン
  • Intune による更新プログラムの管理
  • Endpoint Protection の管理
ラボ : Microsoft Intune による更新プログラムと Endpoint Protection の管理
  • Intune での更新プログラムの構成
  • Intune での Endpoint Protection の構成

この章により、次のことを習得できます。

  • Intune を使用して更新プログラムを管理することができます。

  • Endpoint Protection を管理することができます。

セクション 11: Microsoft Intune によるアプリケーションおよびリソースへのアクセスこの章では、Microsoft Intune ソフトウェア パブリッシャーを使用して管理対象のクライアントにアプリケーションを展開する方法について説明します。また、証明書プロファイル、Wi-Fi プロファイル、VPN プロファイルを使用して企業リソースへのアクセスを制御する方法についても説明します。レッスン
  • Intune によるアプリケーション管理
  • アプリケーション展開プロセス
  • 組織のリソースへのアクセスの管理
ラボ : Microsoft Intune によるアプリケーションの展開
  • Intune での展開用アプリケーションの発行
  • アプリケーションの展開および展開の監視
ラボ : Intune によるリソースへのアクセスの管理
  • Intune での証明書の展開の構成
  • 条件付きアクセス ポリシーの構成

この章により、次のことを習得できます。

  • Intune によるアプリケーション管理の要件を説明することができます。

  • Intune によるアプリケーション展開プロセスを説明することができます。

  • Intune により組織のリソースへのアクセスを管理する方法を説明することができます。

セクション 12: クライアント Hyper-V の構成と管理この章では、クライアント Hyper-V を使用して、仮想スイッチ、仮想ハード ディスク、仮想マシンを作成する方法について説明します。レッスン
  • クライアント Hyper-V のインストールと構成
  • 仮想スイッチの構成
  • 仮想ハード ディスクの作成と管理
  • 仮想マシンの作成と管理
ラボ : クライアント Hyper-V による仮想マシンの構成
  • クライアント Hyper-V のインストール
  • 仮想スイッチ、仮想ハード ディスク、および仮想マシンの作成

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows 10 クライアント Hyper-V をインストールし構成することができます。

  • 仮想スイッチを構成することができます。

  • 仮想ハード ディスクを作成し管理することができます。

  • 仮想マシンを作成し管理することができます。

前提条件

受講者は、IT 分野で少なくとも 2 年間の経験を持ち、次の技術的な知識を備えている必要があります。

  • TCP/IP、ユーザー データグラム プロトコル (UDP)、ドメイン ネーム システム (DNS) などのネットワークの基礎

  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の原則

  • Windows Server 2012 R2 の基礎

  • Windows クライアント オペレーティング システムの要点、例えば、Windows 7Windows 8.1Windows 10 の実務知識など

コミュニティ

トレーニング リソースやイベント、他の受講者からのアドバイスをお探しですか?マイクロソフトのトレーニングと認定のコミュニティにご参加ください。

試験の準備を進めますか?あなたに適した Microsoft Certification Study Group を見つけてください。

ご意見をお寄せください (ソーシャル ネットワーク):

お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索