Trace Id is missing
メイン コンテンツへスキップ
Microsoft 365
A worker holding a tablet device while leaning over to speak to someone in a car.

Microsoft 365 Business Basic

Windows PC、Mac、iOS、Android

  • 50 GB のメールボックスとカスタムのメール ドメイン アドレスを利用したメールのホスティングができます。
  • Microsoft Teams を使用して、人々をつないでチームワークを実現するためのハブを作成できます。
  • Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote など、Web 用の Microsoft 365 アプリを使用できます。
  • ユーザー 1 人あたり 1 TB の OneDrive クラウド ストレージでファイルの保存と共有ができます。
  • 最大 300 ユーザーのオンライン会議とビデオ会議を開催できます。
  • Microsoft による電話と Web でのサポートを 24 時間いつでも利用できます。

Windows 11、Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2019、Windows Server 2016 に対応しています。macOS は新しい順に 2 つのバージョンに対応しています。すべての言語が含まれています。

販売担当者に相談する
お電話でのご相談を 0120-167-400 で承ります。一般法人向け製品の販売サポートは月曜日から金曜日まで、9:00 から 17:30 までご利用いただけます。

Originally starting from ¥750 now starting from ¥750

¥750 ¥750

ユーザー/月

年間サブスクリプション - 自動更新1

最高の仕事のためのパワフルなツール

アイデアを形にするとともに他の人々とつながるための、コラボレーション、チャット、ビデオ会議のパワフルなツールがそろっています。プロフェッショナルのためのメールでコミュニケーションを取り、ビジネス データをオンライン ストレージで安全に保管できます。

含まれるサービス

  • Teams

    Teams

  • OneDrive

    OneDrive

  • SharePoint

    SharePoint

  • Exchange

    Exchange

機能

  • メールと予定表

    法人メールを Outlook で使用できます。メールボックス容量はユーザー 1 人あたり 50 GB で、添付ファイルのサイズの上限は 150 MB です。

  • インスタント メッセージング (IM) とオンライン会議

    チャット、会議、コラボレーションを Microsoft Teams で行います。メッセージング、音声通話、ビデオ通話、プレゼンスの機能が 1 つのアプリに集約されています。

  • ユーザー 1 人あたり 1 TB の安全なクラウド ストレージ

    ドキュメントや写真などの編集と共有をどこからでも、どのデバイスでもできる 1 TB 分の OneDrive クラウド ストレージが付属しています。

  • イントラネットとチーム サイト

    組織内の情報伝達と連携を促進し、ユーザーをコンテンツ、知識、プロセスに結び付けるチーム サイトを SharePoint で作成します。伝えたいストーリーを、美しく使いやすいサイトで表現できます。

  • Web 上の Microsoft 365 アプリ

    常に最新の Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook を Web 上で使用できます。Web、モバイル、各種デバイスのどれでも、他のユーザーと同時に同じドキュメントでの共同作業をリアルタイムで行うことができ、インストールは不要です。

  • スケジュールを整理して予約を管理

    Bookings には Web ベースの予約カレンダーが含まれており、Outlook と統合されているので、顧客が自分に都合のよい日時を自由に予約することができます。メールと SMS での通知で無断キャンセルを減らし、顧客満足度を高めることができます。

さらに詳しい情報をお探しですか?

Microsoft Teams はビジネス管理にこのように役立ちます

Video container

ビジネスをつなぐ

親子で一緒にタブレット デバイスを使用しています。

どこにいても仕事ができる

最大 300 人の出席者を集めて会議を開催し、通話の発信と受信を Microsoft Teams で行い、組織内だけでなく外部のパートナーやクライアントとのチャットをゲスト アクセスを使用して行うことができます。

ホーム オフィスで座っている人が 2 台のデスクトップ モニターでデータを見ています。

リアルタイムで共同作業

Word、Excel、PowerPoint などの Microsoft 365 アプリを使って、作成、共有、共同作業を行うことができます。Web 版のアプリに好みのブラウザーからアクセスできます。アプリのインストールは不要です。

タッチスクリーンのデバイスを使っている人が OneDrive の画像に目を通しています。

1 TB 分の OneDrive クラウド ストレージを利用できる

ドキュメントを共有し、ファイルをアップロードし、ライブラリを同期します。ドキュメントにリアルタイムでアクセスしたり、共有可能なリンクを作成したり、従業員とビジネス パートナーにアクセス権を付与したりできます。

追加のサービス

Microsoft Defender for Business

このエンタープライズ グレードのエンドポイント保護はコスト効果と使いやすさが特長です。Microsoft 365 Business Premium に含まれています。

電話会議

Microsoft Teams 会議に外出先から、インターネット接続がなくても参加できます。3

企業向け音声

クラウドベースの電話システムである Microsoft Teams 電話を追加して高度な機能 (通話転送、マルチレベル自動応答、通話キューなど) を利用することができます。

Windows 365

Windows のエクスペリエンス (これにはアプリ、コンテンツ、設定も含まれます) を安全に Microsoft クラウドから任意のデバイスにストリーミングできます。

