メイン コンテンツへスキップ
Microsoft Security

Microsoft Priva でプライバシーの保護および尊重を実現

個人データの保護、リスク軽減の自動化、主体の権利要求の大規模な管理を行うことができます。
手を組んだ 1 人の人がデスクに着席してノート PC に向かって微笑んでいます。

プライバシー管理を効率化

地域と世界的な規制に従って個人情報を保管、処理、破棄できます。

プライバシー リスクを特定および解消

プライバシーに対する組織の方針を評価し、データの溜め込み、データ転送、データの過剰共有などのプライバシー リスクを先回りして見つけて解消できます。

主体の権利要求を自動化

データ主体の要求と主体の権利要求の処理は、自動データ検出、競合検出、インプレース レビュー、安全なコラボレーションを利用して大規模に行うことができます。

従業員がデータの取り扱いについてスマートに意思決定できるようにする

プライバシーに関するトレーニングや、古くなったアイテムの確認と削除の自動リマインダーによって、プライバシーの要件とリスクに関する意識を向上させることができます。

Microsoft Priva の製品ファミリの紹介

個人データを保護し、変化を続ける複雑なプライバシーの要件を常に把握できます。

1 人の人がデスクトップ モニターに接続されたタブレットを使用していて、Microsoft Priva のレポートが表示されています。

Microsoft Priva プライバシー リスク管理

個人データと重大なプライバシー リスクを特定し、リスク軽減を自動化し、従業員がデータの取り扱いについての意思決定をスマートにできるようにすることが可能です。

3 人の人が会議室で会話をしています。

Microsoft Priva 主体の権利要求

主体の権利要求の管理を自動化し、セキュリティを維持しながら、監査可能な形で行うことができます。

Novartis

Novartis は最先端のセキュリティを Microsoft Priva で提供

"Microsoft Priva に期待しています。当社の環境全体を検索して非構造化データを見つける必要があるケースに対応できるからです。これにはデータ主体の要求も含まれます。このソリューションは、Novartis が求めるセキュリティ ポリシーを推進するのに非常に役立つでしょう。"

-Beni Gelzer 氏 (Novartis データ プライバシー (スイス) 責任者)

Novartis の科学者が目の保護具を装着してタブレットを見ています。

その他のリソース

ブログ

プライバシー レジリエントなワークプレイスを作る

データ転送の要件への対応、過剰露出を検出するためのポリシーの設定、プライバシーの問題の発見を Microsoft Priva で行う方法をご覧ください。

e-Book

主体の権利要求を自動化するための 5 つのヒント

Microsoft Priva を利用して、主体の権利要求を大規模に管理するための戦略と、消費者が自身のデータをより制御できるようにする方法をご覧ください。

ドキュメント

Microsoft Priva の機能を詳しく知る

Microsoft Priva を使い始めるのに役立つ機能、統合オプション、技術ドキュメントを参照してください。

使用を開始する

今すぐあらゆるものを保護して未来を育てましょう。無料試用版をご利用ください。
Microsoft をフォローする