各プランの比較

大企業のインフォメーション ワーカー向けに、Microsoft 365 E3 と Microsoft 365 E5 の 2 つの Microsoft 365 プランをご用意しています。どちらのプランにも生産性とセキュリティのための包括的な機能セットが含まれますが、Microsoft 365 E5 では最新の高度なセキュリティ、コンプライアンス、分析、コラボレーションのイノベーションを提供します。さらに、マイクロソフトは現場の最前線で働く従業員向けに、Microsoft 365 F1 と Microsoft 365 F3 の 2 つの Microsoft 365 プランをご用意しています。どちらのプランにも Microsoft Teams および主要なセキュリティ、コンプライアンス、ID の各機能が含まれますが、Microsoft 365 F3 には Windows Enterprise、Web 用 Office、モバイル用 Office も含まれます。

大企業向けの各 Microsoft 365 プランに含まれるオンライン サービスの詳細については、こちらのプラン比較表をダウンロードしてご確認ください。

上記のサービス プランの一部の制限事項については、こちらをご確認ください。

各マルチプラン サービスの比較

個別のオンライン サービスの中には、複数のプランが提供されているものもあります (マルチプラン サービス)。ダウンロード可能な比較表完全版 (英語) には、各 Microsoft 365 スイート ライセンスに含まれる、対象のマルチプラン サービスのプランのみを示しています。以下のリンクから、個別のマルチプラン サービスの詳細をご確認いただけます。

Azure Active Directory Premium (P 1、P 2)
Exchange Online (プラン K、プラン 1、プラン 2)
SharePoint Online (プラン K、プラン 1、プラン 2)
Microsoft Stream (Microsoft 365 プラン向け)

その他の Microsoft 365 オプションを参照する

Microsoft 365 Apps for business または Apps for enterprise を使用すると、ご自身が希望する働き方や場所で働くことができます。常に最新の Word、Excel、PowerPoint、Outlook をデスクトップ PC、モバイル デバイス、Web 上で使用できるほか、各種ビジネス インテリジェンス ツールでビジネスの運用と成長を実現できます。

Microsoft 365 アプリ

for business

for enterprise

Word

Excel

OneNote

Outlook

PowerPoint

Publisher (PC only)

Office for the web

Office mobile apps for Office 365

OneDrive for Business1

Microsoft Teams (Whiteboard)

Microsoft Sway2

Microsoft Forms3

Microsoft Graph API

Mobile Device Management for Office4

Group Policy, Office telemetry, Roaming settings

Shared computer activation

On-premises Active Directory sync for SSO

1マイクロソフトは、最初にユーザーあたり 5 TB の OneDrive ストレージを提供します。追加の OneDrive ストレージをご希望のお客様は、必要に応じて Microsoft サポートにご依頼いただけます。ユーザー数が 5 人未満のサブスクリプションでは、ユーザーあたり 1 TB の OneDrive ストレージが提供されます。

2Sway は現在、Government Community Cloud (GCC) のお客様と特定の地域のお客様にはご利用いただけません。また、2015 年 8 月時点で提供が終了している一部の旧 Office 365 プランをご利用の場合も、Sway にはアクセスできません。

3Forms Pro の機能は含まれません。

4Exchange Online、OneDrive for Business、SharePoint Online、Skype for Business のスタンドアロン プランにも付属しています。

|

Microsoft 365 Apps for business でサポートされるユーザーは最大 300 人です。ユーザー数が既に 300 人を超えている場合や、間もなく超えそうな場合は、他のプランのオプションをご覧ください。

Microsoft 365 Apps for enterprise は、おなじみのデスクトップ アプリ (Word、PowerPoint、Excel、Outlook、Teams など) の常時最新バージョンを使用できるサブスクリプション スイートです。Microsoft 365 Apps for enterprise だけのインテリジェントな機能もあり、たとえば Excel のアイデア機能Word のリサーチ ツールリアルタイムのコラボレーション、チームワークのハブとしての Teams、高度なセキュリティ機能などが含まれています。ユーザー ベースのライセンスであるため、Office を最大 5 台の PC または Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンにインストールできます。1 TB 分の OneDrive クラウド ストレージも付属しているので、ご自身のファイルにどこからでもアクセスでき、ファイルでの共同作業も可能です。

Microsoft 365 Apps for enterprise はサブスクリプション スイートであり、常に最新の Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Teams、Publisher、Access などのアプリを利用できます (Publisher と Access は Windows PC のみ)。アプリを Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android タブレット、Android スマートフォンなどの複数のデバイスにインストールできます。また、1 TB の OneDrive ストレージや、Microsoft chat や電話サポートなどのサービスも利用できます。Microsoft 365 Apps for enterprise だけのインテリジェントな機能もあり、たとえば Excel のアイデア機能Word のリサーチ機能リアルタイムのコラボレーション、チームワークのハブとしての Teams、高度なセキュリティ機能などが含まれています。サブスクリプション方式であるため、最新バージョンのアプリを入手でき、更新プログラムをリリースと同時に自動的に受け取ることができます。
 

