1991 年に創設された MSR は、コンピューターサイエンスおよびソフトウェア工学の基礎研究および応用研究を専門とするマイクロソフトの基礎研究機関です。

MSR が目指すものは、コンピューティング デバイスのユーザー エクスペリエンス向上、ソフトウェアの開発やメンテナンスのコスト削減、ならびに革新的なコンピューティング テクノロジの創出です。

MSR の研究者は、主要な学術機関、政府機関ならびに業界研究機関との連携のもとに、グラフィックス、音声認識、ユーザー インターフェイス、自然言語処理、プログラミング ツール、プログラミング技法、オペレーティングシステム、ネットワーク技術および数理科学などを含む ヘルスケアからエコノミクスまでの多数 以上のコンピューター関連分野において、最先端技術の研究を行っています。これまでの30年以上で、MSRのリサーチャー、サイエンティスト、エンジニアらによって、Cortana、Azure ML、Office、Xbox、HoloLens、Skype、そしてWindowsなどの製品や技術を生み出してきました。昨今では、AI、マシンラーニングやクラウドコンピューティングの分野にてビジネスとエンジニアリング両面から世界を牽引する存在となっています。

MSR は、現在、Microsoft Artificial Intelligence and Research (AI+R) Groupに属し、米国ワシントン州レドモンド、英国のケンブリッジ、中国の北京、インドのバンガロール、米国ニューヨーク州ニューヨーク、米国マサチューセッツ州ニューイングランド、カナダのモントリオール、中国の上海の世界8ヶ所に2019年時点で10のLabがあります。約 10,000名のメンバーが世界中の大学や研究機関、企業や団体組織等とのオープンな共同研究を通じて、技術革新の促進、コンピューターサイエンス分野の全般的な進歩に貢献しています。

MSR の詳細に関しては、以下のサイトをご参照ください。

https://www.microsoft.com/en-us/research/ (英語)

中国・北京にあるMicrosoft Research Asia (MSRA)には、研究グループの他にアウトリーチ部門を有しており、主に、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、そして日本の大学、研究機関、企業や様々な組織のみなさまと、いろいろな形で研究活動を連携しています。

特に、10年以上にわたって、日本向けに以下のようなアカデミックプログラムを展開しています。

MSRAの詳細に関しては、以下のサイトをご参照ください。

https://www.microsoft.com/en-us/research/lab/microsoft-research-asia/  (英語)


イメージ: 3名の男女が会話をしている様子

共同研究

CORE連携研究プロジェクトとして、大学あるいは研究機関等のFacultyやResearcherとオープンにコラボレーションし、最先端研究や技術的イノベーションを生み出していきます。

イメージ: パソコンに向かいプログラミングをしている男性

フェローシップ

博士(後期)課程の学生さんを対象に、MSRAでのmentorship、研究、ネットワーキング、様々なアカデミックイベントなどを通して、次世代の研究リーダーとなりうる人材を育成するプログラムです。

イメージ: 3名の男女がソファに腰かけディスカッションしている様子

インターンシップ

主に、博士(後期)課程の学生さんを対象に、中国・北京にあるMSRAに滞在し、mentorshipと研究活動を通して、研究者としての能力の向上や最先端研究によるコンピュータサイエンス分野への貢献をResearcherと一緒にしていくプログラムです。

共同研究

CORE連携研究プロジェクトとして、大学あるいは研究機関等のFacultyやResearcherとオープンにコラボレーションし、最先端研究や技術的イノベーションを生み出していきます。

15年目となりました。今年度と昨年度の共同研究は以下の方々と実施しています。

 

イメージ: 3名の男性がパソコンの画面をのぞき込んでいる様子

CORE15

Dr. Chenhui Chu

Osaka University

Neural Machine Translation with Image Region Pivoted Comparable Sentences

Dr. Jun Takamatsu

NAIST

Labanotation-Based Human Motion Recognition from Videos and Automatic Robot Programming

Dr. Hiroaki Yamane

RIKEN AIP + The University of Tokyo

Numerical/quantitative system for common sense natural language processing

Dr. Hiroshi Kawasaki

Kyushu University

Development of automatic Labanotation estimation system from video using Deep Learning

Dr. Nobuaki Minematsu

The University of Tokyo

Inter-learner shadowing framework for comprehensibility-based assessment of learners’ speech

Dr. Yang Wu/Dr. Zheng Wang

NAIST + NII

Heterogeneous Person Re-identification

CORE14

Dr. Issei Fujishiro

Keio University

Anamorphosis-based naked-eye stereoscopic display with application to immersive analytics for individuals

Dr. Imari Sato/Dr. Lin Gu

NII

HoloLens Based Active Deep Learning for 3D Biomedical Imaging Analysis

Dr. Hiroki Watanabe

Hokkaido University

A Method for Controlling Human Hearing by Editing the Frequency of the Sound in Real Time

Dr. Tadashi Nomoto

NIJL

Creative reconstruction of natural language text via degenerate semantics

Dr. Ryo Furukawa

Hiroshima City University

Development of 3D capsule endoscopic system

Dr. Hideyuki Sawada

Waseda University

TactoGalsses: Eyeglass-type Tactile Information Display Using higher-level psychological perception

Dr. Atsuko Miyaji

 

Osaka University

Cryptography-based security solutions for internet of things

Dr. Adam Jatowt

 

Kyoto University

Question Answering over Long-term Document Archives

Dr. Takashi Miyaki

The University of Tokyo

Marker-less Body Motion Analysis using Distributed High-speed Cameras

※本情報の内容 (添付文書、リンク先等を含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。