効果的なセキュリティ オペレーション

Photograph of two security professionals sitting in front of multiple large display monitors working
日々、3,500 名の Microsoft セキュリティ プロフェッショナルがお客様を守っています。先進的な AI を使用して世界中から発せられる 6 兆 5000 億件のシグナルを分析し、脅威を検出して対処しています。

インテリジェンスに基づくセキュリティ

インテリジェント セキュリティ グラフは、さまざまな発生源からの膨大なシグナルを分析しています。この分析情報を使用して、製品とサービスをリアルタイムで保護し、強化しています。
Photograph of person sitting in front of a large curved monitor displaying information
Photograph of two people standing at a table and looking down at a large monitor displaying images

Microsoft セキュリティ インテリジェンスによる詳細な分析

セキュリティ インテリジェンス レポートは、グローバルな規模の、そして膨大な数のシグナルから得られたサイバー犯罪の現状の分析を提供します。最新のセキュリティの傾向と推奨事項を知って、リスクを減らしましょう。

Cyber Defense Operations Center

オペレーション センターのセキュリティ エキスパートとデータ サイエンティストは、日々進化する脅威から Microsoft のクラウド インフラストラクチャとサービス、製品とデバイス、そして Microsoft 自身のリソースを保護しています。
Photograph of a person working at a desk in front of two large display monitors
Photograph of an IT professional standing in a data center

Microsoft サイバーセキュリティ ソリューション グループ

Microsoft のエキスパートたちはお客様と直接共同作業することで、グローバルで得た経験を実践し、お客様のレジリエンスを高め、発生している問題から回復できるようにします。

クラウド セキュリティが未知の脅威からどのように保護するか

Microsoft のクラウド ベースの機械学習と AI は、大惨事が起きる前に膨大な数の脅威を検出し、食い止めます。米国の小規模企業の間で新たに発生した URSNIF をどのようにして無力化したかをご紹介します。
Photograph of a person in an office sitting at a desk looking at information on two large monitors
Photograph from satellite high above Earth

Microsoft のレッド チーム

継続的なテストとセキュリティの強化のため、高度な専門知識を持つエキスパートが漏えいをシミュレーションします。

Microsoft のセキュリティ オペレーションによるその他の利点

Microsoft セキュリティ レスポンス センター

Microsoft はセキュリティ調査のコミュニティと連携し、自社製品の脆弱性を見つけ、対処しています。

詳細な脅威情報

脅威の種類と特定のマルウェアに関する情報が含まれる百科事典で最新情報をご確認ください。

ファイル送信によるマルウェア分析

調査員は疑わしいファイルを分析し、それが安全なものか、マルウェアが含まれているものかを判断します。

クラウド セキュリティの利点

Microsoft には数十年にもわたるエンタープライズ ソフトウェアの構築経験や、世界最大級のオンライン サービスの運用経験があります。この運用経験を使用して、最高レベルのセキュリティが組み込まれたクラウド サービスを保証します。
|

システム、アプリケーション、データのセキュリティ保護は、ID ベースのアクセス制御から始まります。Microsoft の一般法人向け製品とサービスには、シングル サインオンや多要素認証などの機能が組み込まれています。これらは、未承認のアクセスから組織や個人の情報を保護しながら、正規のユーザーが必要なときに必要な場所でその情報を利用できるようにします。

データは組織にとって最も価値のある、かけがえのない資産です。Microsoft クラウド サービスには、未承認のアクセスやマルチテナントのクラウド環境にあるデータの漏えいを防ぐ、多くの保護機能が含まれています。たとえば、Azure Active Directory の認可とロールベースの管理による論理的な隔離、ストレージ レベルでのデータ隔離メカニズム、厳格な物理セキュリティなどが含まれます。

暗号化は最後の、最も強力な防衛線として機能します。Microsoft は業界でも強力で特に安全な暗号化プロトコルを使用して、お客様のデータを守り、またお客様がデータに対する制御を管理できるようにしています。


Microsoft はクラウドによってシグナル、インテリジェンス、運用経験を実装に活かし、エンタープライズ レベルの脅威対策の継続的な改善を実現しています。クラウドはその威力によって Office 365 から Azure まで、Microsoft のすべての製品とサービスに組み込みの保護を提供しています。

一例:
- データ センターのグローバルなネットワーク全体で Exchange Online Protection を展開することで、多層化されたリアルタイムのスパム対策からマルチエンジン スパム対策保護まで、電子メールの保護が有効になります。
- Azure のクラウド サービスと仮想マシンに対する Microsoft のマルウェア対策により、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアを特定して削除するリアルタイムの保護機能が提供されます。


セキュリティ関連のイベントの監査とログ、関連するアラートは効果的なデータ保護戦略における重要な構成要素です。Microsoft の法人向けサービスと製品では、セキュリティのポリシーとメカニズムのギャップを特定し、そのギャップに対処して漏えいを防ぐために役立つ、構成可能なセキュリティ監査とログのオプションが提供されます。Microsoft サービスでは以下の一部の (場合によってはすべての) オプションが提供されます: 集中監視、ログ、継続的な可視化のための分析システム、即時アラート、デバイスとサービスによって生成された膨大な量の情報を管理できるレポート。

Microsoft Azure のログ データは、分析のためにセキュリティ インシデントおよびイベント管理 (SIEM) システムにエクスポートできます。また、Windows Server 2016 ではセキュリティ監査の基本的なものも高度なものも提供され、サード パーティの監査ソリューションと統合します。

効果的なセキュリティ オペレーション