Office 2019 は 1 回限りの購入の製品であり、Word、Excel、PowerPoint などのクラシック アプリを Windows PC または Mac で使用できます。Microsoft 365 Apps for enterprise のサブスクリプションに付属しているサービスは含まれていません。1 回限りの購入であるため、アップグレードのオプションは用意されていません。つまり、次のメジャー リリースにアップグレードするには、そのリリースを通常価格で購入する必要があります。

詳細については、Office サポートのページにある Microsoft 365 と Office 2019 の違いの説明をご覧ください。また、ニーズに応じて最適なバージョンを選べるように比較表もご用意しています。

Microsoft 365 Apps for enterprise はエンタープライズのお客様向けの製品です。主要な Office デスクトップ アプリの常時最新バージョンに加えて、エンタープライズ グレードのセキュリティとコンプライアンスの機能や、幅広い機能のコミュニケーション ツールが含まれており、展開と管理については細分化したコントロールを行うことができます。中小企業のお客様も、業種固有の規制がある場合や高い水準の IT コントロールを必要とされている場合は Microsoft 365 Apps for enterprise のご検討をおすすめします。
 

Microsoft 365 Apps for business でも、主要な Office デスクトップ アプリの常時最新バージョンを利用できますが、前述のような追加のセキュリティ、コミュニケーション、管理の機能は含まれていません。また、Microsoft 365 Apps for business ではサポートされるユーザー数の上限が 300 人ですが、Microsoft 365 Apps for enterprise ではユーザー数の制限はありません。

Office 365 E プランには Word や Excel などの Office アプリや (E3/E5 のみ)、 OneDrive クラウド ストレージが含まれ、さらに Teams、Exchange Online、SharePoint Online などのサービスも利用できます。スイート製品によって、これらの組み合わせは異なります。

  • Microsoft 365 Apps for enterprise には、Office デスクトップ アプリに加えて 1 TB の OneDrive クラウド ストレージが含まれています。アプリは常に最新で、新しい機能がほぼ毎月追加されます。サービスは含まれていません。
  • Office 365 E1 にはサービスのみが含まれており、これに加えてアプリの Web とモバイル版を利用できます。E1 だけを購入することも、他の販売形態の Office アプリと組み合わせることもできます。
  • Office 365 E3 は、アプリ、ストレージ、サービスから成るスイート製品です。Microsoft 365 Apps for enterprise のデスクトップ アプリとストレージ、Office 365 E1 のサービスに加えて、セキュリティとコンプライアンスの機能が含まれています。
  • Office 365 E5 は最も高度で、セキュリティに優れた包括的なプランです。Office 365 E3 のすべてのアプリとサービスに加えて、高度なセキュリティ、分析、音声通信の機能が含まれています。

インターネットへの常時接続は必要ありません。Microsoft 365 Apps はユーザーの PC 上でローカルに稼働するからです。インストールしてライセンス認証するにはインターネット アクセスが必要ですが、IT 管理者が従来型のプライベート クラウド環境の中でソフトウェア配布ツールとインフラストラクチャを使用して Microsoft 365 Apps とその更新プログラムを展開することもできます。
 

機能の中には、Excel の "アイデア" や Word の "リサーチ ツール" のように、インターネット接続を必要とするものがあります。定期的にインターネットに接続すると、自動更新が可能になり、最新の Microsoft 365 Apps を使うことができます。インターネット アクセスは他にも、Microsoft 365 Apps アカウントを管理するときや (たとえば支払い方法の変更)、OneDrive に保存したドキュメントにアクセスするときに必要になります。

はい。Office 2019、2016、2013、2010、2007、または Office for Mac 2008 以降ならば、開いて閲覧することができます。Office 2007 よりも前のバージョンでは、必要に応じて互換機能パックをインストールしてください。

はい。管理者によるテストと検証が完了したソフトウェア更新プログラムだけを適用するように Microsoft 365 Apps for enterprise を構成できます。ソフトウェア更新プログラムの管理を完全に社内で行うには、任意のソフトウェア配布ツールを使用して配布するか、Microsoft 365 Apps for enterprise の更新プログラムの有無を社内のファイル共有または URL で調べるように設定します。

いいえ。Teams はインストールされた後、約 2 週間おきに自動的に更新されて新しい機能や品質更新が反映されます。この Teams の更新プロセスは、他の Office アプリ (Word や Excel など) とは異なります。詳細については、Teams の更新プロセスの説明をご覧ください。

購入方法

Microsoft 365 はお客様のニーズを満たすためにさまざまなライセンス モデルおよびプログラムを通じて購入できます。
 

Microsoft 365

Office 365 製品はユーザー サブスクリプション ライセンス (USL) として利用可能で、ユーザー単位でライセンスを取得します。Microsoft 365 サブスクリプションにアクセスする各ユーザーには、USL が必要です。USL には、Full USL、From SA USL、Add-on USL、Step-up USL の 4 種類があります。
 
Full USL: マイクロソフトから対象ソリューションを購入したことのない新規のお客様や、ソフトウェア アシュアランスを保有していないオンプレミス ソフトウェアを使用しているお客様向けです。
 
