複合現実と AI でコンテンツ コラボレーションを変革する SharePoint のイノベーション

本日、SharePoint Conference North America からライブ ストリーミングされた SharePoint Virtual Summit で、Microsoft の 2018 年のビジョンとロードマップが発表されました。この発表では、Microsoft の AI や複合現実への投資を現実のものにするイノベーションが披露され、またモダン ワークプレイスでのコンテンツ コラボレーションを変革する新しいエクスペリエンスや機能も紹介されました。

400,000 を超える組織で利用されている SharePoint は、コンテンツ サービスとコラボレーションの分野で業界をリードしています。SharePoint は、ドキュメント管理と Web 公開の組み合わせ、クラウドを利用したエンタープライズ コンテンツ管理、Microsoft Graph による AI とコンテンツ コラボレーションの融合の先駆けとなりました。本日、SharePoint スペースを利用してイノベーションをさらに推進するための次の一歩を踏み出します。

誰でもどんなデバイスでも利用できるイマーシブな複合現実環境を提供する SharePoint スペース

複合現実は、モダン ワークプレイスで最も重要な技術の動向で、経営陣から Firstline Worker まで、あらゆる人々の働き方を変える可能性を秘めています。Microsoft では今月初め、2 つの強力な複合現実アプリケーション、Microsoft リモート アシストと Microsoft レイアウトを発表しました。

本日はこれに引き続き、イマーシブな複合現実環境を提供する SharePoint スペースが発表されました。SharePoint スペースでは、コンテンツをさまざまな角度から表示して操作したり、データや製品モデルをリアルタイムで視覚化したり処理したりすることができます。SharePoint の中心となるのは、複合現実です。優れた視覚効果を持つスペースを誰でも作成でき、またどんなデバイスでも利用できます。

複合現実環境はユーザーに没入感を与え、集中力を高め、五感を働かせ、好奇心や想像力を刺激することができる環境であり、次のような場面でのコミュニケーション、学習、コラボレーションに役立つ新しいシナリオを実現します。

採用と新人研修​: 新たに採用された従業員は 360 度カメラで撮られた経営陣からのビデオ メッセージなど、あらゆる角度から撮影した映像による魅力的なあいさつやオリエンテーションを通じて、会社について学ぶことができます。3D マップによるキャンパスや建物の移動、対話型の組織図による組織構造の確認、仕事仲間および組織の製品に関する詳細な情報の探索などを行うことができます。

学習: 複合現実により、集中力や注意力が高まり、学習に意欲的に取り組むことができます。テーマや学習目標の全体像をとらえることにより、大局的な見方ができるようになります。個人に合わせて、関連性がある動的なコンテンツを調べることができます。新しい分析情報を発見することで好奇心が刺激され、自分にとって重要なトピックを深く掘り下げて調べることができます。読んだり見たりするだけでの学習ではなく、五感を働かせた体験学習が可能になります。

製品開発: チームでイノベーションを引き起こすことができるような刺激的なスペースを作成できます。専門家と一緒に、データ、コンテンツ、プロセスをあらゆる角度から調べることができます。プロトタイプを 3D で調べて、新しい機会の特定、コメントの添付、改善点の視覚化を行うことができます。

従来は、上記のシナリオやその他のビジネス シナリオに対応したカスタムの複合現実アプリを開発し、職場内で広く利用できるようにするには、法外なコストや手間がかかっていました。ほとんどのアプリでは、高価なヘッドセットが必要になるからです。

SharePoint スペースを使用すると、作成者はポイント アンド クリックで、簡単にイマーシブな環境を構築できます。優れたテンプレートから作業を開始すれば、美しい背景や快適なサウンド、充実したテクスチャ、光の効果を備えた複合現実環境を作成できます。作成した環境に、SharePoint 内に既にあるファイルなどのコンテンツを追加すると、既存のデータ、ドキュメント、画像を別の用途で使用することができます。Microsoft のお客様は既に、携帯電話で撮影した 360 度動画など、1 ペタバイトを超える 3D コンテンツを保存しています。SharePoint スペースは、3D コンテンツを表示して操作するための最も自然な方法であり、実世界や 2 次元環境では、数が多すぎる、大きすぎる、または動的すぎるために人々が体験できない可能性のあるオブジェクトも操作することができます。

作成者は、使い慣れたスキルを使用して、Web パーツを SharePoint スペースに追加できます。

誰でも魅力的な仮想スペースに没入して、コンテンツ、情報、動画を見て操作できます。これにはどのデバイスでも、つまりブラウザー、モバイル ブラウザー、ヘッドセットのどれでも利用できます。SharePoint スペースは、すべての Office 365 一般法人向けプランで利用でき、インフォメーション ワーカーや Firstline Worker 向けの新しいシナリオにも対応しています。

