Microsoft エンドポイント マネージャー

Microsoft Intune と Configuration Manager を組み合わせて、エンドポイント セキュリティ、デバイス管理、インテリジェントなクラウド アクションを 1 つの管理プラットフォームに統合しました。

A laptop screen shows Microsoft Enpoint Manager admin center and a phone screen shows a list

クラウド管理への行程を柔軟に選択

エンドポイント マネージャーは、組織のクラウド移行の進捗にかかわらずご利用いただけます。既存のプロセスに影響を与えることなく、すべてのユーザー、アプリ、デバイスのセキュリティ保護、展開、管理が可能です。

クラウド セキュリティをすべてのエンドポイントに

ユーザーのデバイスを脅威から保護するために、Microsoft のゼロ トラスト技術と独自の機能を活用します。

包括的な Windows 10 管理

プロビジョニング、構成管理、ソフトウェア更新をすべてのエンドポイントに対して自動化し、シンプルにします。

ROI (投資対効果) を最大化

既存の投資を活用してユーザー エクスペリエンスをモダン化します。これには Microsoft 365 クラウド テレメトリが役立ちます。

  • Microsoft エンドポイント マネージャーのマーケティング アーキテクチャです。Configuration Manager と Intune を 1 つの統合エンドポイント管理ソリューションの中で使用して行うクラウド管理への、3 つの段階を表しています。
    • 最初の段階では、テナント アタッチ機能を使用します。これは Configuration Manager を利用中の組織にとって最も柔軟性の高い方法となります。既存の Windows クライアントを Intune に登録しなくてもクラウドの利点を得られるからです。Configuration Manager サイトをクラウドに接続するだけで、さまざまなリモートのアクションと分析が利用できるようになります。
    • 次のステップへの準備ができている場合は、共同管理を利用して Windows を管理できます。これには、Configuration Manager と Intune の両方を使用します。2 番目の段階では、Windows 10 デバイスの管理を Configuration Manager とモバイル デバイス管理 (MDM) システムの両方で行います。
  • エンドポイント管理を新たに始める場合や、新しいエンドポイントを追加する場合は、Intune でのクラウド管理に直接進むことをおすすめします。既にエンドポイント マネージャーを利用している場合は、3 番目の段階でその他のワークロードを徐々にクラウドに移行することができます。

Microsoft が統合エンドポイント管理の Gartner マジック クアドラントでリーダーに

Gartner は 2020 年の統合エンドポイント管理のマジック クアドラントで Microsoft をリーダーとして認定しました。その理由はビジョンの完全性と、統合エンドポイント管理市場における実行力です。

Gartner Logo

Microsoft エンドポイント マネージャーに関するその他の情報

Microsoft Intune

クラウドベースで統合した管理ができます。

Microsoft Endpoint Configuration Manager

オンプレミスとクラウドベースの管理を行います。

Windows Autopilot

デバイスの展開を効率化します。

エンドポイント分析

データに基づいて推奨事項を提示します。

Microsoft Defender for Endpoint

エンドポイントをサイバー脅威から保護します。

Azure AD

ID を管理してセキュリティで保護するためのユニバーサル プラットフォームです。

お客様の声を紹介します

Atos Logo

Atos の従業員の多くがリモート ワークを行っています。かつては、デバイスをセットアップするためにオフィスまで行く必要があり、このプロセスには丸一日かかっていました。Autopilot と Intune を使用するようになった今では、セットアップは 2 時間もかからず、しかも自宅で行うことができます。

Premera Blue Cross logo

Premera は Microsoft Intune を Azure AD 条件付きアクセス ポリシーとともに展開しました。その目的は従業員の私物モバイル デバイス上にある業務ファイルのアクセス制御とセキュリティ保護です。現在は、データ漏洩のリスクを縮小しながら従業員が自分のデバイスを仕事に使っています。

KPMG Logo

KPMG は Outlook モバイル アプリの多要素認証機能を利用して生産性を最大化するとともに、安全なモバイル環境を作ることによって従業員のモバイル デバイスにある機密情報を保護しています。

Save the children Logo

Save the Children は Microsoft Enterprise Mobility + Security を重要なデータの安全維持に役立てるとともに、従業員が仕事に使用するすべての私物デバイスが確実に組織のセキュリティ ポリシー基準を満たす状態にしています。

その他のリソース

対話型の製品デモ

Microsoft エンドポイント マネージャーのブログ

Microsoft エンドポイント マネージャーを Twitter でフォロー