Add-on USL: オンプレミス ソフトウェアを使用しており、既存のオンプレミス ソリューションは維持しつつ Microsoft 365 クラウド ソリューションを試したいお客様、またはクラウドに完全に移行する準備が整っていないお客様向けです。Add-on USL なら、費用を抑えて Microsoft 365 のメリットを余すところなく活用できます。Add-on USL を購入するには、対象オンプレミス ソリューションでソフトウェア アシュアランスを保有、保持する必要があります。Add-on USL は対象ライセンスと同じ契約/加入契約を通じて購入する必要があります
 
From SA USL: オンプレミス ソフトウェアを使用しており、クラウドへの移行を検討しているお客様向けです。From SA USL はお客様のマイクロソフト ソリューションへの投資を考慮し、割引価格で提供されます。また、導入計画サービス、自宅使用プログラム、エンド ユーザー向けのオンライン トレーニング コース、追加のサポート インシデント対応など、クラウド関連のソフトウェア アシュアランス特典も受けられます。From SA USL を購入するには、対象オンプレミス ソリューションでソフトウェア アシュアランスを保有、保持する必要があります。これらのライセンスは、契約更新時にのみ購入でき、対象ライセンスと同じ契約/加入契約である必要があります。
 
Step-up USL: 加入契約または契約期間中に Microsoft 365 の上位プランへのアップグレードを検討しているお客様向けです。これらのライセンスは、アップグレードを検討している基本ライセンスと同じ契約/加入契約で購入する必要があります。
 
 

ボリューム ライセンス

マイクロソフトは、お客様の組織で管理にかかる負担とソフトウェア管理のコストを軽減できるよう、ボリューム ライセンス プログラムを提供し、製品ライセンスに大幅な割引を適用します。さまざまなライセンス オプションから、お客様の管理および運用上のニーズに最適なプログラムを選択できます。
 

Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 Enterprise

Microsoft 365 Business

Microsoft 365 Education

For business

For enterprise

F1

F3

E3

E5

Basic

Standard

A1

A3

A5

Cloud Solution Provider (CSP)

Enterprise Agreement (EA)

Enterprise Agreement Subscription (EAS)

Enterprise Agreement for Government Partner (EA GP)

Enrollment for Education Solutions (EES)

OVS – Education Solutions (OVS-ES)

School Enrollment

Microsoft Products and Services Agreement (MPSA)

Microsoft 365 プランの提供地域に関しては、リセラーまたはマイクロソフトのアカウント マネージャーにお問い合わせください。

Microsoft 365 Enterprise についてよく寄せられるご質問

|

はい。製品スイートの構成要素 (Office 365、Windows 11 Enterprise、Enterprise Mobility + Security) はすべて個別に購入することができます。

はい、サブスクリプション レベルに応じて、Microsoft 365 Enterprise サブスクリプションを Azure、Dynamics 365、Enterprise Mobility + Security、Office 365 の各プランおよびアドオンと組み合わせることができます。

Microsoft 365 Enterprise ブランドは Secure Productive Enterprise をベースに構築されています。現在は既に Secure Productive Enterprise は購入できなくなっています。マイクロソフトは、Office 365、Windows 11 Enterprise、Enterprise Mobility + Security の一部として新機能をリリースしながら、Microsoft 365 Enterprise でお客様にシンプルなサービスを提供し続け、市場投入の統合を図りたいと考えています。

Microsoft 365 Enterprise のシート数が 500 以下のお客様には Microsoft Teams が提供され、Skype for Business Online にはアクセスできません。

Microsoft 365 F1/F3、E3/E5 サブスクリプションでは、ライセンス取得済みのサーバーで実行しているサーバー ソフトウェアにアクセスする権利、またはオペレーティング システム環境を管理する権利が付与されます。クライアント アクセス ライセンス (CAL)/管理ライセンス (ML) に相当する権利の一覧については、最新の製品条項をご確認ください。

Microsoft 365 E3/E5 では、お客様の使用する任意の専用サーバーに Exchange Server、SharePoint Server、Skype for Business Server ソフトウェアをインストールする権利が付与されます。Microsoft 365 E3/E5 ユーザーのみ、それらのサーバー インスタンスを使用できます。

Microsoft 365 F1 では、Exchange Server、SharePoint Server、Skype for Business Server ソフトウェアをインストールする権利およびそれらのサーバー ソフトウェアを使用する権利は付与されません。

Microsoft 365 From SA E3/E5 サブスクリプションでは、Office Professional Plus ソフトウェアのコピーを 1 つローカルにインストールする権利が付与されます。Microsoft 365 From SA E3/E5 サブスクリプションを割り当てられたユーザーのみが Office Professional Plus ソフトウェアのコピーにアクセスできます。

標準の Microsoft 365 F1/E3/E5 サブスクリプションでは、Office Professional Plus ソフトウェアをインストールする権利、および Microsoft 365 From SA E3/E5 サブスクリプションで付与される Office Professional Plus ソフトウェアのコピーにアクセスする権利は付与されません。

Microsoft 365 E3 サブスクリプションをお持ちのお客様は、そのアドオンとして Microsoft 365 E5 Compliance および Microsoft 365 E5 Security を購入できます。