SharePoint スペースには Microsoft AI が融合されており、Microsoft Graph から得た知識を利用して、パーソナライズされたリッチなエクスペリエンスを促進します。人とコンテンツのつながりを探索し、データからインサイトを取得し、関連のある情報や専門知識を見つけることができます。

SharePoint スペースは統合されており、拡張性があります。スペースは、Microsoft 365 全体のコンテンツ、および他のデータ ソースやサービスを使用して拡充することができます。自社ブランドを反映するようにカスタマイズすることもできます。また、SharePoint Framework を使用して、SharePoint スペース用の新しい機能を作成することもできます。Microsoft は、パートナー企業に SharePoint スペースを採用していただき、新しいイノベーションの波を推進するための強力な Web パーツやエクスペリエンスを開発していただけることを期待しています。

SharePoint は初めての統合型コンテンツ コラボレーションおよびサービス ソリューションで、ファイルや Web サイトに加えて、まもなく複合現実スペースにも対応します。お客様もパートナー企業様も、SharePoint スペースから、限定早期プレビューへの参加をお申込みいただけます。

AI を利用したコンテンツ コラボレーションを実現する SharePoint

SharePoint により Office 365 のコンテンツ コラボレーションは強化されており、SharePoint には AI が融合されています。Office 365 でファイル、画像、データを保存すると、AI が有用なコンテンツを引き出し、新しいシナリオを実現します。

AI は、ユーザーの作業内容や作業方法、および他ユーザーの作業との関連性について理解していきます。AI はこのインテリジェンスによって、増え続ける情報量を処理すると同時に、パーソナライズされ時間の節約ができるエクスペリエンスとして、ユーザー中心の情報の優先順位づけもしてくれます。

SharePoint モバイル アプリのパーソナライズされたインテリジェントな検索機能: 外出先で専門知識、コンテンツ、アプリ、またはリソースが必要となった場合に役立つ、SharePoint モバイル アプリの [検索] タブが新しくなりました。

この画像は、SharePoint モバイル アプリに新しく導入された [検索] タブを示しています。このタブを使用すると、外出先でも人やコンテンツ、質問に対する回答を検索できます。

SharePoint モバイル アプリに新しく導入された [検索] タブ。このタブを使用すると、外出先でも人やコンテンツ、質問に対する回答を検索できます。

さまざまなデバイスで最近作業したドキュメントやサイトへのリンクが表示されます。また、自分に関連するおすすめのサイト、ファイル、ニュース、人も表示されます。すべてを検索しなくても、必要な情報が見つかります。さらに、検索を実行すると、入力した条件に合わせて検索結果が絞り込まれ、職種、仕事の内容、共同作業の相手に応じてパーソナライズされた結果が返されます。組織が管理する検索履歴やクエリも、検索を簡略化するのに役立ちます。質問に対して即座に回答が返ってくるのは、検索を実行に移す AI の能力のおかげです。

パーソナライズされた新しい Office.com: Office.com では、ユーザーにとって最も重要な作業をすぐに再開できるので、時間を節約することができます。[おすすめ] セクションには、AI により注意を必要とする可能性が最も高いと判断されたファイルが表示されます。[検出] セクションには、同僚が作業中のファイルと、ユーザーが存在さえ知らない可能性のある、利用可能なファイルが表示されます。

新しい Office.com を示すスクリーンショット。

新しい Office.com では、AI を利用しておすすめファイルの一覧が表示され、最も重要な作業を優先して処理することができます。

また AI は、画像や動画などの複雑なコンテンツの価値を引き出して、画像ベースや動画ベースの処理を自動化する新しい可能性をもたらします。

画像機能の強化: 画像ベースのコンテンツが増え続ける中で、AI は、Office 365 に保存されている写真の価値を引き出します。AI は、写真の撮影場所を判断し、被写体を認識し、写真内のテキストを抽出します。ドキュメントの検索と同様に、画像も簡単に検索できます。たとえば、スキャンしたレシートのフォルダーを検索して、「寿司」と記載されたレシートを見つけ出すことができます。

新しい Office.com の検索結果を示すスクリーンショット。

さらに、OneDrive モバイル アプリの新しい [スキャン] ボタンを使用すると、写真、ドキュメント、ホワイトボード、名刺をこれまで以上に簡単にキャプチャできます。ビジネス ユーザーは、写真を自動的に Office 365 にアップロードするように OneDrive を構成できます。

ビジネス プロセスを自動化する Cognitive Services: 本日、Microsoft Flow を使用して、位置情報、画像認識、テキスト抽出、機械翻訳、感情分析などの Cognitive Services を統合するプロセスを効率化する方法のデモンストレーションも行いました。AI を利用して、誰でもビジネス プロセスを改革できるようになりました。

