Trace Id is missing
メイン コンテンツへスキップ
Teams

Microsoft Teams Essentials

Teams Essentials は仕事のための手頃な価格の会議ソリューションです。小規模ビジネスのコミュニケーションとコラボレーションを簡単に、セキュリティを維持しながら、確実に行うのに役立ちます。

¥599 ユーザー/月相当

(年間サブスクリプション - 自動更新)1

価格には消費税は含まれていません。

ご購入前のご相談
お電話でのご相談を 0120-167-400 で承ります。営業時間: 月曜日 - 金曜日、午前 9:00 - 午後 5:30。

特徴

無制限の会議を開催でき、レコーディングとトランスクリプトも可能

1 つの会議に最大 300 人が参加

ユーザー 1 人あたり 10 GB のクラウド ストレージ

無制限にチャットでき、ゲスト アクセスも可能

カレンダーを Outlook または Google と接続

ファイルの共有、タスクの割り当て、投票の作成

会議、チャット、通話、ファイルのデータ暗号化

カスタマー サポートにいつでもアクセス可能

ビジネスをつなぎましょう

通話の発信と会議の開催

会議をどこからでも行うことができます。 あらかじめスケジュールを設定したオンライン会議に最大 300 人が参加できます。1 つの会議の長さは最大 30 時間です。

会議とチャット

すべてを 1 か所に集めます。 仕事仲間や顧客との無制限のチャットを会議の前、会議中、会議の後に行うことができます。その内容をいつでも振り返ることができます。
自宅の机で Teams を使用して仕事をしている人。

ファイルの共有と共同編集

すべきことを一緒に完了します。 ユーザー 1 人あたり 10 GB のクラウド ストレージを使用して、共有ファイルにさまざまなデバイスからアクセスできます。共同作業をリアルタイムで行うことも、自分の都合のよいときに進めることもできます。

安全につながってコラボレーション

安心して仕事ができます。 すべてのチャット、通話、会議、ファイルの中でデータが暗号化されるので、心配せずにコラボレーションできます。
自宅の机で Teams を使用して仕事をしている人。

Microsoft Teams Essentials を活用して成功を続ける

Microsoft Teams Essentials を導入した Every Morning Consulting は、遠方の新規顧客へとリーチを広げると同時にコストを縮小することで、厳しいビジネス環境を切り抜けて成功を続けています。

3 人の人が椅子に座って会話しています。

Microsoft Teams Essentials はお客様のビジネス運営にこのように役立ちます

Microsoft Teams Essentials を活用して、小規模ビジネスの生産性向上とより良いコミュニケーションを実現しましょう。
Microsoft Teams Essentials はお客様のビジネス運営にこのように役立ちます

Microsoft Teams Essentials を始めましょう

Teams を Windows PC で使用する場合のハードウェア要件

 

Mac、Linux、モバイル、仮想デスクトップについても Microsoft Teams の詳細なハードウェア要件をご用意しています。

コンピューターとプロセッサ

1.1 GHz 以上、2 コア

注: Intel 製プロセッサの場合は、Intel Turbo Boost Technology の使用で達成される最高速度 (最大ターボ周波数) を考慮する必要があります。

メモリ

4.0 GB RAM

ハード ディスク

使用可能ディスク領域 3.0 GB

ディスプレイ

画面解像度 1024 x 768

グラフィックス ハードウェア

Windows OS: グラフィックス ハードウェア アクセラレーションには DirectX 9 以降と、Windows 10 では WDDM 2.0 以上、Windows 10 Fall Creators Update では WDDM 1.3 以上が必要です。

オペレーティング システム

Windows 11、Windows 10 (Windows 10 LTSC を除く)、ARM 版 Windows 10、Windows 8.1、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2。注: 入手可能な最新バージョンの Windows とセキュリティ パッチを使用することをおすすめします。

.NET のバージョン

.NET 4.5 CLR 以降が必要

ビデオ通話と会議
  • 2 コアのプロセッサが必要です。ビデオと画面共有の解像度とフレーム レートを上げる場合は、4 コア以上のプロセッサをおすすめします。
  • 背景ビデオ効果を使用するには、Windows 10 または AVX2 命令セット対応プロセッサが必要です。
  • サポート対象外のデコーダーとエンコーダーの一覧については、ハードウェア デコーダー/エンコーダー ドライバーの推奨事項をご覧ください。 
  • Microsoft Teams Room 内で近接検出を使用して会議に参加するには Bluetooth LE が必要であり、これを使用するにはクライアント デバイス上で Bluetooth を有効化する必要があります。Windows クライアントの場合は 64 ビット版の Teams クライアントも必要です。この機能は、32 ビット版の Teams クライアントでは使用できません。
Teams ライブ イベント

Teams ライブ イベントを開催する場合は、Core i5 Kaby Lake プロセッサ、RAM 4.0 GB 以上、ハードウェア エンコーダー搭載のコンピューターを使用することをおすすめします。 サポート対象外のデコーダーとエンコーダーの一覧については、ハードウェア デコーダー/エンコーダー ドライバーの推奨事項をご覧ください。 

タブに戻る
[1] 有料サブスクリプション開始後のキャンセル ポリシーは、お客様が新規のお客様かどうかと、製品、および Microsoft でのドメイン選択によって異なります。Microsoft 365 のサブスクリプションをキャンセルする方法をご覧ください。キャンセルはいつでも、Microsoft 365 管理センターで行うことができます。サブスクリプションがキャンセルされると、関連するデータがすべて削除されます。Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄に関する詳細情報をご覧ください

Microsoft Teams をフォローする