その他のリソース

ワークショップに参加する

サインアップしてバーチャル ワークショップやトレーニング セッションに参加しましょう。

ビデオを見る

始める方法を学びましょう。

デモを予約する

Microsoft のエキスパートが実施します。

パートナーを見つける

公認ソリューション プロバイダーを見つけて連絡を取ることができます。

Microsoft 365 Business Voice でさらに多くを達成

電話の発信と受信をどこからでもできるクラウド ベースの電話システムを Microsoft Teams の中に作ります。取次転送、保留音、クラウド ボイスメールなどのクラウド通話機能を利用できます。

よく寄せられる質問

  • Microsoft 365 Business Basic でサポートされるユーザーの最大数は 300 人です。300 人以上のユーザーがいる場合、または近い将来そうなるとお考えの場合は、エンタープライズ プランのオプションをご覧ください。 

  • クレジット カード (Visa、Mastercard、JCB、American Express) を利用できます。サブスクリプションの金額は、クレジット カードの明細に表示されます。一般法人向け Microsoft 365 のプランでは、一回の支払金額が 48,500 円以上になる場合は請求書払いにすることもでき、選択されたサービスに応じて毎月または年 1 回のご請求となります。請求書が発行されると、メールで通知が送信されます。サブスクリプションを購入したときに発注書 (PO) 番号を入力した場合は、その番号が請求書に表示されます。

  • Microsoft 365 では、月間契約でのお支払いまたは年間契約でのお支払いを選ぶことができます。

    • 月間契約でのお支払い: 月払いになります。いつでもキャンセルできます。
    • 年間契約でのお支払い:1 年間のサブスクリプションにサインアップすると、このお支払いオプションを利用することによる割引の特典があります。既定では、請求プランは月次請求に設定されます。購入後に、管理ポータル内で請求プランを年次請求に変更できます。
  • サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。一部返金される場合もあります。マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約の全文をご覧ください。 

  • お客様のデータはお客様のものです。Microsoft 365 のサブスクリプションをキャンセルする場合は、データ (たとえば、メールやチーム サイトのドキュメント) をダウンロードして別の場所に保存することができます。データの保存はキャンセルする前に行う必要があります。サブスクリプションをキャンセルした後 90 日間は、Microsoft 365 アカウントに関連付けられたデータに、管理者が機能制限付きのアカウントでアクセスすることができます。

  • はい。アカウントを別のプランに移行できます。

    ほとんどの場合は、管理センターでプランの切り替えウィザードを使用してプランをアップグレードできます。ただし、サブスクリプションのユーザー数が 300 人を超えている場合や、プランの購入にプリペイド カードを使用した場合は、プランの切り替えウィザードを利用できません。プランの切り替えウィザードの対象になっていないプランについては、手動でアップグレードできます。Microsoft 365 のプランの切り替えに関する詳細情報をご覧ください。 

    注: アカウントを変更すると、ドメイン名は新しいアカウントに移行されます。これは、組織の既存のドメイン名を Microsoft 365 アカウントで使用している場合も、Microsoft 365 とともに新しいドメイン名をセットアップした場合も同じです。

  • 一般法人向け Microsoft 365 の FAQ または Microsoft 365 サポート フォーラムにアクセスしてください。   

ビジネスのためのその他のソリューション

追加の要件

要件

プロセッサ

Windows PC: 1 GHz 以上の x86 または x64 ビット プロセッサ (SSE2 対応) 

OSX: Intel プロセッサ 

Android: Android KitKat 4.4 以降のバージョンと ARM ベースまたは Intel x86 のプロセッサ 

iOS: 該当なし 

オペレーティング システム

Windows PC: Windows 11、Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2019、Windows Server 2016 

Mac: 新しい順に 2 つのバージョンの macOS 

Android: OS バージョン: KitKat (4.4.X) 以上

iOS:
Microsoft 365 for iPad®/iPhone® には iOS 10.0 以降が必要です。 
Microsoft 365 for iPad Pro™ には iOS 10.0 以降が必要です。 

メモリ

Windows PC: 1 GB RAM (32 ビット) または 2 GB RAM (64 ビット) 

OSX: 4 GB RAM 

Android: 1 GB 

iOS: 該当なし 

ハード ディスク領域

Windows PC: 使用可能ディスク領域 3 GB 

OSX: HFS+ ハードディスク形式 6 GB 

Android: 該当なし 

iOS: 該当なし 

ディスプレイ

Windows PC: 解像度 1024 x 768 

OSX: 解像度 1280 x 800 

Android: 該当なし 

iOS: 該当なし 

追加の要件

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能はいつでも、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシブルな入力デバイスを使用してアクセスできます。新しいタッチ機能は、Windows 8 以降での使用に合わせて最適化されています。

製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードやサーバー接続が必要になることがあります。

インターネット機能を使用するには、インターネットへの接続が必要です。

Microsoft アカウントが必要です。

タブに戻る

フォローしてください