SharePoint Virtual Summit で発表されたその他の新機能

SharePoint Virtual Summit では他にも、共有と共同作業、組織全体の従業員への情報伝達とエンゲージメント、コンプライアンスのサポート、そしてオンプレミスからクラウドへのユーザーのシームレスな移行を容易にするイノベーションが発表されました。

Microsoft Teams の新しいファイル エクスペリエンス: SharePoint のドキュメント ライブラリの完全な機能をそのまま Microsoft Teams でも利用できます。どの [ファイル] タブでも、カスタム ビューの作成や、ドキュメントを先頭に固定表示することや、カスタム列の追加と書式設定や、ファイル アクティビティについての情報の取得ができます。新しい操作環境の最も大きな特徴は、ドキュメント ライブラリのコマンド バーです。これを使用して、フローを開始したり、ファイルを Mac または Windows PC と同期したりすることができます。

組織のニュースとページ管理: オープンで透明性のあるコミュニケーションは、従業員同士の信頼関係を高める上で非常に重要です。SharePoint のページとニュースは、社内コミュニケーションのための強力なツールで、どんなデバイスからでも、組織全体の対象ユーザーにニュースやお知らせを配信できます。SharePoint のページでは、Office 365 全体のコンテンツや外部ソースを統合するための Web パーツが豊富に備わっており、それらを使用してニュースや情報を伝えることができます。本日、SharePoint にスケジュール、承認、ページ メタデータ、対象ユーザーの設定などの新しいページ管理機能が導入され、組織規模のニュースをより簡単に伝達できるようになったことが発表されました。

SharePoint のニュースを示すスクリーンショット。充実した動的なコンテンツとページや Web パーツを組み合わせて使用することで、ユーザーは常に最新の情報を把握できます。

SharePoint のニュースでは、ページや Web パーツと、充実した動的なコンテンツを組み合わせて使用することで、ユーザーは常に最新の情報を把握できます。

GDPR と SharePoint 向け複数地域データ所在地: Office 365 は、セキュリティとコンプライアンスに関する複雑な要件への対応を支援します。たとえば、2018 年 5 月 25 日に施行される一般データ保護規則 (GDPR) への準拠に役立つツールなどが備わっています。本日、Office 365 の Multi-Geo Capabilities を拡張して SharePoint でも利用できるようになることが発表されました。一般プレビューは今夏から開始される予定です。

SharePoint Server 2019 の特徴となるオンプレミス、ハイブリッド、移行に関する発表: 世界中のすべての業界で、組織の規模を問わず、Office 365 の導入が急速に広まっています。Office 365 でクラウドの統合性、拡張性、インテリジェンスを活用することで、従業員、IT 管理者、開発者に最大限の価値を提供します。Microsoft では、オンプレミス版の SharePoint および OneDrive をご利用のお客様のサポートにも引き続き取り組んでおり、本日、SharePoint Server 2019 の一般プレビューが 6 月から開始されることを発表しました。SharePoint Server 2019 は、すぐに利用できる強力で統合されたハイブリッド シナリオをサポートし、最新のチーム サイト、コミュニケーション サイト、リスト、ライブラリ、ページ、ニュースなど、ユーザー インターフェイスにさまざまな改善が加えられています。SharePoint Framework による最新のユーザー エクスペリエンスと拡張性を SharePoint Server に導入することにより、お客様はユーザーのクラウド導入を促進し、オンプレミスのサイトと Office 365 のサイトとの著しい相違点を解消できます。さらに、クラウドへの移行を促進するために、SharePoint 移行ツールでの PowerShell の使用のサポートも発表しました。これで、お客様が移行を自動化できるようになります。

SharePoint は、モダン ワークプレイスのためのコンテンツ コラボレーションの力になります。OneDrive で自分のファイルにはどこからでもアクセスでき、Office アプリケーションではリアルタイムでのドキュメントの共同作業が可能です。チームワークには Outlook と Teams が役立ち、インテリジェントなイントラネットが YammerStream で実現し、ビジネス プロセスを PowerApps と Flow で合理化することができます。

本日の SharePoint Virtual Summit で発表されたイノベーションの詳細については、次の参考資料をご覧ください。


本ブログの投稿で説明している機能の内容は、国/地域によって異なる場合があります。お住まいの国/地域で提供されている特定の製品の詳細情報については、Microsoft 365Office 365Windows 10Enterprise Mobility + Security をご覧ください。
本ブログの投稿からリンクしているコンテンツは、日本語訳が存在しない場合があります。
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。